アートとテクノロジー、サイエンスの饗宴 NEW TENDENCY 『未来への潮流』 喜多俊之展

会期:2019年5月24日(金)~6月29日(土)10:00~17:00 場所:大阪芸術大学30号館(アートサイエンス学科棟) (大阪府南河内郡河南町東山469)

大阪芸術大学(学校法人塚本学院/所在地:大阪府南河内郡/学長:塚本 邦彦)は、昨年11月に竣工した新校舎(30号館 アートサイエンス学科棟)にて、プロダクトデザイナーで本学デザイン学科教授 喜多俊之氏の展覧会を開催します。

【NEW TENDENCY 未来への潮流 喜多俊之展】

 喜多俊之教授の作品は海外や、日本のメーカーから家具、家電、ロボットに至るまで多くのヒット製品を生みだし、作品の多くがニューヨーク近代美術館など世界のミュージアムに永久収蔵されております。
 この展覧会の中心となる作品は、1987年にパリのポンピドゥーセンター設立10周年記念として展示公開されたMINERAL SPACE「鉱物空間」。広さ16㎡で、鉄とアルミニウムと銅、それにコンピューター、電気エネルギーなどから成り立っている空間です。当時、新しい時代にどのような住空間が必要とされるのか、「未来に向けての新しい潮流」をテーマに制作されたテクノロジーとサイエンスからなる作品です。同時に、代表作ともなっている自然素材を使った1.8㎥の宇宙、「二畳結界」の精神空間。展示空間となる校舎は、建築家で本学建築学科客員教授の妹島和世氏が設計し、話題となっています。新たなアートを生み出す空間で、喜多俊之教授の代表作をご覧ください。
 5月24(金)には喜多俊之教授によるNEW TENDENCYコンセプトトークを開催いたします。ポンピドゥーセンターで展示された当時のお話を始め、展示作品の解説を行います。
 

■CEREMONY SPACE「二畳結界」
自然 素材を使った1.8㎥の宇宙。
中に座ると何か心が落ち着き、瞑想の空間を自分自身でイメージすることができます。
この二畳の空間は、漆を塗った木の柱と畳からなり、すべてが植物の空間。
畳の文化と精神の文化のメモリーとして提示。

 

■MINERAL SPACE「鉱物空間」
広さ16㎡で、鉄とアルミニウムと 銅、それにコンピューター、電気エネルギーなどから成り立っている空間で、主材料は鉱物。
壁面にはEL画面が備わっていて、電子機器を通して表現される光や映像は、人々の心の中のイメージに大きく影響されます。




<プロフィール>


喜多俊之(きた としゆき)
大阪芸術大学 デザイン学科教授 藝術研究所所長
1969年よりイタリアと日本でデザインの制作活動をはじめ、 家電、ロボット、家具、家庭日用品、伝統工芸品に至るデザインで多くのヒット製品を生む。ニューヨーク近代美術館など世界のミュージアムに永久収蔵されている。
2011年イタリア「黄金コンパス賞(国際功労賞)」受賞。
2017年「イタリア共和国功労勲章コンメンダトーレ」叙勲。
 

【開催概要】  「NEW TENDENCY 未来への潮流 喜多俊之展」
  ・日 時 : 5月24日(金)~ 6月29日(土)10:00~17:00
        (休館日:6月2、9、21、23日)
  ・場 所 : 大阪芸術大学30号館(アートサイエンス学科棟)
【コンセプトトーク】
  ・日 時 : 5月24日(金) 13:30~14:30
  ・場 所 : 大阪芸術大学30号館(アートサイエンス学科棟)

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大阪芸術大学 >
  3. アートとテクノロジー、サイエンスの饗宴 NEW TENDENCY 『未来への潮流』 喜多俊之展