リアルタイムクラウドレンダリングによるスマホなどの端末性能に依存しない高精細VR表現技術を発表。5G通信やオートスケールも視野に汎用サービス化を目指す

~ 高密度・高精細なビルや都市空間のデジタルツイン空間を活用した価値創出に貢献~

株式会社stuは、WEBブラウザやスマートフォンで高精細なデジタルツイン 空間を体験できるVR表現技術の実証実験に成功しました。
本実証実験は、AWS上のGPUインスタンスによるサーバーサイドレンダリングを活用することにより、PCやワークステーションで実行処理が必要な大容量の3Dデータ、ハイエンドなグラフィクスを扱うことが可能となり、「商業施設空間」「都市空間」「ライブコンサート空間」のような高密度・高精細な仮想空間をあらゆる端末で楽しむことができます。

当技術では、サーバー上で実行されているソフトウェアをリモート操作し、レンダリングされた映像を視聴する端末にストリーミングする方式を採用しました。

この方式では大容量のデータを事前にダウンロードする必要がないほか、ビデオカードなどのグラフィックスアクセラレーターがない端末でも快適にコンテンツを楽しむことができます。さらに、AWS Wavelengthと5G通信を活用することで、より低遅延でストレスのない映像伝送やインタラクションを実現しています。

■ aws wavelengthとは
AWS Wavelength はゲームストリーミング、バーチャルリアリティ、ライブイベントでの会場内体験など、インタラクティブで没入型の体験を提供する5G アプリケーションを実現するプラットフォームです。
https://biz.kddi.com/5g/aws_wavelength/

本実証実験では、3D空間の再現に、Unity Technologiesが提供する高精細レンダリングパイプラインHigh Definition Render Pipeline (HDRP) を採用しています。従来では、PCやワークステーションで実行処理が必要であったものの、本技術ではアプリケーションの実行をサーバーサイドで行っているため、モバイル端末でも高精細レンダリングパイプラインを使用可能となっております。

現在、stuではこれら技術を活用したデジタルツイン空間でのボリューメトリックビデオ活用やリアル空間と仮想空間の連動技術、また、当技術を用いたコンテンツ配信が簡単に行える SDK の提供や、利用者数に応じて自動的にサーバー規模を拡大・縮小するオートスケール機能の開発、複数の仮想空間をシームレスに移動可能な仕組みの実現などを目指して開発を進めております。

 なお、当技術を採用した技術デモンストレーションサイトの開発を進めており2021年9月末に公開予定です。最新情報はstuのWEBサイト( https://stu.inc ) にて改めてお知らせいたします。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社stu >
  3. リアルタイムクラウドレンダリングによるスマホなどの端末性能に依存しない高精細VR表現技術を発表。5G通信やオートスケールも視野に汎用サービス化を目指す