国内実写VRコンテンツ販売No.1!サンダーボルトインタラクティブが労働災害VR「危険予知トレーニングVR~転倒事故編~」新発売!

「ヒヤリハット」でもっとも多い労働災害「転倒事故」を追体験&注意点等を体験して、労働災害を減らす!

社会貢献に役立つ実写系VRコンテンツを企画、開発・販売している合同会社サンダーボルト インタラクティブ(愛知県名古屋市、CEO:安田武史)は労働災害でもっとも多い事故「転倒災害」を疑似体験し、また注意点などを習得できる労働災害VR「危険予知トレーニング~転倒事故編」を販売致しました。
◆労働災害VR「危険予知トレーニングVR~転倒事故編~」概要
労働災害の中でももっとも件数が多く、また大けがに繋がる「転倒災害」を、実際にVRで体験し、転倒災害の抑止に繋げる、世界初の実写系「労働災害」VRコンテンツです。
 



内包されているVR映像は全部で5つです。
【1・注意力不足での階段転倒】


【2・大きな手荷物を持っての階段転倒】


【3・低い段差でのつまづき転倒】


【4・ホースやコードでの引っ掛かり転倒】


【5・滑り転倒(シート)】


◆実際に全国で最も多い転倒災害をデータに基づいて再現!
各ジャンルにとらわれない、どんなお仕事でも起こり得る「転倒災害」
今回は些細な転倒から全治数か月の大ケガに繋がる、全国で最も多い「転倒事故」の5つのシチュエーションとなっております。

◆単なる「追体験」ではなく、回避方法も解説&体験!

単に「転倒災害」の追体験だけではなく、
1・転倒体験(360度主観視点)
2・転倒の解説(シチュエーションを感じられる360度客観視点)
3・安全な歩行(回避方法を習得できる360度主観視点)

が体験でき、VRの特性を生かした視覚・聴覚でより効果的な追体験学習が可能です。
 


◆販売
持ち運び可能なVR機+危険予知トレーニング~転倒事故編とセット
で販売します。
販売価格:オープン価格
※研修に役立つ、外部モニター出力機器、VR機専用ケース、VR用マスクも取り扱っております。


◆ 合同会社サンダーボルト インタラクティブ 会社概要

社名 : 合同会社サンダーボルト インタラクティブ
事業内容 : VRコンテンツの企画、制作、販売。Gamingの企画、開発。地方創生プロジェクトのプロデュース。
設立 : 2013年6月
代表者 : CEO 安田 武史
本社所在地 : 愛知県名古屋市中区栄1-7-25 サン・ミソノビル602
従業員数 : 6名(2019年1月現在)
「Dri-VR(ドライバー)」公式HP:http://thunderbolt-i.jp/
WebURL : http://thunderbolt-interactive.net/
お問い合わせ:info@thunderbolt-i.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社サンダーボルトインタラクティブ >
  3. 国内実写VRコンテンツ販売No.1!サンダーボルトインタラクティブが労働災害VR「危険予知トレーニングVR~転倒事故編~」新発売!