平城宮跡歴史公園で「マイクロ・ロボットタクシー」、マクニカと共同で4ヶ月間の社会実験を開始

独自のソフトウェア技術で自動運転を民主化する

平城宮跡歴史公園(奈良県奈良市)で取り組んでいる「パークスマートチャレンジ」において、PerceptIn Japan合同会社は、株式会社マクニカと共同で、自動運転の8人乗りの低速電動車両(LSEV)を使用したモビリティサービスの社会実験を開始します。この社会実験によって来園者の回遊性を向上させることができるか、さらにアトラクションとしての集客性を発揮できるかを検証します。併せて、公園サービスとしての事業性、将来のまちづくりに貢献するモビリティとしての社会受容性についても検証します。期間中は、悠久の都で、最先端技術による移動を体験していただくことができます。

「パークスマートチャレンジ」は、スマートシティの取組の一環として、AIやIoTなどの新技術を活用し、公園の抱える課題の抜本的な解決や、公園利用者サービスの創出などによる一層の魅力向上を目指す取組です。

この社会実験の結果等を踏まえ、PerceptIn(パーセプティン)とマクニカは、公園サービスとしての実用化を目指すとともに、奈良や日本各地のまちづくりにおけるスマートシティ実現に向けて共同で取り組んで参ります。

マイクロ・ロボットタクシーで自動運転の民主化を目指します


PerceptInは、GPSやコンピュータビジョン(カメラ)などの情報を統合する独自のソフトウェア技術によって、高価なLiDARや高精度3Dマップを使用せずに、LSEVに最適な超低コストの自動運転ソリューションを実現しました。マイクロ・ロボットタクシーは、最寄駅と自宅間のラストマイル、地域住民の生活の足、そして観光スポット間の移動などのための、公共交通や既存の交通手段を補完する、まったく新しいコンセプトのマイクロモビリティ(短距離の移動手段)です。

自動運転の車両を安価にご提供できれば、公共交通の衰退による交通弱者の増加や、高齢ドライバーによる事故といった社会課題を抱える地域にも、必要かつ十分な台数の車両を導入していただくことが可能になります。それをPerceptInは「自動運転の民主化」と呼んでいます。

PerceptInのマイクロ・ロボットタクシーは、福岡市の「FUKUOKA Smart City Challenge」でも採択され、今年9月に福岡市貝塚公園において、2人乗りのLSEVでの社会実験を行いました。今回は8人乗りのLSEVを使用し、11月9日から来年の3月1日までの長期間の実験を行います。

イメージイラストは11人乗りイメージイラストは11人乗り

 

社会実験について


【概要】
  • 先着順で、どなたでも乗車し体験していただくことができます
  • セイフティドライバーが同乗し、安全を最大限限確保した形で􏰀走行します
  • 乗車後にアンケートを実施しますのでご協力ください
【実施日時】
  • 11月9日から来年3月1日までの隔週の土日(年末年始を除く)
  • 2019年 11月9日 10日、 23日 24日、 12月7日 8日、 21日 22日
  • 2020年 1月18日 19日、 2月1日 2日、 15日 16日、 29日 3月1日
【運行時間】
  • 午前10時から午後3時まで(午後0時から1時間の昼休憩を除く)
  • 雨天の場合など、中止となることがあります
  • 詳しくは、平城宮跡歴史公園HPまたは現地での案内をご確認ください
【乗降場所】
  • 乗降場所は、朱雀門先の踏切北側広場、復原事業情報館、平城宮跡資料館の3ヶ所になります
  • 乗降場所には時刻表がありますが、満員の場合はご乗車いただけない場合がありますのでご了承ください

本社会実験を実施するにあたり、損害保険ジャパン日本興亜株式会社様に自動運転実証実験のリスクアセスメントを実施していただきました。
損害保険ジャパン日本興亜株式会社様は自動運転の更なる普及に向けて、自動運転社会の安全面を支えるインシュアテックソリューション「Level IV Discovery」の商品化を進めています。

現地説明会について

社会実験実施に先立って、地域の皆様への説明会を実施させていただきます。
平日で恐縮ですが、お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。お申し込みは不要です。
  • 日時:2019年年11月7日(木)午後1時から3時まで
  • 場所:平城宮跡歴史公園 平城宮いざない館 多目的室
*公共交通機関でのご来園にご協力ください
試乗会も開催する予定ですが、時間が限られているため少数の方のみのご乗車になります。また、雨天・荒天の場合は試乗会が中止(説明会のみ)になることがあります。

尚、報道関係者向けの発表会を兼ねております。報道関係者による写真や動画の撮影、および各媒体で報道されることがありますのでご了解ください

 

 

株式会社マクニカについて


マクニカは、1972 年の設立以来、最先端の半導体、電子デバイス、ネットワーク、サイバーセキュリティ商品に技術的付加価値を加えて提供してきました。近年は、従来からの強みであるグローバルにおける最先端テクノロジーのソーシング力と技術企画力をベースに、AI/IoT、自動運転、ロボットなどの分野で新たなビジネスを展開しています。今後は、「Co.Tomorrowing」をスローガンに、最先端のテクノロジーとマクニカが持つインテリジェンスをつなぎ、ユニークなサービス/ソリューションを提供する存在として、社会的価値を生み出し未来社会の発展へ貢献していきます。当社は、横浜に本社を構え、世界23ヶ国80拠点をベースにグローバルなビジネスを展開しています。

 詳細はWebサイト(https://www.macnica.co.jp)をご覧ください。

 


PerceptIn について

PerceptIn Limitedは、2016年に米国シリコンバレーで創業した、ディープテックのスタートアップです。現在、本社を香港(開発拠点は中国・深圳)におき、ロボットや低速走行車両のための非常に安価な自律走行のソリューションを提供しています。本年8月8日に、日本法人PerceptIn Japan合同会社を設立し、本社会実験をきっかけとして、日本におけるマイクロ・ロボットタクシーの事業化に本格的に取り組みます

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PerceptIn Japan合同会社 >
  3. 平城宮跡歴史公園で「マイクロ・ロボットタクシー」、マクニカと共同で4ヶ月間の社会実験を開始