ニッポンのセックス2018年版を公開!セックスの回数、浮気、セックスをしたくない理由など、性生活の実態を徹底調査! 都道府県別のランキングも発表!

ニッポンのセックス 公式サイト https://www.sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex2018

 相模ゴム工業株式会社(以下 相模ゴム)は、全国を対象におこなった調査、
「ニッポンのセックス2018年版」を実施、調査結果を特設ページで発表しました。
​相模ゴムはコンドームメーカーとして、現代人のセックスはどうなっているのか、どのように性意識が
変化しているのかを常に研究・分析しています。2013年には性に関する日本で最大規模の調査
「ニッポンのセックス」を発表致しました。そして新たに調査をおこない、この度発表するのが
「ニッポンのセックス2018年版」です。

今回もセックスの平均回数や経験人数などの一般的な内容から、セックスに対する意欲やセックスを
したくない理由など、相当踏み込んだ内容まで調査しておりますので、今のニッポンのセックスが浮き彫りになっています。項目により都道府県別のランキングや5年前との比較もご紹介しております。
調査結果は項目ごとに区分されていますので、ぜひご興味のあるものからご覧ください。

◆ニッポンのセックス 公式サイト
https://www.sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex2018

【調査結果のトピックス】
  • セックス経験者の1カ月の平均セックス回数は2.1回
既婚者の1カ月の平均セックス回数は1.7回、未婚で交際相手がいる人の平均は4.2回。

 

  • 経験人数の平均は9.1人(未経験者を除く) 男性平均は12.3人、女性平均は6.0人。

 

 

  • 初体験の平均年齢は20.3歳 男性は20.5歳、女性は20.1歳。

 

  • 20代男性の34.1%がセックス未経験(童貞) 20代女性は20.9%が未経験。

  • 結婚相手または交際相手とセックスレスだと思う 53.6%。 男性は57.9%、女性は50.0%。

  • 最も浮気率の高い県は埼玉県


【調査概要】
1.調査方法      :WEBアンケート方式で実施
2.調査の対象  :47都道府県の20代~60代男女(本調査14,100名はセックス経験者のみ)
3.本調査回答数:14,100名(1都道府県につき300名・各セル30名)
(事前調査・スクリーニング回答数:29,315名)
4.調査実施日:2018年10月〜11月


▼調査項目・結果ピックアップ
○恋愛対象
「同性」である:男性5.4%、女性7.6% (ともに全体平均)
※20代女性がもっとも高く8.8%

○セックスの経験
全体の88.5%は「ある」。20代男性の34,1%は童貞で20代女性の20.9%が処女。
※前回調査では20代男性の童貞率は40.6%、20代女性の処女率は25.5%。

○初体験の年齢
全体平均20.3歳(男性20.5歳、女性20.1歳)
※男女ともに若い年代になるほど低年齢で初体験。全年代で女性の方が男性よりも若干早い。

○セックスを初体験した相手
男性は同年齢の交際相手が最も多く31.5%、女性は年上の交際相手が最も多く51.3%。
付き合っていない相手との初体験は男性31.7%、女性14.4%。
付き合っていない相手との初体験比率は前回調査よりも増加。
出会いの場は男女共に同じ学校が最も多く、20代ではSNSの比率が増え3番目。

○セックス経験人数
平均は9.1人(男性12.3人、女性6.0人)
※男性でもっとも多いのは50代の16.1人、女性は40代の7.5人。

○既婚率、交際率
調査対象者の既婚率は65.0%(男性59.9%、女性70.0%)
結婚していない人の内、交際相手がいるのは男性31.9%、女性41.8%。
※男女間では60代を除き、女性の方が交際率が高い。

○セックスをするパートナーの有無
未婚で交際相手がいない方のうち、90.2%はセックスをするパートナーも不在。
20代〜40代は男性よりも女性の方がパートナーがいる比率が高い。

○セックスの回数(結婚・交際相手・セックスパートナー)
1カ月の平均回数は2.1回。
※既婚者の平均は1.7回、未婚で交際相手がいる方の平均は4.2回。

○結婚相手/交際相手以外にセックスをする相手の有無 = 浮気相手
全体では79.5%が「いない」と回答。(20.5%は浮気をしている)
男性の方が女性よりも浮気率は約10%高く、特に20〜40代男性は約30%が「いる」と回答。

○浮気相手のとのセックス回数
1カ月の平均回数は男性2.7回、女性2.1回。

○浮気相手との出会いの場
30〜60代では「同じ会社」が最も多く、20代は「同じ学校」。

○性生活の満足度
「満足している」は男性41.8%、女性61.4%。
性生活に対して男性の約6割は「満足していない」と回答。

○セックスの経験がない方へ。セックスをしたいと思うか。
男性の67.1%が「したい」と思うのに対し、女性は33.7%しか「したい」と思わない。
女性は「わからない」が最も多い36.4%。

○セックス未経験者のセックスをしたくない理由
興味関心がない51.3%、セックスをしたいと思う相手がいない41.8%。

○1カ月のマスターベーション回数
男性の平均は7.1回、女性の平均は1.2回。

○既婚・交際相手がいる方のセックス頻度に関して
多いと思っているのは全体の6.8%。少ないと思っているのは59.8%。
もっとセックスをしたいかに対して、男性は75.9%が「したい」に対し女性は37.6%のみ。

○もっとセックスをしたいけど、希望よりもセックスが少ない理由
男女共に最も多かった理由は「相手がその気になってくれない」。

○もっとセックスをしたくない理由
全体で一番多かった回答は「面倒くさい」45.3%。

○結婚相手、交際相手とセックスレスだと思うか
既婚者のうち、58.1%はセックスレスだと思っている。

○経験者の内、現在セックスをする相手がいない方がセックスをしたいか
男性が79.9%「したい」に対し、女性の「したい」は38.6%。
したくない理由は男性が「セックスも恋愛も面倒くさい」、女性は「年齢的にもういい」がトップ。

○セックスをしたいと思わないけど交際相手は欲しいか
男女共に「欲しくない」の方が多く、欲しいのは男性24.7%、女性31.7%。
60代を除き女性の方が「欲しい」比率は高い。

《都道府県ランキング》
※特設サイトでは全順位を公開しています。
○初体験の年齢
最も早い 沖縄県 / 最も遅い 奈良県

○今までの経験人数
最も多い 沖縄県 / 最も少ない 島根県

○結婚・交際相手との1カ月のセックス回数
最も多い 鹿児島県 / 最も少ない 神奈川県

○浮気相手との1カ月のセックス回数
最も多い 福島県 / 最も少ない 埼玉県

○1カ月のマスターベーション回数
最も多い 秋田県 / 最も少ない 岡山県

○コンドームの使用率
最も多い 埼玉県 / 最も少ない 高知県

○浮気率
最も多い 埼玉県 / 最も少ない 鳥取県

○性生活の満足度
最も高い 宮崎県 / 最も低い 新潟県


その他、特設サイトでは前回調査(2013年)から比較し大きく変わった点や、血液型に関するトピックス
もご紹介しています。

◆ニッポンのセックス 公式サイト
https://www.sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex2018
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 相模ゴム工業株式会社 >
  3. ニッポンのセックス2018年版を公開!セックスの回数、浮気、セックスをしたくない理由など、性生活の実態を徹底調査! 都道府県別のランキングも発表!