大絶景から温泉まで、冬を楽しむ岐阜のイベント旅心を満たす魅力が満載

「下呂・奥飛騨・高山・古川」で過ごす冬旅プラン

一緒にグルメも街ぶらも満喫したい!そんな欲ばりを満たしてくれる旅が岐阜「下呂・奥飛騨・高山・古川」で過ごす冬旅プラン
 冬の冷え込みも増す今日この頃、“温泉でほっこり“が恋しくなりますね。一緒にグルメも街ぶらも満喫したい!そんな欲ばりを満たしてくれる旅が岐阜にはあります。「下呂・奥飛騨」の名湯をはじめ「飛騨高山・古川」の街ぶら&特産グルメに冬イベントまで!寒さを楽しみに変えて「冬旅」にでかけませんか?

               絶景!大自然に囲まれた秘湯「奥飛騨温泉郷」で冬旅を

 一生に一度は見ておきたい、雪見温泉北アルプスの懐に抱かれ、大自然の恵みを受ける非日常的なロケーションが魅力の露天風呂。雄大な山々を眺めながら、時間を忘れてゆったりと湯浴みを楽しめます。厳しい冬には雪が積もり、一面美しい銀世界に!

 

奥飛騨温泉郷奥飛騨温泉郷


【奥飛騨温泉郷】
平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高からなる奥飛騨温泉郷は歴史が古く、絶景の露天風呂が人気。泉質:単純温泉、炭酸水素塩泉など。


圧巻!平湯大滝 結氷まつり
「日本の滝百選」にも選ばれる、平湯大滝。高さ64m・幅6mの大きな滝が凍り強大な氷柱になる姿は、圧巻!夜のライトアップはSNS映え間違いなしの美しさ。開催初日と週末は獅子舞の実演や打ち上げ花火などもあり、冬の夜を彩ってくれます。

平湯大滝結氷まつり平湯大滝結氷まつり


【平湯大滝 結氷まつり】
会場:平湯温泉「平湯大滝」及び「平湯温泉地内」
期間:2019年2月15日〜25日
時間:18:00〜21:00(ライトアップ)※その他の時間帯も自由にご見学いただけます

 
かまくらで楽しむ、冬の夜
 大人が十分に入れるサイズのかまくらが点在。中では囲炉裏を囲んで暖をとったり、バーで飛騨の地酒を楽しんだり。。。冬ならではの幻想的なひと時を過ごして。

かまくらまつりかまくらまつり


【中尾かまくらまつり】
会場:新穂高温泉「中尾高原イベント広場」
期間:2019年2月1日〜14日
時間:20:00〜21:30(ライトアップ)※その他の時間帯も自由にご見学いただけます

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン 2つ星の冬景色を空中散歩
 標高2156mの北アルプスの雄大な景色を独り占めできる新穂高ロープウェイでミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに2つ星で紹介された大パノラマを体感!眼前に広がる白銀の世界は、思わず息をのむ美しさ。

新穂高ロープウェイ新穂高ロープウェイ


【新穂高ロープウェイ】
場所:高山市奥飛騨温泉郷新穂高
営業時間:8:30~16:00(4~11月)・9:00~15:30(12~3月)/無休(点検の為臨時休業あり)
料金:往復大人2900円、小人1450円
HP:http://shinhotaka-ropeway.jp/

               雪化粧の古い町並と地酒をめぐる飛騨高山の旅

古い町並で雪景色をぶらり散歩
 江戸時代の城下町の面影を残す「古い町並」は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている人気のエリア。雪の季節にしか味わえない風情ある町の風景を、まずは散策で。毎朝開催されている宮川沿いの宮川朝市、高山陣屋前広場で開催される陣屋前朝市と合わせて、買い物や食べ歩きなどが楽しめます。周辺には飛騨高山温泉や多様なスタイルのホテルもあるので、まったりとした時間を過ごしてみてはいかが?

高山古い町並高山古い町並

 


【宮川朝市】
場所:高山市下三之町
営業時間:7:00〜12:00(4~12月)・8:00~12:00(1~3月)/無休
【陣屋前朝市】
場所:高山市八軒町1-5
営業時間:7:00〜12:00(4~10月)・8:00~12:00(11~3月)/無休

日本酒好きには、必見!酒蔵めぐり
 古い町並にある6軒の酒蔵が1週間交代で、それぞれの酒蔵を公開する、毎年大人気の催し。ガイドの案内のもと、期間限定で、普段見られない酒蔵を見学できる貴重なチャンス!3月3日(日)には「12蔵・飛騨の蔵元勢揃い!!」を開催。このイベントではそれぞれの蔵元が自慢のお酒を紹介します。あなたのお気に入りの銘柄と出会えるかも。

酒蔵めぐり酒蔵めぐり


【酒蔵めぐり】
歴史ある酒蔵で、蔵の歴史を聞きながら、酒造りの工程を見学し、お酒の試飲ができる。
期間:2019年1月18日〜3月2日
開催場所:高山市内6軒の酒蔵(川尻酒造場、二木酒造、平瀬酒造店、舩坂酒造店、平田酒造場、原田酒造場
詳細:http://www.hidatakayama.or.jp/blog/12244

                 恋の神様がいる町、ロマンチック飛騨古川

“三寺まいり”で想いを叶える
 この地に200年以上伝わる伝統行事で「縁結びが叶うお参り」として知られている三寺まいり。その昔、男女の出会いの場となった所以から着物姿のカップルも見かけ、現地での着物のレンタルサービスも充実。風情のある町並みを着物姿で歩いて、時にはお互いの想いを伝えてみるのもいいかもしれません。

飛騨市 三寺まいり飛騨市 三寺まいり


【三寺まいり】
飛騨古川の町並や思いを馳せた人達を、和ろうそくの火が優しく灯します。
開催日時:2019年1月15日13:00〜21:00
会場:飛騨市古川町市街地

三寺まいりに欠かせない、和ろうそく
 恋愛成就を願う時は白いろうそく、恋愛が成就した時は赤いろうそくに火を灯します。この時使われるのが、匠の技で作られる和ろうそく。完成までに何ヶ月も要し、今や全国でも10軒程度しか作れるお店がないとか。中でも、すべての工程を手作りで行っているのは、「三嶋ろうそく」のみといわれています。独特の炎の揺らぎが楽しめ、おめでたい時に使われる「朱ろうそく」は海外のお客様にも、お土産として人気。

和ろうそく和ろうそく

 


のんべえの嬉しい味方「ぎふ呑んべぇパスポート」
 酒造りに欠かせないおいしい水とお米に恵まれた岐阜にはこだわりの銘酒がたくさん!県内29軒の対象酒蔵でパスポートを見せれば、地酒をお得に味わえる特典がもれなくついてきます。ここでしか飲めない酒蔵こだわりの日本酒が堪能できるので、是非入手して。

酒蔵めぐり 呑んべぇ酒蔵めぐり 呑んべぇ


【ぎふ呑んべぇパスポート】
お気に入りの銘酒を見つけに、パスポートで地酒めぐりをしよう!
パスポート有効期限:2018年12月1日〜2019年3月31日まで
配布場所:https://www.jalan.net/jalan/doc/news/button/0795330101/index02.html
 

               温泉好きには外せない!美肌の湯「下呂温泉」
 
日本三名泉の一つ、下呂温泉
 1000年の歴史を持つ「下呂温泉」は美肌の湯としても有名。特に女性客からは「湯上りの肌がツルツル&しっとりになる」と人気が高い。温泉街には飛騨川が流れ、観光施設やお土産屋さんに食事処などが集まり、のんびり散策にも最適。ゆっくりと流れる時間の中で、美肌磨きはいかが?下呂温泉には「湯めぐり手形」がお得。1枚で加盟旅館の中から3軒の好きな湯に入れるので、下呂の湯を思いっきり満喫できます。

下呂温泉下呂温泉

 


【下呂温泉】
泉質:アルカリ性単純泉
【湯名人「湯めぐり手形」】
有効期限:購入から6ヵ月間
料金:1枚1,300円

下呂温泉で冬の花火
 下呂温泉の土曜の夜を彩る打ち上げ花火。世界トップクラスの花火師渾身の最新花火が打ち上がります。下呂を流れる飛騨川の河畔を舞台にダイナミックな花火が冬の夜空に咲き乱れます。

下呂温泉 花火物語下呂温泉 花火物語

 


【冬の下呂温泉花火物語】
開催日時:2019年1月5日~3月30日の毎週土曜日
時間:20:30~20:40

日本の原風景を体感
 白川郷などから移築した10棟の合掌家屋で集落が再現され、当時の生活文化が体験できます。農具や民具を展示する民族資料館なども。体験施設「飛騨工房」での陶器絵付けや和紙の絵漉きは子ども達にも人気!

陶器の絵付け 下呂合掌村陶器の絵付け 下呂合掌村

 


【下呂温泉合掌村】
住所:下呂市森2369
電話:0576-25-2239
HP:http://www.gero-gassho.jp/
入場料:大人800円、小・中学生400円

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 岐阜県 >
  3. 大絶景から温泉まで、冬を楽しむ岐阜のイベント旅心を満たす魅力が満載