有料動画配信サービスの利用率が2割(20.6%)に到達/有料テレビ放送、DVD・ブルーレイのセルを超え、レンタル(24.6%)に4ポイント差と迫る

―「動画配信ユーザー実態調査2019」レポート発行―

映像コンテンツ・流通のマーケティング事業を総合的に手掛ける株式会社フィールドワークス(東京都渋谷区、代表取締役:木田義之)と映像メディア総合研究所合同会社(代表:四方田浩一)は、全国6000人規模(うち有料動画配信利用者1000人)のネットアンケート調査を実施し、定額制見放題(SVOD)、都度課金制レンタル(TVOD)、デジタルデータ購入(EST)の3つの有料動画配信サービスについて利用動向を詳細に分析し、レポートを9月1日に発行します。
■調査結果(抜粋)
○全回答者中、SVOD、TVOD、ESTのいずれかを過去1年以内に利用した人の割合(有料動画配信サービスの利用率)が2割に達した。他の映像視聴サービスとの比較では、映画館が43.8%、DVD・ブルーレイのレンタルが24.6%、DVD・ブルーレイの購入が19.3%、有料テレビ放送が20.0%で、有料動画配信サービスは、有料テレビ放送とDVD・ブルーレイの購入を超え、レンタルの利用率に4ポイント差と迫った。
定額制見放題(SVOD)が前年から3.9ポイント増加し17.7%となり、有料動画配信の利用を牽引した【図1】。

 ○SVODとTVODのいずれかを利用するVOD利用者のうち、SVODのみを利用する層は57.2%、TVODのみを利用する層は7.3%、併用層は35.4%となった。VOD利用者全体のうち、SVOD利用層の割合は前年から1.2ポイント拡大し92.6%となった。一方、TVODの利用層は前年から3.6ポイント縮小し42.8%となり、SVODの存在感がさらに高まる結果となった【図2】。

 ○有料動画配信サービスの認知では、Amazonプライム・ビデオが前年から10.1ポイントと大幅に認知が進み49.1%を獲得し、前年までトップにいたHuluを1.7ポイント差で上回った。また、NetflixとDAZNも前年からの伸びが大きく、Netflixは7.4ポイント増で34.7%、DAZNは9.0ポイント増で32.1%の認知度となった【図3】。

○一方、有料動画配信サービスの利用率(回答者全体における各サービスの利用者割合)では、Amazonプライム・ビデオが前年から2.5ポイント伸長して8.7%となり、後続をさらに引き離した。続くNetflixは、Huluを僅差で上回り利用率の2位に浮上した。ほか、アニメ専門サービスのdアニメストアが前年の14位から9位へと順位を上げて、上位10サービスに顔を出した【図4】。


■本調査について
本調査は、毎年6月に実施、今回で4回目となる有料動画配信サービスに特化した調査レポートです。
SVOD、TVOD、ESTのサービス総体に対する認知・利用、各サービスブランドの認知・利用を始め、映画、ドラマ、アニメなどカテゴリごとの嗜好性、各サービスの併用、利用回数の頻度などを調査・分析。サービスブランドの利用上位に関しては、満足度をはじめ、コンテンツ、UI・UXの使い勝手、画質・音質、価格の評価など、さまざまな角度からの詳細な分析も行い、利用の実態と利用者の意識を明らかにしました。
本調査は、映像コンテンツの権利者、動画配信サービス事業者、そして動画配信市場の動向にご興味、ご関心のある方々にとって、市場を把握する上での一助となり、今後の利用者拡大への分析材料となることを目的とします。

■調査概要
調査目的:有料動画配信サービス利用者の利用実態の把握
調査対象メディア・サービス:
(詳細調査)定額制見放題(SVOD)都度課金制レンタル(TVOD)デジタルデータ購入(EST)
(利用率のみ調査)映画興行 有料放送 DVD、ブルーレイのレンタル DVD、ブルーレイの購入 無料動画サービス
調査期間:2019年6月28日~7月2日
調査対象者:13~69歳男女
調査エリア:全国
調査方法:インターネットアンケート調査
集計サンプル数:5934人
調査企画:株式会社フィールドワークス/映像メディア総合研究所
調査企画:株式会社フィールドワークス
https://www.fieldworks.ne.jp/
映像メディア総合研究所合同会社
http://www.eizomedia.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フィールドワークス >
  3. 有料動画配信サービスの利用率が2割(20.6%)に到達/有料テレビ放送、DVD・ブルーレイのセルを超え、レンタル(24.6%)に4ポイント差と迫る