遊びながら野菜を学ぶ、やさいのきもちかるた。2019年12月より、蔦屋書店にて販売

持続可能な農業の普及を目指す、株式会社坂ノ途中(京都府京都市/代表 小野 邦彦)は、かるたで野菜の植物としての生態を学ぶ「やさいのきもちかるた」を2019年12月より販売開始しました。蔦屋書店(浦和、京都岡崎、広島)でご購入いただけます。


◆ 八百屋がつくったかるた

〜農家が知っている、野菜のきもち〜
坂ノ途中は、「環境負荷の小さい農業を広げたい」という思いで、有機野菜を中心に農薬や化学肥料を使わずに育てられた野菜を販売する京都の八百屋です。

私たちが提携している生産者の約9割は、新しく農業に飛び込んだ「新規就農者」です。でも、彼ら、彼女らの育てる野菜はとてもクオリティが高い。「農業をしたい、農家になりたい」という強い気持ちを持って農業に取り組んでいる。情熱と、そして科学的なアプローチが特徴です。

そんな農家さんたちが知っている「やさいのきもち」。食べる方にも知ってもらえたら、もっと野菜のことが好きになってもらえるのでは? 私たちはそう考えました。

〜こどもが好きになる野菜〜
お客さまのなかには、小さなお子さまがいらっしゃる方もたくさん。美味しくて、色とりどりのバリエーション豊かな野菜をお届けすることで、野菜好きになっていく子どもたちをたくさん見てきました。

でも、やさいのきもちを知ってもらえたら、もっともっと野菜のことが好きになってもらえるかもしれない。お野菜という生きものの不思議、魅力、面白さに触れてほしい。そして、それを食べるということについて、ちょっとだけ考えてみてほしい。そんな思いを込めて作ったのが、「やさいのきもちかるた」です。
 

 

 

対象年齢 :3歳くらい〜
箱サイズ:幅16cm×奥行き11.5cm×高さ5.3cm
読札/絵札:絵札、読み札、各46枚・空札4枚(合計96枚)
付属品:説明書「やさいのきもちのくわしいおはなし」1枚
専用ケース入(紙箱。みかん箱をイメージしています)
希望小売価格:2,850円(税別)
発売日:発売開始済(2019年12月より)

◆ 購入できるお店
・浦和 蔦屋書店
埼玉県さいたま市浦和区高砂1-16-12 アトレ浦和1700

・京都岡崎
蔦屋書店京都市左京区岡崎最勝寺町13 ロームシアター京都パークプラザ1階

・広島 蔦屋書店
広島県広島市西区扇2丁目1-45 広島T-SITE

 

かるたを考えた人
株式会社坂ノ途中 代表取締役 小野 邦彦

◆ 株式会社坂ノ途中について
事業内容:
新規就農者支援。農場運営。提携生産者が栽培した農産物の販売、一般顧客には定期宅配を、小売店やレストランへに向けては卸売りも。また、直営店「坂ノ途中soil」も運営している。海外事業としては、アジアのスペシャルティコーヒー「海ノ向こうコーヒー」の販売。オーガニック野菜のマッチングサービスのオンラインプラットフォーム「farmO(ファーモ)」の開発・運営も。
本社:京都市下京区西七条八幡町21番地
代表取締役:小野 邦彦
設立:2009年7月21日
URL:http://www.on-the-slope.com/ 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社坂ノ途中 >
  3. 遊びながら野菜を学ぶ、やさいのきもちかるた。2019年12月より、蔦屋書店にて販売