アートの力でビジネスと社会を次のステージへ。国内初のキュレーション型アーティストデータベース「ARTOMIC(アトミック)」が4/7にサービスを開始!

アート&アーティストプロデュースカンパニーである株式会社tremoloが、芸術領域のアーティスト情報と可能性を可視化し、ビジネスとの接続を促進するサービスを開始いたします。
株式会社tremolo(本社:東京都中野区、代表取締役CEO:伊勢崎勇人)は、芸術領域のアーティスト情報を可視化し、企業とのプロジェクトマッチングを促進することを目的に、国内初のキュレーション型アーティストデータベース『ARTOMIC』を4月7日(月)にリリースいたします。確かな実績を持つ厳選されたアーティスト(4/7時点で約30名予定)のみを掲載することで、企業とアーティストのコラボレーション機会を創出し、ブランドの差別化やイノベーティブな商品開発を支援します。

 

 


【開発に至った背景】
現在、日本のアート業界とビジネス業界には以下のような課題があると言えます。
(1)国内アート業界の課題
日本のアート市場は、約7兆円の世界市場に対し2400億円程度と、グローバルプレゼンスが出せていない状況です。一方で、昨今はアート思考への注目、アートテックの台頭など、ビジネスにおけるアートは存在感を増しています。そのため、アーティストが最大限能力を発揮できる場や機会を様々な領域で提供・接続できる「アーティストプロデュース」が活性化することで、日本のアート市場の更なる飛躍につながることが期待されています。

(2)企業が抱える課題
SNSを代表とする情報爆発やAI・ブロックチェーンなどテクノロジーの発達といった情報化社会におけるスピード加速の中で、国内企業は自社ブランドの確立や差別化のニーズの高まりに迅速に対応していかなければなりません。そこで、イノベーティブかつクリエイティブな発想・イノベーション人材の獲得と連携が急務となっています。

海外では、アート機関が積極的に企業とアーティストのリレーション形成を計り、アーティストの価値向上と他国・他業界との接続プロデュースを行っています。それにより、アーティストの活動の活性と企業のブランド向上・組織活性化が行われ、両者の社会認知が高まり、さらなるアートと社会の関係発展が促進されるというクリエイティブな循環を生み出しています。
同じ循環を作ることで上記の課題を解決し、アーティストの持つイノベーティブかつクリエイティブな発想によって、新たな価値創造が可能にするためのプラットフォーム「ARTOMIC」をリリースするに至りました。

文化庁が2018年に発表した『アート市場の活性化に向けて』より文化庁が2018年に発表した『アート市場の活性化に向けて』より


【サービスについて】
アート業界とビジネス業界それぞれの課題を解決する、国内初のキュレーション型アーティストデータベース「ARTOMIC」は以下のことを実現いたします。

■サービスで出来ること
企業は自社にマッチするアーティストの検索を動画や特定テーマでのキュレーションを通して多面的に行うことやアーティストとのリレーションによって新たなプロジェクト創出が可能となります。また、tremoloへプロジェクトプロデュースまでを横断的に依頼することが可能で、国内/海外リレーションを活用したブランディング・サービス開発プロジェクトとアーティストのコラボレーションが可能となります。

■サービスの機能
①厳選した芸術家のプロフィール・作品情報・イベントや最新のニュース情報の横断的な検索
②芸術家の思想やコンセプトを反映したPV・動画の発信
③社会課題への取り組みといった、アーティストが持つ様々な側面に焦点を当てたテーマ別検索が可能なキュレーション機能
④掲載アーティストのソーシャルパワー(主にオンライン上での人的繋がりの数と属性による認知度・ブランド力)およびARTOMICにおける企業・ユーザーフォロワー情報を可視化するインフルエンサーツール機能
⑤企業からアーティストに対して、公募的にコラボレーションオファーができるオープンイノベーション機能およびサポートサービス
⑥アーティストが開催する限定イベントやプロジェクトへの参加などが可能となるプレミアムユーザー機能
※④⑤⑥、および付随するユーザー/法人登録機能・決済機能は2019年7月頃をめどに実装予定


【掲載アーティスト例(一部抜粋)】

現代日本画家 大竹寛子氏
―西武渋谷の全館プロモーションやデンマークの有名家具メーカー「BoConcept」とのコラボレーションワークなど多方面での活動を通して日本画の概念をアップデートし続けている現代日本画家。
 

日本書家 真澪氏
ールーブル美術館でのパフォーマンスアートや音楽グループ「ケツメイシ」のロゴデザインでも知られる新進気鋭の日本書家。
 

現代アーティスト ショウジョノトモ氏
ー「永遠の子供」の魂をテーマに描く現代アーティスト。米国シンガーソングライターNickiMinajのファッションデザインなどでも注目を集め、海外を中心に多彩なコラボレーションワークを行っている。


【サポーター】
株式会社tremoloおよびARTOMICのビジョンと活動に以下に記載されている方々から、ご支援の声をいただいております。

・宮島 徹雄氏(i専門職大学設立準備室長、教育改革実務)
・張田 真氏(ハリタ金属株式会社代表取締役社長、G20資源効率性対話設立総会 登壇者)
・伊勢崎 勝人氏(西洋油彩画家、日展審査員・白日会会員、内閣総理大臣賞受賞者)
・藤川 欣智氏(パークホテル東京 ブランディングマネージャー、Artinst in Hotel プロデューサー)
・中村 寛氏(前 株式会社トゥモローランド執行役員)
・島田 千草氏(株式会社エルムンド・コンサルティング代表取締役社長、tremoloヨーロッパリレーションパートナー)

このほかにも、多くの方々よりご支援の言葉をいただいております。

【今後の展望】
ARTOMIC掲載アーティストおよび新規掲載予定のクリエイターによる国内初のアーティスト×クリエイタークリエイティブエージェンシー「MOLOCULE(モロキュール)」のサービスを5月上旬に開始予定です。これにより、各アーティストの属性情報を把握した上でのクリエイティブ開発、クライアント提案が可能になることで、ブランド確立・差別化されたコミュニケーションにより寄与いたします。
さらに、国内ARTOMIC確立後は、ヨーロッパ版ARTOMICの開発に着手し、海外アーティストの可視化・コラボレーションに取り組んでいきます。

【会社概要】
株式会社tremoloとは、「アートにイタズラを アートでイタズラを」をビジョンに、自由な発想でイタズラ心にあふれたプロジェクトを生み出し、世界中の人々の心を「tremolo=揺さぶる」会社です。アート、広告、建築、IT、事業創出など様々な領域で活躍してきたメンバーが集まり、総合的なプロジェクトプロデュースを強みとしています。

社 名: 株式会社tremolo(トレモロ)
所在地: 東京都中野区大和町4-39-12 101
設立: 2018年8月15日
URL:tremolo.co.jp
代表者: 代表取締役CEO 伊勢崎勇人


(参考データ)
・文化庁「アート市場の活性化に向けて」
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/chusho/dai4/siryou7.pdf
・国内アート市場データ
https://art-tokyo.jp/press/134/pdf
・海外アート市場データ
https://d2u3kfwd92fzu7.cloudfront.net/The_Art_Market_Report_2019.pdf
・クリエイターとのコラボレーションによるオープンイノベーション事例
https://japan.cnet.com/article/35130041/
・アートプロジェクトへの企業投資に関する記事
https://www.cinra.net/report/201902-sophiecalle
・アーティスト×企業のブランディング事例(国内)
https://spice.eplus.jp/articles/230511
・アーティスト×企業による商品開発事例(国内)
https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/19487
・アーティスト×企業によるアートプロジェクト、それに付随する商品開発の事例(海外)
https://www.axismag.jp/posts/2018/11/105221.html
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社tremolo >
  3. アートの力でビジネスと社会を次のステージへ。国内初のキュレーション型アーティストデータベース「ARTOMIC(アトミック)」が4/7にサービスを開始!