NIGOROとroom6が東京ゲームショウ2019に伝説のおビンタバトルゲーム「薔薇と椿」スマートフォン版を出展!

株式会社room6 (本社:京都市左京区、代表取締役:木村 征史)は、NIGORO開発、伝説のおビンタバトルゲーム「薔薇と椿」スマートフォン版を、9月12日(木)〜9月15日(日)の4日間、千葉県幕張メッセで開催される日本最大のゲームイベント「東京ゲームショウ2019」に出展することをお知らせいたします。

 


スマートフォン版「薔薇と椿」とは

2007年に公開され、その独特の世界観やシンプルで奥深いゲーム性で世界中に旋風を巻き起こした伝説的Flashゲームです。累計1,500万回プレイされ、日本のみならず海外でもカルト的人気を誇ります。その伝説的Flashゲーム『薔薇と椿』が今年スマートフォン向けゲームとして復活します。スマートフォン版では、Flash版「薔薇と椿」より更に格闘要素を増し、シンプルな操作ながら奥深いゲームとなる予定です。
 

 


NIGOROとは

2001年に結成された日本を代表するインディーゲーム開発チームです。2005年にリリースされた「LA-MULANA」は世界中で話題となり、累計50万本の大ヒットを記録しました。2014年にクラウドファンディングサイトKickStarter上で続編開発プロジェクトを実施し$26万を集め、2018年に「LA-MULANA2」をリリース。名実ともに日本のインディーゲーム界を牽引してきた開発チームです。「薔薇と椿」ではNIGOROとして初のスマートフォン向けタイトルという事で、同じ関西を主戦場とするroom6とタッグを組み、スマートフォン向けゲームとして開発を進めています。
 



東京ゲームショウ2019で先行体験&グッズ配布実施

「薔薇と椿」は9月12日(木)〜9月15日(日)の4日間、千葉県幕張メッセで開催される日本最大のゲームイベント「東京ゲームショウ2019」内「インディーゲームコーナー」ホール10の【10-E05】で試遊展示いたします。
会場ではスマートフォン向け「薔薇と椿」の先行開発版を試遊頂くことが可能です。更にメインビジュアルを使ったフライヤーや、ポストカード、ビンタステッカー、薔薇&椿ステッカーなどの無料配布を行います。皆様ぜひブースまでお越しくださいませ。
 

 

メインビジュアルメインビジュアル

 

薔薇&椿ステッカー薔薇&椿ステッカー

ビンタシールビンタシール

 


STORY

華族、椿小路家長男俊介の嫁として嫁いだ玲子。その次の日に夫は息を引き取った。椿小路家の人々の高貴ないびりが続く中、玲子の中の庶民の血が燃え上がる。俊介にもらった薔薇の花を胸に、玲子は椿小路家の人々に宣戦を布告したのである。「椿小路家は長男の嫁である私が頂く。」
……これは女たちの華麗なる戦いである。


登場人物





<スマートフォン版「薔薇と椿」基本情報>

タイトル名:薔薇と椿
ジャンル:おビンタ格闘バトルゲーム
プラットフォーム:iOS / Android
発売地域:グローバル
価格:無料
開発:NIGORO
配信、開発協力:room6
発売日:2019年内を予定

公式ページ:
【NIGORO】http://nigoro.jp/ja/
【room6】https://www.room6.net/
Twitter:https://twitter.com/room6_pr

Copyright © 2019 NIGORO & room6 Inc. All Rights Reserved.
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社room6 >
  3. NIGOROとroom6が東京ゲームショウ2019に伝説のおビンタバトルゲーム「薔薇と椿」スマートフォン版を出展!