RetailNext 特許取得。来店客のフルパス動線分析および、動線追跡精度を高めるプロセス強化に関する特許を取得

小売店舗の最適化を目的とした店舗分析のリーディングカンパニーであるリテールネクストは、来店客行動のフルパス分析を実施し、動線追跡の正確性を高めるプロセスの為の特許を取得したことを発表しました。

「リテールネクストは、小売店様が新時代の競争を勝ち抜く為のテクノロジーソリューションを求める声に応えて創設されました。特許ポートフォリオへのこれら二つの追加は、小売業界に定着した限界や旧来の範例を打ち破り、リテーラーの大きな挑戦やチャンスを支援することへのさらなるコミットメントです。」共同創業者 CTO Arun Nair。
フルパス動線分析と店内分析

米国特許番号10,163,031はリテールネクストのフルパス動線分析を強固なものにします。これにより小売業者様は、売り場全体のマップと、複数の異なるカメラを仮想的につなぎ合わせることで収集された統合データを用いた、完全な買い物客の行動分析を行うことができます。立ち止まった人数からの購買率や商品訴求力の分析機能を含む、リテールネクストの強力な店内分析ソリューションと組み合わせることで、リテーラーは、様々なディスプレイや商品、サービスエリアへの関心や立ち寄りを含め、買い物客が店内でどのように動き、買い回るかを、長期に渡り大規模に判断することが可能になります。

「リテーラーは、オンラインでもリアル店舗でも、来店客の一連の動きを理解したいと考えていらっしゃいますが、リアル店舗では入口からレジに到るまでに何が起こったか、というデータが最も欠けています。フルパス動線分析は、店舗での購買行動の見えなかった部分を明らかにすることで、リテーラーがさらなる試行錯誤を繰り返して、店舗での購買体験をより良いものにしていくことをお手伝いします。買い物客の行動データを取得し、年齢や性別、購買顧客と非購買顧客、或いはスタッフと買い物客といった基準でセグメント化を行うリテールネクストの機能は、物理店舗での顧客理解のレベルを更に上のレベルに押し上げ、長年活用されてきたオンライン媒体の分析に比肩する分析を可能にします。」
リテールコンサルティング部門責任者 Lauren Bitar。

正確性の向上

米国特許番号10,134,146はビデオ内での対象の検知、追跡、カウントをカバーし、独自の多機能統合型センサーAuroraを用いた、買い物客カウントソリューションにおいて、リテールネクストの市場をリードする正確性を実現させます。

「買い物客のトラフィックカウントや、さらに踏み込んだ分析においては、正確性は何よりも大事です。リテーラーは、データの洞察によって戦略的かつ戦術的な決定を下されますので、改善アクションの有効性は、その意思決定プロセスの基となるデータの有効性にかかっています。この正確な測定データを、今日の小売業に関する深い理解を持つ我々のチームと共有して頂くことで、とらえどころのなかった来店客の一連の行動についての理解と、より良い購買体験の提供に向けての店舗最適化の手段に、どんどん近づいていきます。」
リテールコンサルティング部門責任者 Lauren Bitar。

◆​RetailNext
Eコマースの来店客分析手法をオフラインの小売店舗、ブランド、モールの分析に用いる、最初の縦断的な小売業向けIoTプラットフォームを提供するリテールネクストは、買い物客の購買体験を最適化することに全力を注いできたパイオニアです。集中型のSaaSプラットフォームを通して、リテールネクストは買い物客の行動データを自動で収集、分析し、リアルタイムで、より良い購買体験を提供する為の洞察を小売店様に提供します。

リテールネクストの分析ソフトウェアと小売専門技術は、既存店の売り上げ増加、不要なコストの削減、マイナスリスクの低減につながるさらなる来店客行動理解の為に、75カ国以上で425社を超えるリテーラーに採用されています。
2015年には日本法人を立ち上げ、日本国内のお客様へも積極的なサービス提供をさせていただいております。

本社 : RetailNext, Inc.
設立:  2007年 10月
住所 : 60 S. Market Street, Floor 10, San Jose, CA 95113
CEO :Alexei Agratchev 
事業内容:店舗分析ソリューションの開発と販売 
ウエブサイト:https://retailnext.net 

日本法人 : RetailNext Japan 合同会社
設立: 2015年9月
住所 :東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル1階 SPACES
お問い合わせ先:前田澄人(sumito.maeda@retailnext.net)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. RetailNext Japan 合同会社 >
  3. RetailNext 特許取得。来店客のフルパス動線分析および、動線追跡精度を高めるプロセス強化に関する特許を取得