MIRAI株式会社、ロシアにおける大規模人工光型植物工場のシステム導入、および運営コンサルティングなどの各種契約を締結。海外展開を加速。

NEWS RELEASE

MIRAI株式会社、ロシアにおける大規模人工光型植物工場のシステム導入、および運営コンサルティングなどの各種契約を締結。生産者としてのノウハウを武器に海外展開を加速。

MIRAI株式会社

2018年10月11日(木)ロシア・モスクワで開催されたロシア農業省主催「黄金の秋2018(ロシア農業展示会)」の中で、日本の農林水産省主催の「スマート農業に関する日露農業セミナー」枠においてMIRAI株式会社(President & CEO:椎名吉夫 本社:千葉 以下「MIRAI」)は、ロシア・ATB社(CEO:SIMAKOVA MARINA)とのモスクワにおける大規模人工光型植物工場のシステム導入、および運営コンサルティングを含む各種契約の締結を発表し、その場で調印式を行いました。
 

 

 

 

(左:ロシア農業省情報局長Irina Ganieva氏、中央左:ATB社MARINA氏、中央右:MIRAI社 椎名、右:農林水産省松島審議官)*2018年10月11日セミナー内における調印時に撮影 (無断転載厳禁)(左:ロシア農業省情報局長Irina Ganieva氏、中央左:ATB社MARINA氏、中央右:MIRAI社 椎名、右:農林水産省松島審議官)*2018年10月11日セミナー内における調印時に撮影 (無断転載厳禁)

 

ATB社は既にロシア・極東ハバロフスクにおいて1棟目にあたる人工光型植物工場を2016年春より運営しています。MIRAIの宮城・多賀城工場のシステム、工場運営をベースにしたリーフレタス日産1万株相当のシステムを導入。今回2棟目にあたるプロジェクトを再びMIRAIに依頼。事業を行う上で、システムだけでなく、工場運営ノウハウや販売におけるノウハウの共有、ロシア国内における植物工場事業の展開を鑑み、MIRAIとのタッグを組むことで合意し、今回の契約締結に至りました。

ロシアは極東に限らず全地域において葉物野菜の品質、国産調達に課題を抱えています。課題解決をするべく、積極的に太陽光型の施設園芸をはじめ、人工光型の植物工場事業にも関心が高まっています。

MIRAIは日本国内で千葉(柏の葉工場)、宮城(多賀城工場)にて葉物野菜の「生産者」であり、生産物であるレタス類、ハーブ類を販売することで工場運営から販売まで一貫した取り組みによりノウハウを蓄積しています。日本国外においてはロシアの他、中国でもパートナー企業である「未来智農(北京)科技有限公司」を介して本年既に2件のMIRAI式システム・ノウハウの導入を実現済であり、他の国・地域においても導入に向けた覚書を交わすなど精力的に事業を展開しています。

MIRAIはこれからも「植物工場」産の野菜を栽培し、広げたい、という声やそれら生産物を「買いたい」「使いたい」「食べたい」という声に対して、日本国内外問わず、あらゆる形で関わってまいります。
 

(写真:多賀城工場 :宮城県多賀城市 みやぎ復興パーク内 )(写真:多賀城工場 :宮城県多賀城市 みやぎ復興パーク内 )


     

-----本リリースおよびMIRAIに関する問い合わせ先-----

MIRAI株式会社
管理部
メール:mirai@miraigroup.jp
HP :
日本語版 http://miraigroup.jp/   英語版 http://miraigroup.jp/en/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MIRAI株式会社 >
  3. MIRAI株式会社、ロシアにおける大規模人工光型植物工場のシステム導入、および運営コンサルティングなどの各種契約を締結。海外展開を加速。