MBA甲子園「JBCC(⽇本ビジネススクール・ケースコンペティション)2019」開催決定のご案内

~スマート農業時代、農機業界の次なる一手にMBA生が英知結集~

 ⽇本ビジネススクール・ケースコンペティション(以下JBCC)実⾏委員会は、本年度で第10回を迎える
​「JBCC 2019」を開催します。JBCCは、慶應義塾大学MBA(経営学修士)を母体に創立された、国内MBA(経営学修士)⽣が経営学の知識を総動員し、仮想のビジネス課題(ケース課題)に挑む、国内最⼤級のケースコンペティションです。有志のMBA⽣によって構成される実⾏委員会が⼤会を運営し、国内MBAの価値向上と交流活性化を⽬的としております。

⼤⼈が真剣に取り組む、年に⼀度の“MBA甲⼦園”、第10回記念大会となる今年は例年以上に熱い戦いが期待されます。多くの企業様からの協賛に加え、文部科学省様からは優勝チームへの「文部科学大臣賞」授与も予定されています。

今年のケース課題は、国内外問わず業界的にも今後大きな変化が起こると想定される、農機メーカーの成長戦略を考えるケースコンペティションとなっております。そこで、関連する団体様にお知らせしたく、プレスリリースを送付させて頂きました。
1. 本選概要

⼤会名:JBCC 2019(⽇本ビジネススクール・ケースコンペティション 2019)

⽇時:2019年 7⽉ 21⽇(日)

場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス 藤原洋記念ホール(協生館2F)

※⼀般観覧の詳細はこちら: https://jbcc.jimdo.com/本選案内/

2. ⼤会詳細

●日時場所: 7/21(日)慶應義塾大学 日吉キャンパス 藤原洋記念ホール(協生館2F)

 08:15  受付開始 ※受付終了8:50予定 

09:00  開会式 

09:40  セミファイナル プレゼンテーション

13:15  グランドファイナル 開会

17:25  表彰式・審査員からの講評 

18:30  閉会 

19:00  本選出場者懇親会

住所:〒223-8526  神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1

地図:https://www.keio.ac.jp/ja/maps/hiyoshi.html




 

●参加対象

ビジネススクール、⼤学院(経営学に関わる)に属する学⽣

※将来的に学位取得の⾒込みがあるもの

●参加形式

チーム制(1チーム当たり2名〜5名の複数メンバー、1校につき何チームでも可)

※他大学複合メンバーによる混成チームでの参加も可

●主催

⽇本ビジネススクール・ケースコンペティション実⾏委員会

※国内ビジネススクールの学⽣から構成される任意団体です。

●協賛

株式会社日本経営、株式会社クライス&カンパニー、株式会社キューブアンドカンパニー、株式会社経営協創基盤(IGPI)、コーポレート・ドクター株式会社、一般社団法人 日本ターンアラウンド・マネジメント協会、フェリックス・パートナーズ株式会社、フロンティア・マネジメント株式会社、株式会社ダイヤモンド社、株式会社中島商会、株式会社ファーストデコ、株式会社GIRON、株式会社ユーザベース、   株式会社グローバルインフォメーション、日本創生投資、株式会社コーポレイト・ディレクション、一般社団法人People Analytics &HR technology協会、株式会社フォーリープ、株式会社プロコミット
※文部科学省・農林水産省後援

●公式HP

http://jbcc.jimdo.com/

http://www.facebook.com/JBCC.MBA/(facebookページ)



3. 2018年度の参加実績

全国各地の22校の⼤学院より、161チーム、681⼈が参加

参加校:⻘⼭学院⼤学、小樽商科大学、関西学院大学、北九州市立⼤学、京都⼤学、グロービス経営⼤学院、KIT ⻁ノ⾨⼤学院(⾦沢⼯業⼤学)、慶應義塾⼤学、神⼾⼤学、事業創造⼤学院⼤学、城西国際大学、信州大学、筑波大学、中央⼤学、同志社⼤学、名古屋商科⼤学、⼀橋⼤学、マギル⼤学、明治⼤学、⽴教⼤学、⽴命館⼤学、早稲⽥⼤学
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JBCC実行委員会 >
  3. MBA甲子園「JBCC(⽇本ビジネススクール・ケースコンペティション)2019」開催決定のご案内