30代40代の敏感肌さん100人のエイジングケア意識調査:約9割が実年齢よりも若く見られたいと思っている

ヒツジノ合同会社(本社:大阪府中央区 代表:伊藤羊子)は、2019年8月25日、敏感肌の30代~40代女性100人を対象に「敏感肌のムダ毛ケア・脱毛に関するアンケート」の調査を実施しました。


20代~40代の敏感肌女性をターゲットにした美容スキンケアメディア「敏感肌のスキンケア研究所( https://binkanhada-skincare.net/ )」において、「エイジングケアに対する意識、実際に行っているケア」について、アンケート調査を行いました。

この調査のすべての内容はこちらのページにてご覧いただけます。
https://binkanhada-skincare.net/antiaging-survey/

以下、調査内容を抜粋して概要をお伝えします。

「実年齢よりも若く見られたいと思いますか」という設問に対して、100名の敏感肌女性のうち89%が「はい」と答えました。
 


また、自分の見た目年齢についてどう思っているか、という設問に対しては以下のような回答が集まりました。
 


年相応に見えると思う人が30%、実年齢よりも若く見えると思う人が51%、実年齢よりも年上に見えると思う人が27%と、「自分は実年齢よりも若く見える」と思っている人が約半分にのぼりました。
 


自分の顔を見て年齢を感じる部分は、という質問に対しては、
  • しみ、肝斑
  • ほうれい線
という「パッと目につきやすい点」が気になるという回答が目立ちました。

また、「エイジングケアを意識するタイミングやきっかけは?」という質問(自由回答)に対しては、たくさんの熱い声が寄せられ、
  • 友達が撮ってくれた写真に写った顔を見て、以前よりだいぶ老けたなと思いました…。
  • 外出中に鏡に写った自分を見た瞬間、「どこのおばさん!?」と思いました。初めて自分を見る人はこういう印象なのかとショックを受け、これからは少しでも若く見えるよう努力したいと思いました。
  • 毎日寝る前にスキンケアをする時に、メイクを落とした自分の顔にがっかりするようになってから、エイジングケアを本格的に意識し始めました。
など、日常のふとしたきっかけで自分の年齢による変化に気付き、エイジングケアを意識し始める人が多いことが分かりました。
 


毎日のスキンケアにエイジングケア化粧品を取り入れているか、という質問に対して、「日々取り入れている」と答えたのは半数以下の41%に留まりました。

「たまに、部分的に」「自分ではしないがエステなどを利用」と回答した人を合わせると約7割の人が何らかのエイジングケアをしていることが分かります。

一方で、日々の忙しさ(育児、仕事など)でとてもスキンケアに力を入れる余裕はない、エイジングケア化粧品は高額で継続できない、といった声も寄せられました。

【上記内容含め、すべての調査結果はこちらのページからご覧いただけます】
https://binkanhada-skincare.net/antiaging-survey/


【敏感肌女性のエイジングケアに関するアンケート】
調査対象:敏感肌30代~40代女性100名
調査期間:2019年8月25日
調査方法:インターネット調査
調査会社:自社調べ(ヒツジノ合同会社 https://hitsujino.net/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヒツジノ合同会社 >
  3. 30代40代の敏感肌さん100人のエイジングケア意識調査:約9割が実年齢よりも若く見られたいと思っている