テクノロジー×デザイン×コーヒー「dotcom space」 日本一号店をオープン

中国・北京に本拠地を置くdotcom(代表:Tony Jiang)は、2019年3月15日、東京・原宿にスペシャリティコーヒーとデザイン、テクノロジーを重ね合わせたカフェスタイルのコミュニティースペース「dotcom space」(ドットコムスペース)の日本1号店「dotcom space Tokyo」をオープンします。

・dotcomについて
dotcomは、体験をデザインすることで、ライフスタイルに自然になじむテクノロジーを提案することをミッションに、音響機器及びスマートプロダクトなどの商品企画やデザイン、コンサルティング、飲食事業を行なっています。これまでのテクノロジーは、業務効率化を目指した無人ロボットのように機能的な側面ばかりを重視するものが多く、私たちの生活からは少しかけ離れた存在でした。
しかし、使う人の体験や、一緒に過ごす時間、またその空間全体までをデザインすることで、テクノロジーはもっと人の生活に寄り添うものになるはずです。
現在は、北京とサンフランシスコで「dotcom space」や「dotcom coffee」「dotcom bakery」「THE COFFEE MOVEMENT」など4店舗を展開しています。

・dotcom spaceについて
世界中のたくさんの人たちに愛される「コーヒー」。デザインやテクノロジーなど様々な点(dot)をコーヒーが繋ぐことによって、異なる分野の人が集まり、繋がって、新しいコミュニケーションやクリエイティビティを生み出し発信する場所になることを目指しています。最初はデザインやテクノロジーなどのdotから始まりますが、お客さま一人一人、そして新たなコンテンツがdotとして次々に加わっていくことで、有機的にかたちを変え、広がっていく場となることを期待しています。

・dotcom space Tokyoの特徴
【 1. 】コーヒー×テクノロジー
 ミリ単位でバリスタの腕の動きを再現する事で、ブレのない抽出具合を常に実現する自動ハンドドリップマシーン「Drip」や自動ミルクディスペンサー「Drop」によるドリンクが楽しめます。(開業からしばらくはデモンストレーションのみの予定)。
またバリスタによるハンドドリップはもちろん、お客様自身がコーヒーの淹れ方のレシピを見ながら Kalita社の器具を使って抽出する、DIYコーヒー体験もお楽しみいただけます。
コーヒー豆はFUGLEN COFFEE ROASTERS(東京・代々木)やPHILOCOFFEA(千葉・船橋)など、厳選したロースターから仕入れたものを好みに合わせてお選びいただけます。

<Drip>

ミリ単位でバリスタの腕の動きを再現する事で、人間以上に正確で完璧な抽出を実現する自動ハンドドリップマシーン。シンプルで美しいデザインも特徴です。
Dripがバリスタのアシスタントになる事で、バリスタはレシピの開発やお客様とのコミュニケーションに集中することが可能になります。

<Drop>

ミリリットル単位で、正確に注ぐことができる自動ミルクディスペンサー。
ミルクの新鮮さを保ちつつ無駄なく効率的に提供します。




​【 2. 】デザイン

内装デザインを手がけるのは芦沢啓治氏。東日本大震災をきっかけに、そこにいる人々自身の手によって復興を目指す家具工房として芦沢氏が2011年に設立した石巻工房のスタンスにdotcomが共感し、コラボレーションが実現しました。
店内やテラスには石巻工房の、ISHINOMAKI  BENCHなどの定番家具に加え、「東京ブルー」を基調としたこの店舗のためのオリジナル家具が設置されます。



 

店内カウンター店内カウンター

テラス席テラス席

【建物概要】
施設名:dotcom space Tokyo所在地:東京都渋谷区神宮前1-19-19 B1F 
アクセス:JR原宿駅「竹下口」から約2分、JR原宿駅「表参道口」・東京メトロ千代田線 明治神宮前駅から約4分
TEL・FAX:03-6721-1963
開業日:2019年3月15日
営業時間:9:00〜21:00  月曜・年末年始 休
席数:58席
メニュー例:ハンドドリップコーヒー 550円/ エスプレッソ420円/ カフェラテ 550円※コーヒー豆をお選びいただけます。
クラフトビール 800円/ハニーバタートースト 380円/ 季節のトースト(チーズ・フルーツ) 500円〜/キャラメルくるみ 180円 (※全て税抜)
内装:芦沢啓治建築設計事務所
家具デザイン:芦沢啓治
ランドスケープ:橋内庭園設計
家具協力:石巻工房、karimoku new standard
カラーガラス協賛:AGC
照明協力:Modulex
施工:株式会社TANK
企画・運営:dotcom Japan株式会社
企画協力:UDS株式会社

■メディア向け内覧会について
オープンに先がけ3月13日(水)に、メディアと関係者の皆様向けの内覧会及びレセプションを開催いたします。

2019年3月13日(水)
15:30〜17:00   メディア向けプレゼンテーション
dotcom代表のTony Jiangがdotcom spaceの「コンセプトと展望」を、内装・家具デザインを手がけた芦沢啓治氏が「デザインコンセプト」について発表いたします。

17:00〜18:30   開業記念トークセッション「コーヒー×コミュニケーション 2030年バリスタの未来」
dotcom space Tokyoで提携する、ノルウェー本拠地のコーヒーロースターFUGLEN TOKYO代表の小島賢治氏をゲストに迎えトークセッションを開催します。
スカンジナビア・中国・東京のコーヒーカルチャーと、今後テクノロジーと共存していく中でバリスタに求められる役割についてお話しします。

【申込方法】
ご参加いただける方は、お手数ですが3月12日(火)までにtokyo_info@dotcom.com宛にメールにて下記を記載の上、ご連絡いただきますようお願いいたします。
1.貴社名  
2.代表者氏名
3.参加人数
4.参加ご希望のプログラム(複数可)
・メディア向けプレゼンテーション(15:30〜)
・開業記念トークセッション(17:00〜) 

■プレオープン
開業の前日3月14日(木)13:00〜18:00にはプレオープンとして、いち早くスペースを体験いただけるほか、無料でコーヒーの飲み比べをお楽しみいただけます。

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. dotcom Japan 株式会社 >
  3. テクノロジー×デザイン×コーヒー「dotcom space」 日本一号店をオープン