最高のアイデアを生む、最もミニマルなツール。

ありふれたA4用紙をスマートな仕事道具に変える。大好評のHINGE(ヒンジ)にPROが登場。

2017年に自社のWebサイトのみで発売を開始、直後からSNS上で大きな話題を呼び、2日で3000個以上を売り上げ、現在もその勢いが止まらない大人気のHINGE(ヒンジ)シリーズに、よりプロフェッショナル向けに開発されたHINGE PRO(ヒンジ プロ)が登場しました。メモだけでなく、イラストやスケッチなど、より幅広い用途に使用可能。描きたいという衝動に瞬時に応えます。

idontknow.tokyo(東京都目黒区)は、
最高のアイデアを生むための最もミニマルなツールHINGE(ヒンジ)の新しい仲間
HINGE PRO(ヒンジ プロ)をリリースします。

 


大好評のミニマルな使いやすさはそのままに、
シート厚が約2倍、収納量が2倍、より多くの種類のペンに対応しています。

 


ありふれたコピー用紙を、スマートな仕事道具に。
どこにでもある、ありふれたコピー用紙を、どこへでも持ち運びやすくしたい。どんな場所でも、描きたいものをすぐに描きたい。ただそれだけを追求した道具。それがHINGE(ヒンジ)です。


 

 


 

いつでもどこでもクルっと開いてすぐ描ける
360度開く独自の折り曲げ加工を採用。フタを360度ひらけば、シート材が下敷きになり、どこでも筆記することができます。
 

 


薄型の用紙ホルダーで紙をしっかり保持
樹脂のシート材どうしの挟み込む力だけで紙を保持する、最もミニマルな構造で、軽さ薄さと使いやすさを両立。3枚から20枚程度の紙を保持できます。

 

 

視覚的なノイズがゼロ。ただ描くことに集中できる。
フタをくるっと開けば、真っさらな四角い紙とペンだけが目に入る。一切の視覚的ノイズを排除することで、考えること描くことだけに集中できます。



 

 

独自のペンホルダーでキャップをつけたまま。
ただの穴にペンクリップを差し込むだけ。キャップ付きのペンなら、ペンのキャップを穴に固定したまま、ペン本体だけを引き抜いて、すぐに描き始められるので、キャップ紛失の心配がありません。
 


サブポケットには予備の用紙や資料を
フタ側には大きなサブポケットを装備しているので、予備の用紙や描き終わった用紙、受け取った資料などを、折り曲げることなく入れておくことができます。

 



より固くなり、机のない場所でも使いやすく。

今回発売された HINGE PRO (ヒンジ プロ)は、HINGEの使いやすさはそのままに、シート厚を2倍にしました。今までよりもさらに、いつでもどこでも描きたい衝動に応えます。

 


収納量も2倍。より多くのペンにも対応。
変わったのはシート厚だけではありません。サブポケットの収納量も2倍にアップ。約40枚の用紙を収納できます。大好評だった独自のペンホルダー穴は、四角形にすることでより多くの種類のペンに対応しました。

 

 

詳しい情報は

https://idontknow.tokyo/pro01.html

からご覧ください。

 

___

 

idontknow.tokyoは、2017年から株式会社テントと株式会社トゥエルブトーンが共同で立ち上げたプロダクトブランドです。

「僕たちは本当は、まだ何も知らない」をテーマに、知っていると思っていることも、知らないと思ってゼロから作り上げていき、その様子をホームページで発表しています。
ホームページ:http://idontknow.tokyo

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社テント >
  3. 最高のアイデアを生む、最もミニマルなツール。