社内通貨サービス「コミュニティオ」 Microsoft Teamsで社内コミュニケーションと企業文化の醸成を加速する「TeamSticker」の提供を開始

東洋エンジニアリングとの共同実験を経て、世界各拠点に順次導入へ

社内通貨サービス「コミュニティオ」が、Microsoft Teamsで社内コミュニケーションと企業文化の醸成を加速する「TeamSticker」の提供開始。東洋エンジニアリングの共同実験を経て、世界の各拠点への導入が計画されています。

株式会社コミュニティオ(本社:東京都豊島区、代表取締役:嶋田健作、以下「コミュニティオ」)は、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也)が提供する「Microsoft Teams(以下、Teams)」と連携する社内コミュニケーション活性化ツール「TeamSticker(チームステッカー)」の提供を開始します。

TeamStickerは、社内通貨サービス「コミュニティオ」と連携し、Teams上で「感謝」や「称賛」の気持ちを表すステッカーをつけたメッセージカードを送り合うことができるサービスです。
東洋エンジニアリング株式会社(本社:千葉県習志野市、代表取締役社長:永松 治夫、以下「TOYO」)の協力のもと、社内コミュケーションの向上をテーマとした共同実験から得た多くのフィードバックを元に開発されており、今後TOYOの世界各拠点への導入も計画されています。

 

コミュニティオでは、企業ごとに独自名称をつけた「社内通貨」を発行できるサービスを提供しています。導入企業は、業務上の行動を通した目標達成や自己研鑽など、企業が推奨する行動への評価として、社内通貨を従業員に付与することで、その継続性や習慣化を促すことができます。
昨今では、弊社にも、働き方改革に取り組む企業様より、部門、職種、世代を超えた従業員同士のコミュニケーションや情報共有における課題について多くの相談も寄せられるようになりました。
弊社では、これらのニーズに対するソリューションの一つとして、社内通貨サービスと連動する形で、世界50万以上の組織で導入されている企業向けビジネスチャットアプリであるTeamsに対応したコミュニケーション活性化ツールとして、「TeamSticker」の提供を開始することとなりました。

TeamStickerは、互いにメッセージカードを送り合える他、送ったカードに対して第3者が共感を表すこともできるため、従業員同士で気軽にコミュニケーションをとることができます。
ステッカーは、「感謝」や「賞賛」といった基本的なものから、ユーザー企業ごとに推奨する行動指針を表すオリジナルのステッカーに変更できるなど、企業ごとに特色をもった企業風土/文化の形成をサポートします。
また、ステッカーの獲得数や送付数により、積極的なコミュニケーションや指針に沿った行動へのインセンティブとして社内通貨を付与することができるため、従業員のTeamStickerへの参加動機を強力にバックアップします。

本プロダクトは、世界に広く事業展開する総合エンジニアリング企業であるTOYOを共同実験のパートナーに、同社の経営企画本部TOYO未来推進部「“ありがTOYO”スマイルプロジェクト」において、Teamsの浸透によるコミュニケーション様式の転換促進をスタート地点とし、社内のデジタル化の推進と、従業員間の相互承認文化の醸成、組織にとって好ましい行動の習慣付けの仕組み作りを支援するツールという位置付けで試験運用を進めてまいりました。
同社では国内拠点だけでなく、インドやインドネシアをはじめとした全世界拠点へと順次TeamStickerならびに社内通貨を使った企業風土/文化形成の仕組みを広めていく計画です。

 
東洋エンジニアリング株式会社
経営企画本部 広報・IR部長 TOYO未来推進部長 飯田渉氏からのコメント
目下TOYOでは企業文化の変革を重点経営施策に掲げ活動しております。2018年度にはDigital Transformation of TOYO (DXoT)と称した全社活動を始動して、聖域なきデジタライゼーションに全社を挙げて取り組む体制を敷いています。

しかし、いざデジタル化に向き合ってみると大きな壁に突き当たりました。2-30代の若手中堅が期待するデジタル化への適応力の高さは世間のスピードをしのぐ一方、経営陣を含むシニア社員にとっては20数年来続いている電子メールと共有サーバーを中心に据えた業務習慣を変えることに対して、非常に堅固な心の壁があったのです。

業種柄高度なエンジニアリング知見を有する多くの社員で構成される当社ですら、ビジネスチャットMicrosoft Teamsの運用に二の足を踏んでいました。そんな中、コミュニティオ社のTeamStickerは、“「ありがとう」を送り合う組織風土の醸成”、“コミュニケーション活性化”、“良い行動の習慣化”、“多様なコミュニケーションツールの確保”、“組織内情報共有”、“社員間の相互承認欲求”、“ブロックチェーン技術の実用”など、デジタル社会に重要となる多くの基盤的要素が組み込まれたサービスを可能としてくれます。また、柔軟で無限の拡張性を兼ね備えたTeamStickerは、TOYOのDXを加速させてくれる重要インフラになっていくことを確信しています。

 


日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 Microsoft 365ビジネス本部 本部長 三上 智子氏からのコメント
株式会社コミュニティオ様のTeamStickerとMicrosoft Teamsの連携の開始を心より歓迎いたします。Office 365 でのチーム コラボレーションのハブとなるTeamsにとってTeamStickerは、コミュニケーション活性化をより促す鍵になります。Microsoft 365ビジネス本部でも、ユーザーとしてさっそく使用したいと考えております。

 

コミュニティオでは、今後も社内通貨サービスの提供を通じて、企業における様々な課題に対してのソリューション提供を行い、日本そしてグローバルに展開する多くの企業における、よりよい従業員エクスペリエンスの実現と従業員エンゲージメントの向上に、少しでも寄与できるようなプロダクトの開発を推進していきます。

※社内通貨とは、社内で利用されることに限定されたポイントなどの名称です。
 


■TeamSticker(チームステッカー)概要
 

TeamStickerロゴTeamStickerロゴ


■サービスURL:
https://communitio.jp/teamsticker/

TeamStickerはMicrosoft Teamsと連携することにより、「感謝」「称賛」を表すステッカーをつけたメッセージカードをおくることができるコミュニケーション促進ツールです。
他の従業員はカードにかかれたメッセージについて共感を示すことが可能であり、企業として称賛される行動を共有、相互承認することで、組織風土や文化形成をサポートします。
 

メッセージカードメッセージカード


また、企業は、「Thanks(ありがとう)」「Congratulations(おめでとう)」「Nice(すばらしい)」といった企業文化の醸成を目的としたステッカーの他、企業の行動指針を表すステッカーを追加することが可能です。

 

ステッカーステッカー


組織内おける相互理解を深めるためのプロフィール機能や、ステッカーの送受信数によって社内通貨が付与されるリワード機能により、積極的なコミュニケーションの活性化を推奨する仕組みとなっています。

 

マイページ(プロフィール・リワード等)マイページ(プロフィール・リワード等)


また、カードの送受信によって形成されるコミュニケーションマップにより、従業員同士のつながりや企業内の隠れた人材、部門をつなぐハブとなっているキーマンを可視化することができます。
 

つながりマップつながりマップ


会社概要

会社名:株式会社コミュニティオ
代表者:代表取締役 嶋田 健作
所在地:東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 39F
設 立:2019年3月19日
URL:https://communitio.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コミュニティオ >
  3. 社内通貨サービス「コミュニティオ」 Microsoft Teamsで社内コミュニケーションと企業文化の醸成を加速する「TeamSticker」の提供を開始