東南アジアでワークシフト時代の新しいビジネスパーソンのプラットフォーム『freeC』を運営するfreecracyが正式版リリース前ながら人材大手6社と業務提携

Pasona Tech Vietnam、GAコンサルタンツ、Grasp!等大手人材会社6社と提携を開始。

報道関係者各位
プレスリリース
2018/10/31
freecracy株式会社
代表取締役 兼CEO 国本和基
 

東南アジア6億人の市場をターゲットとし、ワークシフト時代の新しいビジネスパーソンのプラットフォーム『freeC』を運営するfreecracyがPasona Tech Vietnam、GAコンサルタンツ、Grasp!等大手人材会社6社と提携を開始。大手人材各社は独自のネットワークを持つが、今回の提携によって、

1) freecracyのSNSというリアルタイム配信とパーソナライズアルゴリズムという強みを利用し、今後益々スピードある且つ個人に最適化された人材紹介が可能となる。

2) また競争が激しい人材紹介会社の中でも各社独自の強みやユニークポイントを企業特集ページで打ち出し、イベントやニュースをポストすることによってフォロワーを獲得していくことができる。

3)さらには『freeC』内のニュースやイベントなど仕事情報以外からの求人情報へのリコメンド表示が行われる為、通常の流入経路ではない新たなクロスチャネルを得ることができる。

昨今Facebookなどでは有料広告や友人の情報などにタイムラインが占められ、企業のファンページの情報などがリーチがしにくくなっているが、『freeC』ではビジネスに特化し、InterestやSkill、Workstyleなどから独自のアルゴリズムでユーザー個々にパーソナライズする為、興味のあるターゲットにのみアプローチすることが可能となっている。

【各社のコメント】
■GAコンサルタンツベトナム代表 関氏
「ベトナムの人材ビジネスのスタートは日本同様新聞広告でどちらかというと企業都合で情報を制限する2,3行広告が主流でした。時代もSNSの普及と共に変わっていき、透明性ある就職・転職活動がスタンダードにありつつあります。そのような中我々もfreeCとタッグを組ませて頂き、求職者の変化するニーズに合わせた形=Techとオフラインの融合で求職者の意思決定をサポートしていきたく思っております。」

■Pasona Tech Vietnam代表 古谷氏
「Pasona Techでは常に人材・IT業界内で新しい取り組みを積極的に行なっていますが、新しい顧客価値の提案として、ベトナム・そしてこれから東南アジアの他国展開を目指す新しい形のHRTechである『freeC』と提携できることを嬉しく思っています。既に『freeC』内にも企業を差別化しユーザーに訴求できる動画を含めた企業特集ページを作って頂いたこともあり、今後益々展開が楽しみです。」

■Grasp!代表 熊澤氏
「freeCの持つ『時間とユーザーインターフェイスの革新性』という点と、Grasp!の大切とする転職支援・採用支援プロセスの『密度・粒度・深度』を掛け合わせ、硬直化するベトナム人材マーケットにおいて新たな価値を提供していきたいと考えております。」


【企業紹介】
■GAコンサルタンツ
GAコンサルタンツは、2006年からベトナムで人材紹介サービスを開始し、現在取引実績は約1,000社となり、自社求人サイト「Vieclambank」「R-vietnam」への登録者は累計約10万人を突破。幹部候補や日本語に特化した人材など、丁寧なヒアリングを基に、広範囲の候補者層からお客様に最適な人材をご提案することが可能です。2014年には、インドネシア・ミャンマーへも進出。各拠点とも「Your Recruiting Partner for Success」というスローガンの下、お客様の信頼できるパートナーとして尽力しています。
https://gagr.co.jp/

■Pasona Tech Vietnam
パソナテックは1994年、パソナグループ内の一事業部としてスタート。当時のインターネット一の浸透力が一気に社会インフラの中心となり、あらたなビジネスや雇用をうむと考え、1998年に(株)パソナテックとして独立しました。ITエンジニアに関する派遣、紹介、育成の草分け的な存在としてビジネスは成長。全国に拠点を拡大し、2006年以降は海外にも子会社を設立しました。また、2012年にはものづくりエンジニアに関する人材サービス事業も開始。「エンジニアに関する総合人材サービス企業」として拡大。IoTやクラウドをはじめとする技術の著しい進化、ワークシェアやクラウドソーシングなどの新しい働き方や環境の変化により、パソナテックの事業はさらに多様化しています。大手企業をはじめとする700社以上の取引実績、パソナグループ各社とのビジネス協業など、パソナテックは、安定的に成長を続けながら、さらなる未来への可能性に挑戦しています。
https://www.pasonatech.co.jp/

■Grasp!
Grasp!は、ベトナム国内企業向けの人材採用支援サービス ・企業向けの採用部門代行サービス ・エグゼクティブ人材のヘッドハンティングサービス ・ITエンジニア人材のヘッドハンティングサービス ・多国籍人材向けの転職支援、転職コンサルティングサービス ・日本への移住・就業を希望する人材向けの転職・移住・定住コンサルティングサービス ・日本、ベトナムへの移住・転職・定住希望者向けのキャリアコンサルティングサービス ・各種ビザ・書類手続きの代行サービスを行なっています。「人材紹介ビジネスが持つ変数の多さ」に目を背けることなく、クライアントの事業成功のために最適化された人材提案・採用施策提案をコンサルタント個々の力で行う人材紹介企業です。コンサルタント個々の集積、これがGrasp!の特徴です。 
https://www.graspvietnam.com/

 

■freeCの概要
就職やクラウドソーシングのSNS型プラットフォーム「freeC」(https://freec.asia)は、これまで就職、クラウドソーシング、イベント、ニュースなどバラバラであった情報を個人の興味や専門性によりセレクトし、ワンストップで応募や仕事を受けることを可能にする高度人材向け次世代ワークスタイルプラットフォームです。
東南アジアでは個別案件の単価は安いものの、日本より専門性を活かした副業や転職の頻度が高く、彼らがいかにシームレスに自分に合ったキャリアやクラウドソーシングを見つけられるかが次世代プラットフォームの鍵となります。

freeCでは東南アジアに特化した独自のUIUXをSPAと掛け合わせ、スマホ容量が少ない現地においてもまずはWebで体験を作ることができるWebアプリから開始し、将来的にネイティヴアプリに移行する戦略を取っています。ベトナムを始めとした東南アジアでの7年に及ぶビジネス経験を持つ国本(CEO)と現地での4年のキャリアを持つCMOなど現地での経験やコネクションがあることも強みです。

また2年以内には日本企業と東南アジアの高度人材を結びつけ、現在はローカルコストの倍程かかるオフショア開発などを下げることや日本で不足する人材の就職マッチングを行うことも想定しています。

■freeCの特徴
・仕事の形態(フルタイム・パートタイム・フリーランス)ではなく、興味や専門性によりスクリーニングされたキャリア・クラウドソーシング・ニュース・イベントなどがリアルタイムでスマホに届く

・優れたUI・UXによりワンクリックで仕事やクラウドソーシングの仕事にアプライでき、メールや履歴書を使用せず、チャットと動画を利用し、より短時間でわかりやすいマッチングができる

・給与や条件のみならず、企業の特徴や大切にしている点、働いている人々の姿が見られるような投稿や企業ページを作成でき、ユーザーがフォローすることにより採用を費用ではなく資産化できる

・freeCのユーザーは今すぐ転職を考えている10%の顕在層ではなく、90%の潜在層をターゲットとしており、短期間での無理なマッチングではなく、毎日5分の情報チェックでミスマッチのない就職・採用ができる
 

 


■2018年8月の資金調達のプレスリリース記事はこちら:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000037201.html

【freecracy株式会社】
社名:freecracy株式会社
代表者:代表取締役社長兼CEO 国本和基
設立:2018年8月2日
所在地:
     日本)東京都港区浜松町二丁目2番15号浜松町ダイヤビル2F
     ベトナム) Bao Chi Village, 50 Street 5, Thao Dien, District 2, HCM
事業内容:就職やクラウドソーシングのSNS型プラットフォーム「freeC」開発・運営事業
URL:https://freecracy.com/
Email:info@freec.asia

【代表略歴】
米国オクラホマ州立大学卒業後、アビームコンサルティング入社。メガバンク・事業会社にて財務及びIT領域においてコンサルティングを行う。大手事業会社に転職後、PMとしてヨーロッパでのM&Aや東南アジアでのERPシステム導入プロジェクトを行う。その後ベトナムにて教育・メディア・IT事業を行うKijin Edutainmentを立ち上げ4年間の事業運営後、日系大手教育企業へ売却。渋谷を拠点とするHRTechスタートアップの東南アジア拠点を立ち上げるも自分のサービスを作る為退社。G’s ACADEMYに入学し自分で「freeC」α版を開発、卒業後日本人及びベトナム人のチームを組成、現在法人化し代表取締役を務める。
米国公認会計士。

【本件に関するお問い合わせ】
担当:広報担当
Email:info@freec.asia
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. freecracy株式会社 >
  3. 東南アジアでワークシフト時代の新しいビジネスパーソンのプラットフォーム『freeC』を運営するfreecracyが正式版リリース前ながら人材大手6社と業務提携