クラウドネイティブ時代を牽引する国内最大級の祭典

クラウドからクラウドネイティブへ。“クラウドネイティブジャーニー“を支える情報が集結 基調講演は、OpenStack Foundation、Airbnb、楽天モバイル、SBペイメントサービス

2019年5月29日
OpenStack Days Tokyo 2019実行委員会
CloudNative Days Tokyo 2019実行委員会

ITインフラ潮流の鍵を握るクラウドテクノロジーに関する国内最大級のイベント「OpenStack Days Tokyo 2019」と「CloudNative Days Tokyo 2019」が、来る7月22日(月)・23日(火)の2日間、虎ノ門ヒルズフォーラムにて開催されます。

 

 

「OpenStack Days Tokyo」は、コミュニティ運営団体であるOpenStack Foundation(OSF)公認の国内唯一のカンファレンスとして2013年から開催し今年が7年目となります。また、 「CloudNative Days」は、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)の支援を受けて、コンテナ技術を中心として2018年から開発者に支持されてきたイベント「JapanContainerDays」が名称を変更したものです。日本におけるこの2つの活動が合体したことで、OpenStack、コンテナを中心としてクラウドプラットフォームを構成する広大なテクノロジーが一堂に会する国内最大級のイベントとなりました。


パブリッククラウドやプライベートクラウド、ハイブリッドクラウドなどの “クラウド” はアプリケーションの実行環境として確実にその重要性を高めていますが、現在注目されているのは、クラウドをより効果的に使う “クラウドネイティブ” です。2つのイベントでは、共通するコンセプトとして 「 + Native 〜 クラウドからクラウドネイティブへ 〜」を掲げて、クラウドネイティブを指向する“クラウドネイティブジャーニー”を支援するために、あらゆる業界におけるビジネスユーザーから開発者まで、幅広い来場者のニーズにお応えする充実したプログラムを提供いたします。両イベントの企業スポンサーは30社以上で、全100を超えるセッションが予定されており、来場者数は両イベント合わせて1,200~1,500名を見込んでいます。

初日の基調講演では、OpenStack FoundationのCOOであるMark Collier(マーク・コリアー)氏が、「Collaboration Without Boundaries(境界のないコラボレーション)」と題して、エッジコンピューティング、コンテナ基盤、AI&機械学習などで求められるOpen Infrastructureの役割をOpenStackの最新動向と共にご紹介します。また、海外の大手クラウドネイティブユーザーとして、宿泊施設・民宿を支援するAirbnb(エアビーアンドビー)が、数百ものレガシーサービスを厳しいレイテンシや稼働時間の要求の中でKubernetesに移行した事例を紹介します。

2日目の基調講演では、新規参入キャリアである楽天モバイルが、今年10月開始予定の携帯電話サービスのインフラ構築にOpenStackを採用した背景や今後の戦略を語ります。また、SBペイメントサービスが、決済システムをクラウドネイティブに内製開発した事例をご紹介します。

注目プログラム

基調講演
 ◇OpenStack Foundation COO  Mark Collier  
 Collaboration Without Boundaries と題してOpenStackの今をお伝えします
 (7月22日10:00~11:40)
 ◇Airbnb  Software Engineer  Melanie Cebula  
 数百ものレガシーサービスを厳しいレイテンシや稼働時間の要求の中でKubernetesに移行したAirbnbの事例
 (7月22日10:00~11:40)
 ◇楽天モバイル  Ashiq Khan  
 世界初の完全仮想化クラウド型モバイルネットワーク
 (7月23日10:00~11:40)
 ◇SBペイメントサービス  鈴木 順也  
 決済システムの内製化への旅 - SpringとPCFで作るクラウドネイティブなシステム開発
 (7月23日10:00~11:40)

プレイクアウトセッション
 ◇メルペイのマイクロサービスの構築と運用
 メルペイ SRE  高木 潤一郎
 メルペイの金融サービスの構築事例。マイクロサービスをKubernetesで実現する上でどのように設計し、どのように苦労したかを解説(7月22日 17:40~18:20)
 ◇Kubernetesを拡張して日々のオペレーションを自動化する
 ゼットラボ Software Engineer  五十嵐 綾
 Kubernetes活用の鍵として注目される拡張機能を利用した実装方法とベストプラクティスについて、例を交えながら解説 (7月22日 13:20~14:00)
 ◇最新のDockerの新機能
 NTT / Docker Meetup Tokyo  須田 瑛大
 MobyやBuildKitメンテナである須田氏が、ここ1年のDockerの進化について分かりやすく解説
(7月23日 15:40~16:20)
 ◇あなたにKubernetesは必要ですか? Kubernetesのこれからについて話し合おう
 毎回参加申込数が500を越えるKubernetes Meetup Tokyoのコアメンバーが、Kubernetesの現在とこれからについて語り合うパネルディスカッション。
 (日時は追ってWebサイトでご案内します)

(敬称略)

開催概要
名 称:OpenStack Days Tokyo 2019 / CloudNative Days Tokyo 2019
会 期:2019年7月22日(月)・23日(火) 2日間
会 場:虎ノ門ヒルズフォーラム 4F/5F
http://forum.academyhills.com/toranomon/access/
主 催:OpenStack Days Tokyo 2019実行委員会
CloudNative Days Tokyo 2019実行委員会
Webサイト:「OpenStack Days Tokyo 2019」  http://openstackdays.com/
「CloudNative Days Tokyo 2019」 https://cloudnativedays.jp/cndt2019/
コンセプト:+Native 〜 クラウドからクラウドネイティブへ 〜
内 容:基調講演、公募講演、スポンサー講演、併設展示、トレーニング など
定 員:両イベント合わせて1,200~1,500名
参 加 費:有料 / 事前登録制
両イベント共通チケット(税込み金額)
早期割引(6月21日まで) 6,480円(初日パーティ込)/ 4,320円(イベントのみ)
通常価格(6月22日以降)12,960円(初日パーティ込)/ 10,800円(イベントのみ)
申 込:以下のイベント申し込みWebサイトから
https://eventregist.com/e/cndt-osdt2019
〆 切:2019年7月22日(月)8:00迄 ※定員となり次第締め切らせていただきます



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CloudNative Days実行委員会 >
  3. クラウドネイティブ時代を牽引する国内最大級の祭典