AI サイバーセキュリティベンチャー企業CyCraftがシリーズBラウンドで総額565万ドルの資金調達を実施

次世代AI制御による自動サイバーセキュリティ・ソリューションの開発およびアジア展開を加速する

人工知能(Artificial Intelligence, AI)テクノロジーとサイバーセキュリティ攻防の自動化を得意とするCyCraft社は2019年9月2日、 シリーズBラウンドで、シンガポールと台湾に拠点を置く投資会社、 パビリオン・キャピタルとCIDグループから総額565万ドルの資金調達を実施したと発表した。 同社はこれをAI制御による自動サイバーセキュリティの研究・開発費と、 アジア市場での拡大資金に充てる。 今回の調達よりシード、 シリーズA、 シリーズBの累計調達額は815万ドルとなる。
CyCraft はまた、 CyCraft AI SecOps Platform(AI 主導型セキュリティ運用プラットフォーム)の正式リリースを発表。 このプラットフォームにより、 台湾・日本・東南アジアなどのサイバーセキュリティ・サービス企業がAI 主導型のサービスを提供することが可能になる。 同プラットフォームは大きく3つの製品からなる。

1つ目の Xensor はフォレンジックとレメディエーションの双方に対応している、 軽量で高度なエンドポイントエージェント。 2つ目の CyCarrierは、 サイバーキルチェーンを積極的に脅威ハンティングするAI機能及び高速対応のための高効率なUI/UXを持つコックピットだ。 AIが副操縦することによって効率的に状況を視覚化し、 攻撃の侵入経路を高い自動化でまとめ上げ、RootCauseを捜し出す。同時に各経路ステップで、MITRE 社の ATT&CK フレームワークへのマッピングを行い、アナリストの認知及び調査を加速させる。

そして、 3つ目のCyberTotalは脅威インテリジェンスの収集及び整理を自動化するプラットフォームである。世界20近くのソースから集めたセキュリティ情報をアナリストがIOCの深刻度について瞬時に判断できるように整備されている。またCyCarrierへのIOC提供により、常に最新の情報に基づいた脅威ハンテイングを可能としている。

パビリオン・キャピタルのチーコン・チョウンは、 「サイバーレジリエンシーのための革新的な人工知能の研究・開発に強いCyCraft は、 サイバーセキュリティ業界を席巻する大きな変化の最前線にいる」と述べた。

また、 CIDグループのスティーブン・チャン会長は、 「技術破壊の時代において、 サイバーセキュリティはあらゆる産業にとって差別化のカギとなる。 CyCraftの直近18ヶ月間のパフォーマンスは、 同社のビジョンとテクノロジーへの注力を示すものだ」と語った。

CyCraft について
CyCraftはフォーチュン500企業や各国政府をクライアントに擁するテクノロジー企業です。 AIを活用することで、 IT・OT・IoT・クラウドで連結した複雑でダイナミックなサイバー空間における防御の自動化とレジリエンシーをもたらすことを目指している。 AI、 サイバー犯罪調査、 インシデント対応、 ハッキングコンテストの DEFCON CTF や、 軍用レベルのセキュリティ防御で業界をけん引する、 熱意あるセキュリティ専門家やソフトウェアエンジニア、 データサイエンティストで構成されています。 台北に本社を置き、 台湾・シンガポール・日本・タイ・インドネシア・フィリピン・マレーシア・ベトナムのアジア8ヵ国でパートナー企業に Autonomous SecOps Platform を提供しています。 詳しくは www.cycraft.com をご覧ください。

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CyCraft Japan >
  3. AI サイバーセキュリティベンチャー企業CyCraftがシリーズBラウンドで総額565万ドルの資金調達を実施