スチュアート・ワイツマン、FALL 2019キャンペーン:SW BOOT CAMP

ついに公開:3部構成からなるシリーズはシーン1からデビュー: #SWDance, 主演はグローバル・スポークスウーマンのケンダル・ジェンナー

ニューヨーク、ニューヨーク州 - スチュアート・ワイツマンのFall 2019 キャンペーン “SW Boot Camp” は女性のエネルギーと力強い大胆さをスチュアート・ワイツマンのブーツを着用し、表現しています。

女性が絶えず複雑かつ変化する役割を再定義している今の時代を舞台に、このキャンペーンはこれまでのブートキャンプの考え方を完全に再定義し、極端なものから絶妙なもの、過度なものからエレガントなものへの変化を表現し、見た目ほど簡単ではないその世界をスチュアート・ワイツマンは受け入れています。
スチュアート・ワイツマンのシューズを語る上で不可欠なのが、どんな足型にもフィットする足幅と充実したサイズの数々。 SWにとってのトレーニング、それは各デザインで提供される快適さを強化することです。SWが強度について考えるとき、それはクラフトマンシップに対する私たちの情熱です。SWがグローバルフットウェアの定義考えるとき、それは私たちがフットウェアの世界で優れたブーツの権威だからです。それが、SW Boot Campです。

キャンペーンにおけるハイエナジーなコンセプトは、2年連続でSWグローバル・スポークスウーマンであるケンダル・ジェンナーによって3つの異なるシーンで表現されています。フォトグラファー兼ビデオグラファーのCharlotte Wales(シャーロット・ウェールズ)、スタイリストのClare Richardson(クレア・リチャードソン)など、クリエイティブアートの先駆者的な女性達によって制作された3つの魅力的なショートムービーのシリーズと印象的なビジュアルがこのコンセプトを象徴しています。

#SWDANCE, SW Boot Campの最初のシーンは、アートなムーブメントを強調しています。
それは、ケンダル・ジェンナーが今シーズンの新作ニーハイ・ブーツ “LESLEY(レスリー)” を着用し、柔軟性と履き心地を実証していると共に、女性のパワフルさと自信を軽やかなダンスによって表現しています。

モダンで安定感のあるブロックヒールの “LESLEY(レスリー)”は次世代のアイコンスタイル。ブランドを代表する素材でもあるストレッチトスエードを採用し、アイコンであるニーハイ・ブーツのディテールを現代にアレンジしたデザインは、ファッション性と機能性、フィット感を兼ね備えたスチュアート・ワイツマンのブランドDNAに忠実なデザインに仕上がっています。

スチュアート・ワイツマンの3部構成からなるFALL 2019キャンペーン・シリーズの第1弾は、2019年9月3日に全世界で公開。

#SWBootCamp #SWFall19 #SWBoots


ABOUT STUART WEITZMAN

デザイナーズフットウェアのグローバルリーダーであるスチュアート・ワイツマンは、世界70カ国以上の旗艦店及び百貨店、ショップインショップ、ブランドEコマースサイトで販売されています。 現在北米、ヨーロッパ、アジアで147の店舗を展開しています。
美しく構築されたシューズを創り出すというアイデアをもとに⽣まれたスチュアート・ワイツマンは、ラグジュアリーブランドとしてファッション性と機能性を融合することをゴールとして掲げています。 スチュアート・ワイツマンは、タペストリー社の傘下にあります。

 

<読者問い合わせ先>
スチュアート・ワイツマン カスタマーサービスジャパン
TEL: 0120-668-056
www.stuartweitzman.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. タペストリー・ジャパン合同会社 >
  3. スチュアート・ワイツマン、FALL 2019キャンペーン:SW BOOT CAMP