“だいすけお兄さん”こと横山だいすけが子どもたちと楽しい実験に挑戦!動画公開。一度聴いたら忘れない、オリジナルソングを歌う!

くしゃみを我慢したり、重い球を落としたり…体を張った実験も!?特別インタビューも 「子どもと仲良くなる秘訣は自分が楽しむこと」

旭化成ホームプロダクツ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:澤江 潔)は、2019年10月4日(金)より、WEB動画「だいすけお兄さんのサランラップ®実験動画」を公開いたします。
本動画では、“だいすけお兄さん”の愛称で親しまれる横山だいすけさんが、子どもたちと一緒にサランラップ®を使った楽しい実験に挑戦します。子どもにこよりで鼻をくすぐられ一生懸命くしゃみを我慢したり、子どもがボーリングの球をサランラップ®の上に落とそうとする様子を、ハラハラしながら見守ったりと、いつも子どもと同じ目線で遊ぶ、だいすけお兄さんらしさがあふれる内容となっています。「♪そ~れが、サランラップ♪」というキャッチ―なメロディーが印象的な、オリジナルソングにもご注目ください。
また、撮影の感想や子どもと仲良くなる秘訣、趣味の料理などについて伺った、テキストインタビューも公開いたします。


<WEB動画「だいすけお兄さんのサランラップ®実験動画」 YouTubeURL>
https://youtu.be/ftzj5O_iM4U

 


<WEB動画「だいすけお兄さんのサランラップで実験」 公式サイトURL>
https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/saranwrap/quality_movie.html

<サランラップ® 公式サイトURL>
https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/saranwrap/



WEB動画「だいすけお兄さんのサランラップ®実験動画」について
本動画では、だいすけお兄さんと子供たちが、サランラップ®の4つの特徴を、楽しい実験を通して紹介します。体を張ったチャレンジと、「♪そ~れが、サランラップ♪」と軽やかに口ずさむ、だいすけお兄さんの素敵な歌声にご注目ください。
<WEB動画「だいすけお兄さんのサランラップ®実験動画」 YouTubeURL>
https://youtu.be/ftzj5O_iM4U

 

 
【キャプチャ・詳細】
1.密着実験!

「サランラップ®はスゴイらしいから、いろんな実験、やってみた♪」

子どもがこよりでだいすけお兄さんの鼻をくすぐると、ムズムズ感に堪え切れなくなったお兄さんはくしゃみをしてしまいます。しかし、サランラップ®を貼ったボウルの中の液体はこぼれません。
「くしゃみをしても、こぼれない。」

「レッツ、チャレンジ!」
続いて、子どもとお兄さんはそれぞれ2枚のサランラップ®を重ね合わせ、端っこを引っ張り合いますが、強い力で引っ張り合っても破れません。
「2枚重ねると、ひっぱってもはがれない。超密着!」
♪そ~れが、サランラップ♪

2.丈夫さ実験!

「ボールチャレンジ!」
次に、子どもがボールを持ち上げ、ピンと貼られたサランラップ®の上に落そうとします。隣で、心配そうに見守るだいすけお兄さん。
「おお、あれ、破けてない!」
しかし、ボールを落としても、サランラップ®は破れませんでした。

「ボーリングチャレンジ!」
続いて、子どもはもっと重たそうなボーリングの球を持ってきます。さすがに丈夫なサランラップ®も耐え切れないのではないかと思われましたが…。
「とにかく丈夫。」
サランラップ®は破れませんでした。
♪そ~れが、サランラップ♪

3.ニオイ実験!

続いての実験では、子どもがだいすけお兄さんにアイマスクをします。だいすけお兄さんの前には、ラップがかけられたお皿が。お兄さんは視界を閉ざされた状態で、中身を当てようとします。
他社のラップをかけたボウルをかいだお兄さんは、すぐに中身を当ててしまいます。
「あ、わかった、カレー!」
「正解!」

しかし、サランラップ®をかけたボウルのニオイは分からないようです。
「ホントにわからないよ、これ」

次に、ラップで蓋をした様々な食材が入っている冷蔵庫の中のニオイをかぎます。
他社のラップを使用した方は、食材のニオイが分かります。
「なんかね、色んなニオイがまざってる。」
一方、サランラップ®で食材を保存してある方の冷蔵庫は、ニオイがしません。
「こっちはわかんないな~」

「ニオイも、しっかりガード。」
♪そ~れが、サランラップ♪


4.保存実験!
最後の実験では、大葉をサランラップ®で包み、5日間冷蔵庫で保存してみます。
「シソをラップ。5日経っても…」
「シャキシャキ~」

5日経っても、みずみずしさがキープされていました。

「湿気チャレンジ!」
また、海苔をサランラップ®で包んで、5日間常温で保存してみると…。
「海苔をラップ。5日経っても…パリパリキープ」
海苔も新鮮なパリパリ感がキープされている結果に。
「美味しさ、超キープ。」
♪そ~れが、サランラップ ラップップ~♪


二人の実験を通して、サランラップ®のスゴさが証明されました。

 
■動画で紹介されているサランラップ®の4つの特徴

<WEB動画「だいすけお兄さんのサランラップで実験」 サランラップ® 公式サイトURL>
https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/saranwrap/quality_movie.html

 

1.密着性がよい
サランラップ®の表面はとても平滑で、お皿などとフィルムに隙間ができにくくしっかり密着します。


2.丈夫
ハリ、コシがありしっかりしているため、引き出したり、器にかぶせたりする際に扱いやすくなっています。


3.ニオイを通さない力が高い
他の食材にニオイ移りせず、冷蔵庫が匂いません。


4.保存した食品の、美味しさが違う
酸素ガスを通しにくく、肉などの酸化を防ぎ、鮮度を保ちます。
また水分を保つ力が高いので、魚や野菜もみずみずしく、新鮮な状態を維持します。



■出演者プロフィール
<横山だいすけ(だいすけお兄さん)>


千葉県出身。2006年に国立音楽大学音楽学部声楽学科を卒業。 幼い頃から歌が大好きで、小学校3年生から大学卒業まで合唱を続ける。 劇団四季時代は「ライオンキング」等の舞台に出演。 NHK Eテレの幼児番組『おかあさんといっしょ』では、番組史上歴代最長となる9年間“歌のお兄さん”を務める。 2017年4月に卒業後、ドラマ、バラエティ、CM出演、舞台、声優、CDソロデビューと活躍の場を広げている。

 
好きな食べ物:カレー、ハンバーグ、たこ焼き、チーズケーキ
趣味:映画鑑賞、お風呂に入る、散歩
好きな動物:インコ

 

 

だいすけお兄さん 特別インタビュー 「子どもと仲良くなる秘訣は、自分自身がまず楽しむこと」
本動画の公開を記念し、だいすけお兄さんに撮影の感想や子どもと仲良くなる秘訣、趣味の料理などについて伺いました。

―今回の撮影で一番驚いた実験は何でしょうか?
「丈夫さ」の実験です!薄くて軽いサランラップが “ボーリング玉”の重さにも耐えられるほどの丈夫さに感心しました!

―「ここをぜひ見て!」という見どころをお願いいたします。
皆さんが日頃使っているサランラップの新たな魅力を発見できると思います。楽しい実験、驚きの実験などたくさんチャレンジしているのでぜひぜひチェックしてみてください!

―難しかったところを教えてください。
特に難しかったところはありません!今回の実験は僕ではなく子どもがリードして進む内容になっているので、それが新鮮でとても楽しかったです。

―今回もお子様との共演でしたが、子どもとうまくコミュニケーションをとるコツを教えてください。
僕がいつも心掛けているのは、子ども達と「うまく関わろう」と考えるのではなく、自分自身がまず「君と一緒に楽しみたいな」という気持ちを持つことです。「どうしたらいいかな。何しようかな」と考えてしまうと子ども達にもその気持ちや緊張感が伝わってしまうからです。お互いに楽しめる話題を探すことが僕の楽しみの一つになっています。

―普段お料理はされますか?得意料理は何ですか?
お休みの日は料理をするようにしています!いつも大量に作って、サランラップ®とジップロック®で小分けにしています!僕の強い味方です(笑)。野菜がいっぱい摂れるのでスープをよく作ります!


サランラップ®について

 

 

食品包装用ラップフィルム「サランラップ®」は他素材のラップと比べて、酸素を通さない力や、水分を保つ力、ニオイを通さない力などに優れており、食材を美味しく、新鮮に保つことができます。
また、2018年にはパッケージをリニューアルし、刃を直線型からM字型にして、より軽い力でフィルムを切ることができるように改良するなど、はじめての方にも、ずっと愛用してくださっている方にも気持ちよくお使いいただける工夫を重ねました。

<サランラップ® 公式サイトURL>
https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/saranwrap/


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 旭化成ホームプロダクツ株式会社 >
  3. “だいすけお兄さん”こと横山だいすけが子どもたちと楽しい実験に挑戦!動画公開。一度聴いたら忘れない、オリジナルソングを歌う!