自宅の“かくれ資産”総額を簡単に試算できる 診断サイト「みんなのかくれ資産」11月26日オープン

〜平成最後の大掃除は資産発掘の一大チャンス〜 https://kakureshisan.com/

 みんなのかくれ資産調査委員会では、株式会社メルカリの協力のもと、 2018年末の大掃除時期にあわせて、自宅の“かくれ資産” 総額を簡単に試算できる診断サイト「みんなのかくれ資産」(URL:https://kakureshisan.com )を11月26日より公開いたします。
 かくれ資産とは、家の中で1年以上利用していない物の価格をフリマアプリ「メルカリ」での平均取引価格で換算した、自宅内の不要品の価値総額を指す言葉です。本年10月に当委員会が株式会社ニッセイ基礎研究所監修の元、株式会社メルカリよりデータ提供を受けて、全国の10代〜60代の男女2,536名を対象にその実態を調査したところ、日本全国のかくれ資産総額は推計37兆177万円、1世帯あたり約70万円にものぼることがわかりました。
 今回公開するWEBサイト「みんなのかくれ資産」では、この調査データを元にかくれ資産総額の算出ロジックを独自に開発。家族構成や自宅の面積などを入力するだけで自宅に眠るかくれ資産の推計総額が算出できる「かんたん診断」や、実際に所有する不要品の個数を入力することでその価値総額が算出できる「くわしく診断」のほか、様々な分野の専門家がかくれ資産の上手な活用方法を解説するコラム記事などを設けています。

 間近に迫った“平成最後の大掃除”にむけ、当委員会ではこのサイトを通じて多くの方に自宅のかくれ資産の価値を知っていただくことで、従来ゴミとして捨てられていた不要品を新たな資産として活用する機運を高めるとともに、発掘を兼ねた新しい大掃除の形を提案できればと考えています。


【概要】
・サイト名称:みんなのかくれ資産
・URL: https://kakureshisan.com
・公開日:2018年11月26日
・制作:みんなのかくれ資産調査委員会
・協力:株式会社メルカリ




<みんなのかくれ資産調査委員会とは>日本の家庭に眠る不要品の有効活用について、様々な角度から検証・提案を行うべく、株式会社ドリルが主体となり本年9月に発足。2018年11月7日には、ニッセイ基礎研究所監修のもと、全国2,536名を対象にしたかくれ資産調査の結果を発表。
調査結果はこちら:https://goo.gl/9MGzd9


【コンテンツ詳細】

①WHAT IS かくれ資産
11月7日に発表した全国調査の結果を元に作成したかくれ資産インフォグラフィックを紹介。
②HOW  MUCH かくれ資産
かくれ資産の推計総額を簡単にシミュレーションできる試算機能。「かんたん診断」では、家族構成・自宅の面積・収納の飽和度の3つの項目を入力するだけで全国平均に基づく推計かくれ資産を算出。
「くわしく診断」では、全43に分類された不要品のカテゴリごとに、持っている個数を入力するとメルカリでの平均取引価格とかけあわせた総額を算出。
算出されたかくれ資産額を元に「かくれ資産家度」を7段階で評価する診断機能付き。
③HOW  TO かくれ資産
かくれ資産の上手な発掘方法や、活用方法などを紹介。専門家による「かくれ資産コラム」や「かくれ資産発掘虎の巻」など順次拡張予定。


  
【参考:実際のかくれ資産試算結果】

  

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. みんなのかくれ資産調査委員会 >
  3. 自宅の“かくれ資産”総額を簡単に試算できる 診断サイト「みんなのかくれ資産」11月26日オープン