国内唯一の工芸品サブスクリプション型サービス "CRAFTAL" 家庭向けサービス提供開始

株式会社Culture Generation Japan、合同会社Catalは、2020年5月28日(木)、伝統工芸品のサブスクリプションサービスCRAFTAL(クラフタル)の家庭向けサービス https://craftal.jp/pages/customer-plan を提供開始致します。


自宅時間をどう過ごす?日々の食事をもっと楽しむ方法とは
現在、コロナ禍による外出自粛や休業要請などで食事は外食から内食へシフトし、ステイホームの呼びかけにより、テイクアウトやデリバリーなどを利用しながら自宅時間をより楽しもうという機運が高まっています。2019年に飲食店向けの伝統工芸の器のサブスクリプション型サービスを開始したCRAFTALでは、今だからこそ、伝統工芸の器を多くの方々に利用していただく機会を創出し、自粛下でも食事を楽しむ時間を提供したいと考えました。

ステイホームの今だから…伝統工芸の器と食で美味しく豊かなおうち時間を
伝統工芸の器を飲食店のみならず、多くの方々に気軽に楽しんでいただけるよう、CRAFTALの家庭向けサブスクリプション型サービスを2020年5月28日(木)より提供開始致します。自宅での食事の機会が増加する中、SNSでも自身の手料理やお取り寄せの食事を器と合わせて楽しむ投稿も多く見受けられます。多くの方々に、器が変わるだけでもっと美味しく感じることができること、ストーリーのあるもので彩る食卓の豊かさなど、器と食があるステイホーム時間を楽しんでいただきたいと思っております。

CRAFTALのポイント
  • 日本全国の工芸品をご自宅の日常に
工芸品は高くて手が出せない…そんなイメージをなくすため、CRAFTALでは「本物の工芸品」をお手頃価格で利用いただけます。利用する工芸品は、自分で選んでもよし、プロに任せてもよし。おうちで工芸品を楽しむ暮らしをお楽しみください。
  • 好みに合わせて工芸品を交換・購入も可能
おうちでの食事を楽しむためにも、いろんな食器を選んで楽しみたい!それでも普段使える数は限られているし、収納スペースの確保も大変。CRAFTALなら毎月、工芸品を交換することができるので、収納スペースを心配することもなく、季節や好みに合わせた工芸品の食器をお楽しみいただけます。気に入っていただけた工芸品は購入も可能です。
  • キュレーターが工芸品選びをサポート
知識がなくても気軽に工芸品を選べるのがCRAFTALです。スタイリングの好みを伝えるだけで、プロがあなたに合う工芸品を選んでお届けします。もちろん自分で工芸品を選ぶこともできます。なお、工芸品の指定に追加費用はいただきません。

サービス概要
内容:伝統工芸品のサブスクリプションサービス(ご家庭向けプラン)
利用方法:CRAFTALのWEBサイトより申し込み
https://craftal.jp/pages/customer-plan
価格:スタータープラン*:月額1000円(器5点)/ ベーシックプラン:月額3000円(器5点)/ プレミアムプラン:月額5000円(器10点)
*初月のみ月額1000円(器5点)のスタータープランを利用可能。初月経過後継続利用する場合は、月額3000円(5点利用)、5000円(10点利用)いずれかに設定
商材:有田焼や瀬戸焼、清水焼などの陶磁器や漆器、江戸硝子などをはじめ、プロのキュレーターが全国各地から厳選したプロユースの伝統工芸品各種

 

*取扱商品例

食と器、そして世界の食文化を繋ぎ広げるために
伝統工芸業界は製品開発や販路開拓力の不足など共通の問題を抱えており、流通量や売上高は年々減少しています。消費者の生活の中でもその流れが顕著に表れており、ご家庭での購入機会も減少している状況です。CRAFTALは、これらのサービスを通し、伝統工芸品の認知機会の創出と利用推進はもちろん、日本の食と器のものづくり、ことづくりを通して、ローカルとグローバルを繋ぎ、世界の食文化の継承と進化に貢献することを目指しています。

CRAFTALメンバー
共同代表:堀田 卓哉(Craftal 共同代表/ 株式会社 Culture Generation Japan)
大学卒業後、株式会社セリク入社。フランスの技術や商品を日本企業に導入する仕事に携わる。その後モナコ大学でMBAを取得し、2006年より株式会社ホンダコンサルティングに。HONDAグループの経営再建を行う。2011年、株式会社Culture Generation Japanを設立。東京都美術館との「Tokyo Crafts&Design」ほか、伝統工芸品やその技術を国内外へ広く紹介している。

共同代表:浦田修伍(Craftal 共同代表 / 合同会社 Catal)
1993年大阪府生まれ。幼少期を中国、ドイツで過ごす。大学在学中よりUI/UXデザイナーとして、ITスタートアップ企業にてサービス設計や情報設計を担当。2019年に合同会社Catalを設立し、ブランド設計や地域での観光商材の開発、また新規事業創出のモデルづくりを行っている。

キュレーター:安田亜紀(木蓮舎 コーディネーター)
日本の工芸品をはじめ器を中心とした日本全国の陶磁器・硝子食器の商品開発、商品プロモーションやプランニングを中心に行う。窯元や作家などの作り手のサポートも行い、作り手に寄り添い工芸品の紹介を行っている。

仕入れ・物流:井澤秀哉(株式会社井澤コーポレーション 代表取締役)
1900年 井澤艶五郎商店として創業。主に徳利・盃の製造販売を手掛ける。2010年 株式会社 井澤コーポレーションに社名変更。インテリア・雑貨小売店向けの陶磁器販売を中心に行う。東京・南青山に直営店『at Kiln AOYAMA』を経営。

CRAFTALについて
CRAFTALは、月額で食器の利用・交換が行える、飲食店・ご家庭向けの伝統工芸品サブスクリプションサービスです。「初期コストが抑えられる」「ストックスペースを抑えられる」「上質な素材とシンプルなデザイン」が特徴でコストを抑えながらアップデートしていくことができます。四季の移ろいを大切にする日本だからこそ、季節のお料理やレストランのスタイルに合わせた、理想のお店づくりをサポートします。
www.craftal.jp 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Culture Generation Japan >
  3. 国内唯一の工芸品サブスクリプション型サービス "CRAFTAL" 家庭向けサービス提供開始