アダコテック、スタートアップ登竜門のピッチイベント「IVS LaunchPad」で優勝

~ 自社技術「HLAC」を活用した画像解析によるモノづくりの検査・検品の自動化を提案 ~

「HLAC(エイチラック)」特徴抽出法※を用いた画像・動画解析によりモノづくりの検査・検品の自動化を促進する株式会社アダコテック(本社:東京都千代田区、代表取締役:河邑 亮太、以下、アダコテック)は、7月31日(金)に開催されたスタートアップの登竜門となるピッチイベント「IVS LaunchPad」の最終選考を勝ち抜き、優勝いたしましたのでお知らせいたします。


 アダコテックは、産業技術総合研究所(産総研)が開発した「HLAC(エイチラック)」特徴抽出法用いた画像・動画解析技術を軸に、従来よりも効率的な異常検知を可能とするソフトウェアを提供しているテクノロジーカンパニーです。本技術は、少ないデータ量で高精度の解析ができるほか、異常として学習したものを検出するのではなく「正常を逸脱したものを検出する」モデルのため、前例のないようケースも含めてほぼ100%異常を検出することが可能です。また、常時並列演算を必要としないことから計算処理の負担が小さく、ノートパソコンのような汎用PCでもミリ秒オーダーの処理を実現・運用できるのも強みです。現時点では「動画」「静止画」「音」「センサデータ」の各インプットデータに合わせた4つの異常検知システムを用意しており、これらを用途や対象に合わせて適切に組み合わせて提供し、顧客の課題解決に取り組んでいます。これまでの実績としては、大手自動車部品メーカーをはじめとする製造業の実ラインに検査・検品の画像解析ソリューションを複数導入済であるほか、株式会社三井E&Sマシナリーと共同で実用化を行ったトンネルの劣化をレーダ探査を活用し非破壊検査を行う技術や、大規模商業施設や鉄道インフラ等への不正侵入の監視を自動化する動画解析ソフトウェアをセントラル警備保障株式会社に提供しており、各産業において技術の実用を進めています。

 「IVS LaunchPad」は、株式会社インフィニティベンチャーズサミットが運営する国内最大級のスタートアップカンファレンス「Infinity Ventures Summit 2020」のプログラムの1つであり、これからの未来を創造する挑戦者が集うピッチイベントです。過去最多となる応募者の中から勝ち抜いた14社が、7月31日(金)に開催された最終選考に登壇いたしました。アダコテックは、モノづくりの現場における深刻な人材不足を解決するソリューションとして、「HLAC(エイチラック)」特徴抽出法を用いた画像・動画解析によりモノづくりの検査・検品の自動化に関するプレゼンテーションを行いました。本技術を用いたソリューションは、従来のAI・ディープラーニング を用いた検査・検品と比較し少量のデータで極めて精度の高い学習モデルを構築でき、また不良品データなどの異常データも必要なく正常データのみで異常検出が可能なモデル構築が可能です。また、計算過程や結果を明示することもでき、結論に至る判断がブラックボックス化してしまうということも避けられます。さらに、計算リソースの負荷が少ないため、一般的なPCのCPUを用いて計算処理を行うことが可能です。

 アダコテックは、「IVS LaunchPad」での受賞を励みに、モノづくりの現場への自社ソリューションの実装を一層促進することで、検品・検査の自動化に取り組むとともに、製造業界の進化と革新をサポートする事業の展開を目指します。

 ※HLAC特徴抽出法:
画像の解析や認識等に用いられる認識精度に優れた汎用かつ高速な特徴抽出法。検査対象の形状や大きさを計算する際、複雑な処理を行うDeep Learning技術とは対照的に、画素値(各画素の色の濃淡や明るさを表す値)を積和演算するのみで算出可能なので、市販PCで瞬時に計算できる。また、位置不変性(認識対象の位置が変わっていても同じものだと認識できること)及び、加法性(対象が2つある場合にそれぞれの特徴の和が全体の特徴となること)という特性から、画像のなかで同じものを表す領域の境界線を見つける必要がないことや(セグメンテーションフリー)、画像に複数の異常が発生した場合も個別に特徴を認識することができるといった、画像認識にとって好ましい性質を備えた特徴抽出法である。

■ IVS LaunchPadについて
開催日:2020年7月31日(金)
募集対象:インターネット、モバイル、ソフトウェア、デジタルコンテンツ、コンシューマーエレクトロニクス(ロボット含む)の製品・サービスなどネット・IT全般を対象
プレゼン企業数:14社
プレゼン形式:1社6分のデモンストレーション(事前トレーニング・メンタリング有)
審査プロセス:1次審査 書類審査、2次審査以降 プレゼンテーション、Q&A/メンタリング(30~60分程度)
評価ポイント:新規性/ユニークさ、市場性/将来のスケーラビリティ、プレゼン力/構成力
WEBサイト:http://ivs-launchpad.mystrikingly.com/

 ■ アダコテック評価のポイントについて(Infinity Ventures Summit 島川敏明CEO)
新規性及びユニークさ、ビジネスとしての可能性を評価させていただきました。産総研から生まれた独自の技術と既存産業への幅広い応用の可能性が素晴らしいと考えております。IVS LaunchPad卒業生から多くのIPO企業が生まれているため、今回優勝されたアダコテック様の益々のご活躍を楽しみにしております。

 ■ 株式会社アダコテックについて


アダコテックは産業技術総合研究所(産総研)が開発した「HLAC(エイチラック)」特徴抽出法用いた画像・動画解析技術を軸に、従来よりも効率的な異常検知を可能とするソフトウェアを提供しているテクノロジーカンパニーです。本技術は、少ないデータ量で高精度の解析ができるほか、異常として学習したものを検出するのではなく「正常を逸脱したものを検出する」モデルのため、前例のないようケースも含めてほぼ100%異常を検出することが可能です。また、常時並列演算を必要としないことから計算処理の負担が小さく、ノートパソコンのような汎用PCでもミリ秒オーダーの処理を実現・運用できるのも強みです。検査・検品の自動化をはじめ、お客様の生産性向上に技術で貢献し、「モノづくりの進化と革新を支える」というビジョンを実現していきます。

会社名: 株式会社アダコテック
設立: 2012年3月
所在地: 東京都千代田区神田小川町3-28-5 axle御茶ノ水302
代表: 代表取締役 河邑 亮太
資本金: 1億円(資本準備金含む)
サービス内容:
①    製品検査・検品の自動化
②    生産設備の異常検知
③    社会インフラの検査・異常検知
URL:https://adacotech.co.jp/service

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アダコテック >
  3. アダコテック、スタートアップ登竜門のピッチイベント「IVS LaunchPad」で優勝