エッジコンピューティング処理でリアルタイムに顔認証ができるAIカメラモジュール"Eeye"の提供を開始

AIエッジコンピューティング処理にて顔の特徴点をリアルタイムに解析し、高速かつ正確に顔認証処理の実現を可能とするAIカメラモジュール"Eeye"の提供を開始
性別や年齢などの顔の特徴値を利用したマーケッティングツールや、顔を特定できる特定値比較によるロック解除などへの利用が可能
株式会社WDS(本社:東京都豊島区、代表取締役:山田浩之)は、カメラ単体で顔の特徴点をリアルタイムに解析できるAIカメラモジュール「Eeye」の提供を開始する。

「Eeye」は解析データから特徴点データのみを取り出すことでデータを小容量化することで高速処理を実現しており、解析速度は0.1秒以内に10人の解析を可能。
なお、顔認識率としても99.9%を実現。

 

AIカメラモジュール 「Eeye」AIカメラモジュール 「Eeye」

           製品情報カタログ:http://wd-s.site/aicam/aicamera.pdf
  
「Eeye」の主なスペックは以下。
 ●I/F :USB2.0対応USB3.0
 ●通信プロトコル:UVC
 ●レンズタイプ:M12
 ●ISP:soc統合(最大サポート4K 60fps)
 ●CNN計算能力:1.2T OPS
 ●ビデオストリーム:1080P@30fps
 ●25フレーム/秒
 ●1フレーム同時解析 10人/0.1秒
 

 

​【利用イメージ】

 

 











【製品デモ】
今回、2019年11月20日~22日にパシフィコ横浜(小間番号 B-61-05)にて開催されます「ET/IoT展」へ
デモ機を展示し、実機でのデモンストレーションを実施します。

【会社概要】
 社名   :株式会社WDS
 代表者  :代表取締役 山田 浩之
 設立   :2014年8月6日
 本社所在地:東京都豊島区南大塚3-50-1 ウィンド大塚ビル412
 URL    :http://www.wd-s.com

【本件に関するお問い合わせ先】
 メール:info@wd-s.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WDS >
  3. エッジコンピューティング処理でリアルタイムに顔認証ができるAIカメラモジュール"Eeye"の提供を開始