万博記念公園で開催の「アウトドアフェス」出展ブースで「地震の備え 謎解きアトラクション」を実施

ゲーム形式で、家族や仲間と一緒に防災や地震保険について楽しく学べる!

 一般社団法人 日本損害保険協会(会長:西澤 敬二)は、地震保険の理解促進と加入促進を目的とした、地震保険広報活動の一環として、2019年3月2日(土)、3日(日)の2日間、大阪府吹田市の万博記念公園で開催される「アウトドアフェス」(主催:テレビ大阪株式会社)に出展します。
 当協会の出展ブースでは、地震災害への対策を訴求し、地震保険の重要性をアピールすることを目的に、体感型のゲーム形式のイベントで、家族や友人たちと一緒に参加して楽しく学べる「地震の備え 謎解きアトラクション」を実施します。また、特設WEBサイトコンテンツ「お父さんのための地震ドリル」を実際に体験できるコーナーの設置や、「同 地震ドリル」の内容を紙芝居形式にして出題するミニステージ、日本における地震のリスクや地震保険の内容等を紹介する、パネル展示や映像放映を行います。
 「地震の備え 謎解きアトラクション」の実施は、2018年10月に開催された「東京都防災展2018」出展ブースでの実施に続き、2回目となります。

■「アウトドアフェス」:日本損害保険協会 出展概要
イベント名称:  アウトドアフェス
※「それ、テレビ大阪やろ。EXPO」で同時開催される3イベントのうち、「アウトドアフェス」へのブース出展となります。
開催期間  : 2019年3月2日(土)~3日(日)
開催時間  : 9:30~17:00
開催場所  : 万博記念公園 東の広場 お祭り広場 (大阪府吹田市千里万博公園10)
入場料   : 無料 ※別途公園入園料250円が必要

■日本損害保険協会 出展ブース内容
①「地震の備え 謎解きアトラクション
 地震保険をテーマにした、謎解きアトラクション(プロデュース:株式会社フラップゼロ)を実施します。参加者は、配布される謎解きミッションシートとブース内に設置されたヒントパネルを使い、全5問の謎(クイズ)を解くことに挑戦します。設問テーマは「防災意識向上」と、「地震保険の訴求」の2段構成。出題されるクイズの中には、災害時に役に立つアイテム(お皿や紙コップなど)を制作するワークショップを含んだ問題も予定しております。
<参考>株式会社フラップゼロ(大阪府大阪市 代表:松田 哲)
様々な脱出アトラクションを全国で展開するイベント企画会社。防災意識を幅広い世代に伝えることを目的に、ゲーム形式で楽しみながら災害時の知識が身に付けられる防災イベント「体感型防災アトラクション ®」を開催している。全国の自治体・学校団体の防災訓練として導入されるケースも増えており、2015年3月の防災アトラクション発表から今日までで、約3万人が参加している。

2018年10月に実施された「東京都防災展2018」での、「地震の備え 謎解きアトラクション」の様子2018年10月に実施された「東京都防災展2018」での、「地震の備え 謎解きアトラクション」の様子

 

「地震の備え 謎解きアトラクション」のクイズ例「地震の備え 謎解きアトラクション」のクイズ例

 

 

②「お父さんのための地震ドリル」紙芝居ミニステージ
 特設WEBサイトコンテンツである「お父さんのための地震ドリル」を、クイズ形式の紙芝居にアレンジして紹介するミニステージを実施します。
 

 


<参考>「お父さんのための地震ドリル」:http://www.jishin-hoken.jp/drill/
「お父さんのための地震ドリル」は、地震保険や防災について気軽に学ぶことのできるコンテンツです。WEBサイトでは地震や防災、地震保険に関する質問に回答することで、「頼れるお父さん度」を判定することができます。さらに判定結果の後、防災・危機管理アドバイザーの山村武彦先生からのアドバイス「もっと頼れるお父さんになるために!」を確認できます

③パネル掲出/映像放映
日本における地震リスクや、地震保険の内容をパネルや映像で紹介します。

 

 

 

 

 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本損害保険協会 >
  3. 万博記念公園で開催の「アウトドアフェス」出展ブースで「地震の備え 謎解きアトラクション」を実施