9月13日(金)、"ひやおろし"解禁!石川県酒造組合連合会等が実施するキャンペーンで、飲食店向け日本酒接客ツール「SAKELOGY」が採用。

秋の風物詩である「ひやおろし」は、冬の寒い時期に醸造した清酒を夏が越えるまで熟成させ、まろやかで味わい深く仕上げたお酒です。石川県酒造組合連合会、北陸三県卸売酒販組合及び石川県小売酒販組合連合会の三者が連携したキャンペーン、「石川ひやおろし」を9月13日から28銘柄のひやおろしを県内で一斉発売します。その販売促進に日本酒に特化したスタートアップ・SAKELOGY(サケロジー)のサービスが採用されました。

▼「石川ひやおろし」販促キャンペーンにおける、SAKELOGYの役割
 

SAKELOGYは、QRコードをスマホで読み取るだけで、この28銘柄の詳細情報を簡単に取得できるツールです。しかも言語はワンタップで英語に切り替えられるため、外国人観光客の接客にも活用できます。飲食店の方にとっては近年石川県でも増加しているインバウンド需要を取り込むことが可能。加えて、飲食店のオススメ料理と相性のよい日本酒を紹介できるペアリング機能により、料理と日本酒両方の売上アップに貢献します。

なお日本酒メニューは、SAKELOGYのシステム上で簡単に作成することができます。ひやおろしのような季節限定のお酒を入荷した飲食店の方は、必ずメニューを新しく作ることになりますが、SAKELOGYならその手間は3分で済みます。

さらに今回の石川ひやおろしキャンペーンでは、今年のひやおろしの紹介に加えて、ひやおろしを「飲めるお店」「買えるお店」を探せるwebサイトを公開します。webサイトでは、マップ上にお店のアイコンが一目でわかるように配置しています。気になるお店を選択すると、google mapがお店まで誘導してくれます。


▼石川ひやおろし「飲めるお店」「買えるお店」webサイト(9月13日公開)
https://www.ishikawa-sake.jp/seasonal/2019/hiyaoroshi/
 

「石川ひやおろし」を飲めるお店・買えるお店のwebページが公開!「石川ひやおろし」を飲めるお店・買えるお店のwebページが公開!

 




 

▼日本酒を提供する飲食店向け「ひやおろしメニュー作成キャンペーン」!

 

ひやおろしメニューの見本です。(英語ver)ひやおろしメニューの見本です。(英語ver)


SAKELOGYに登録されている銘柄情報はひやおろしに限らず、5000銘柄を超えました。特に石川県は蔵元の方のご協力により、登録銘柄数は500を超え、まだまだ増えています。

SAKELOGYでは、今回のひやおろし販売キャンペーンに合わせて、すべての機能を使うことができるPremium Plan(プレミアムプラン) を1ヶ月無料でお試しいただけるキャンペーンを実施しています。

この機会に、日本酒のメニュー作成やお客様への説明、スタッフの教育、海外のお客様への英語対応、日本酒と料理の相性説明でお悩みの飲食店の方をより一層支援してまいります! 

 

 







▼「ひやおろしメニュー作成キャンペーン」特典
SAKELOGYでひやおろしメニューを作成していただいたお店への特典をご用意しております。
お好きな「石川ひやおろしPOP」を、1店舗あたり8枚を無料でご提供します!
 

「ひやおろしメニュー作成キャンペーン」特典「ひやおろしメニュー作成キャンペーン」特典

 





▼SAKELOGYサービスの詳細、登録、使い方はこちらから

【ホームページ】

http://sakelogy.jp/shop/
 

【使い方動画】




本件に関するお問合せ先
──────────────────────
株式会社SAKELOGY 
担当:星野、友清
メール:info@sakelogy.jp
HP: http://sakelogy.jp/

プレス用素材はこちら
https://drive.google.com/drive/folders/1QTerxlfgeFLz04UK7wL-qEYl5fLxbf-6?usp=sharing
──────────────────────
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SAKELOGY >
  3. 9月13日(金)、"ひやおろし"解禁!石川県酒造組合連合会等が実施するキャンペーンで、飲食店向け日本酒接客ツール「SAKELOGY」が採用。