“大阪のスポタカ、eスポーツの新事業を立ち上げ!大会や配信施設の設営も予定!”

〜eスポーツをアメ村から世界へ〜

 

 株式会社スポーツタカハシ(代表取締役:高橋勝彦、以下「SPOTAKA」)は、2022年に迎える創業100周年に向け、「スポーツを通した地域への貢献と還元」「大阪の街をもっと盛り上げていく」という理念のもと、eスポーツの新規事業を立ち上げました。

 このeスポーツ事業は、「SPOTAKA EX事業部」と名付け、”sports2.0”、”SDGs”という新たなムーブメントにいち早く取り組んだ事業であり、「大阪ミナミ・アメリカ村」だけではなく2025年の「大阪万博」を盛り上げる為の事業としてスタートいたします。
 また、今まで活躍してきた世代だけではなく、次世代の活躍を発信しサポートしていくという想いや、大阪の「人」「企業」「街・文化」をもっと世界に発信していくというの想いを形にできる”アウトバウンド需要を活性化できるハブ事業”だと位置付けております。

事業の主な内容は、
 ・eスポーツの大会企画、運営、制作業務
 ・eスポーツ配信施設の運営
 ・他社のeスポーツ事業参入を支援していく運営コンサルティング
上記3点で、株式会社スサノオ(本社:京都市下京区、代表取締役:中野貴博)、株式会社ZERO(本社:東京都渋谷区、代表取締役:土屋匡範)、株式会社第0印象(本社:大阪市西区、代表取締役:松石和俊)と協業しながら事業運営を行ってまいります。

 eスポーツ大会は年に2回、大阪ミナミをあげた大きな大会を予定しており、今夏には大阪・アメリカ村のランドマーク施設である「BIG STEP(大阪市中央区)」にeスポーツ専用の配信施設を設営する予定です。今後の詳細情報はホームページや公式Twitterなどを通して順次情報発信してまいります。


◆代表取締役・高橋 勝彦のメッセージ「eスポーツをアメ村から世界へ」

SPOTAKAは2022年に創業100周年を迎えます。
次のさらなる100年に向けて、経営精神である「Something New」に則り、新たに【eスポーツ】の新事業を展開します。
「大阪ミナミという地域へ貢献・還元したい」「新たな世代へのスポーツのキッカケを創りたい」この想いのもとに、まずは2025年の大阪万博開催までを1つのタームとし、eスポーツをこのアメ村から世界へ発信していきます。
そして大阪ミナミを盛り上げることで、この地域を関西eスポーツ界のメッカに!新たなムーブメントを起こせるよう取り組んでまいります。


 


SPOTAKA EX 公式ホームページ : https://spotaka-ex.osaka/
SPOTAKA EX 公式Twitter:https://twitter.com/SpotakaEX

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スポーツタカハシ >
  3. “大阪のスポタカ、eスポーツの新事業を立ち上げ!大会や配信施設の設営も予定!”