ブロードリーフ、フィリピンにEV三輪車両3,000台納入実績があるBEMAC PhilippinesとMOU締結。

~モビリティ関連のアフターサービス事業に関する総合プラットフォームの確立を目指す~

 自動車アフターマーケット※1を中心にITサービスを展開する株式会社ブロードリーフ (本社:東京都品川区、代表取締役社長:大山 堅司、以下「ブロードリーフ」)、およびASEAN地域において自動車補修部品流通におけるデータベースの開発、管理を行う子会社Broadleaf I.T. Solutions Inc. (本社:フィリピン メトロマニラ マカティ市、代表取締役社長:後藤 晃、以下「BLITS」)は、2020年7月20日(月)、ASEANおよび南アジア諸国で電動化車両の普及に向けたEV事業を展開するBEMAC Electric Transportation Philippines Inc.(本社:フィリピン カビテ州 カルモナ市、代表取締役社長:永井 一男、以下「BEMAC Philippines」)とフィリピンにおけるモビリティ関連のアフターサービス事業に関する総合プラットフォームの確立に向けたMOU(覚書)を締結いたしました。

 

 

<本MOU締結の目的>
 フィリピン国内では、人々の主要な交通手段である三輪車両(トライシクル)をはじめとするガソリン車の排気ガスによる大気汚染が社会問題となっており、政府主導で排気ガス削減を目的としたEV車の導入を進めています。また、車両の維持と安全運行を担保するための、点検・整備、部品流通を担うインフラ(自動車アフターマーケット)を構築しなければならない課題を抱えています。

  本MOU締結は、フィリピン政府にEV三輪車両3,000台納入の実績があり、フィリピンをはじめ、ASEAN各国で、EV三輪車両の普及を進めるBEMAC Philippinesと、日本市場で自動車アフターマーケットに関わる事業者にITサービスを提供するブロードリーフ、フィリピンにおける部品流通市場の確立を目指すBLITSの3社が協働することで、EV車の生産、投入から点検・整備、補修部品流通に至るまでの工程をワンストップで提供するインフラを構築し、IT化を進めるなどの自動車アフターマーケットのプラットフォーム化を促進することを目的としています。

 ブロードリーフは、本MOU締結に基づき、3社間で協働することで、フィリピンにおける本事業のプラットフォーム化に向けた取り組みを促進すると共に、これまで日本市場で得たナレッジとテクノロジーの力を生かし、一連のイノベーションを加速させるため、今後フィリピンにおける主要都市政府および、MaaS関連の民間事業者と連携してまいります。

※1: 車を購入してからの、給油、自動車アクセサリーの購入、車検、点検整備、部品交換、車の売却、廃棄処理などの市場領域を指します。
 
【BEMAC Electric Transportation Philippines Inc. 概要】
大型船舶の電気機器全般の設計・製造・工事・メンテナンスを一貫して手掛ける舶用機器メーカー「BEMAC株式会社」がフィリピンにて展開する子会社。フィリピン国内における主要な移動手段である三輪車両(トライシクル)の電動車両 E–Trikeを開発・販売しており、2019年9月までにフィリピン政府に3,000台の納入実績がある。

本社所在地:フィリピン カビテ州 カルモナ市
代表取締役社長:永井 一男
URL:http://www.bemac-philippines.com/

【Broadleaf I.T. Solutions Inc.概要】
本社所在地:フィリピン メトロマニラ マカティ市
代表取締役社長:後藤晃(株式会社ブロードリーフ 海外事業統括室 フィリピン事業課)

【株式会社ブロードリーフ 概要】
本社所在地 :東京都品川区東品川4‐13‐14 グラスキューブ品川8F
代表取締役社長:大山 堅司
URL:https://www.broadleaf.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ブロードリーフ >
  3. ブロードリーフ、フィリピンにEV三輪車両3,000台納入実績があるBEMAC PhilippinesとMOU締結。