ASEが米Jama Software社の国内代理店に

要件・リスク・テスト管理ツ―ル Jama Connect

航空・自動車・医療の分野で実績の多い米Jama Software社の要件・リスク・テスト管理ALMツールをASEが販売・サポートパートナーとして日本へご紹介開始します
アクセラレイテッド・ソフトウェア・エンジニアリング(本社:横浜市中区桜木町、以下ASE)は、Jama Software Inc (本社:米国オレゴン州ポートランド)と代理店契約を締結しました。
今後は日本国内への問い合わせ窓口として要求・リスク・テスト管理ツールであるJama Connectを紹介してまいります。

要件管理ツールとは
Jama Software社の製品であるJama Connect は、要件と設計をリアルタイムで確認するための共同的なアプローチを提供します。Webベースの中央集中型レポジトリに対してステークホルダーが必要なときにフィードバックを提供できるようにすることで、レビューと承認プロセスを簡素化し、応答時間とレビューサイクルを短縮します。

プロジェクトリーダーは仕様変更の要求に対するインパクトを分析し必要な工数を見積り、時には承認済みの競合要件を素早く見つけて提示する事で時間だけがかかって結局は変更要求を拒絶するという悪循環に陥る事をさせる事ができます機能要件、安全要件、そしてセキュリティ要件が複雑に絡み合い開発中に変化を続ける今日の製品開発においてALM(Application Life-cycle Management)ツールは必須の物となりつつあります。ASEでは急成長過程にあるALMツールの市場において米国で多くの実績とシェアを誇るJama Softwareを日本に紹介する事により、国内メーカー様が製品開発プロセスをより包括的かつ完全に把握し、トレーサビリティを拡大出来る様に支援致します。

Jama SoftwareについてJama Softwareは、要件、リスク、およびテスト管理のため開発ライフサイクルの主幹となるプラットフォームを提供します。Jama Connectのサービスにより、複雑な製品、システム、およびソフトウェアを構築するチームは、開発時間を短縮し、品質を高め、手戻りを減らし、コンプライアンスを証明する労力を最小限に抑えます。Jamaの600を超える組織の顧客ベースには、自動車、医療機器、金融サービス、工業製造、航空宇宙などの分野における代表的企業が含まれます。

 

 

詳細な内容、お問い合わせ先は下記をご参照ください。
アクセラレイテッド・ソフトウェア・エンジニアリング合同会社
https://accelsofteng.com/japan/products/jama/ 
mailto:contact@accelsofteng.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アクセラレイテッド・ソフトウェア・エンジニアリング合同会社 >
  3. ASEが米Jama Software社の国内代理店に