モーリシャス共和国首相府経済開発総局(EDB)が今年8月に日本に事務所を開設

TICAD7公式サイドイベント「モーリシャス貿易・投資セミナー」を8月29日に横浜、EDB日本事務所開所記念レセプションを8月30日に都内にて開催

インド洋の島国であるモーリシャス共和国は、「インド洋の貴婦人」と呼ばれるように世界トップクラスのビーチリゾートのイメージが強いかもしれないが、ビジネスの観点からも魅力ある国である。実際、モーリシャス共和国は、世界銀行のビジネスのし易さランキングでは世界第20位、アフリカにおいてはトップの地位を誇る。
そのモーリシャス共和国の首相府直轄にあるモーリシャス共和国首相府経済開発総局(EDB)が、今年8月に東京赤坂のアーク森ビル12階に日本事務所を開設し、日本企業のモーリシャスへの投資促進活動を開始する。また、8月28日-30日に開催されるTICAD7(アフリカ開発会議)にはプラビンド・クマル・ジュグノート モーリシャス共和国首相が参加。そのTICAD7では公式サイドイベントとしてEDBはセミナー「Doing Business with Africa: モーリシャスにおける投資・貿易の機会」を開催。30日には都内にてEDB日本事務所開所記念レセプションを催す。レセプションではジュグノート首相が基調講演を行う。併せてTICAD7期間中、EDBは日本貿易振興機構(JETRO)および海外投融資情報財団(JOI)とそれぞれMOU締結の署名式も執り行う。

29日(木)にTICAD7会場内で開催するセミナーでは、アフリカ進出の拠点として立地的にも投資環境としても優位性のあるモーリシャス共和国の魅力についてご紹介。このセミナーには、アフリカとの新しいビジネスチャンスを模索されている企業の皆様ならどなたでも参加が可能。セミナーの詳細は下記のとおり。ご参加ご希望の方は下記URLよりお申込書をダウンロードしてEDB日本事務所までお送り下さい。

モーリシャス共和国首相府経済開発総局(EDB)主催
TICAD7公式サイドイベント:アフリカビジネスセミナー
「Doing Business with Africa:モーリシャスにおける投資・貿易の機会」
共催:日本貿易振興機構(ジェトロ)
     国際連合工業開発機関(UNIDO)東京投資・技術移転促進事務所
        一般財団法人海外投融資情報財団(JOI)
日時:2019年8月29日(木)18:00-19:00
場所:パシフィコ横浜 アネックスホール 「F205-F206」
        神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
プログラム:
・開会の辞 EDB海外戦略事業部 部長 アルヴィンド・ラダクリシュナ 氏
・ご挨拶  海外投融資情報財団(JOI) 理事長 中西 考平 氏
・ご挨拶  国際連合工業開発機関東京投資・技術移転促進事務(UNIDO東京事務所)
       次長   フェルダ・ゲレゲン 氏
・プレゼンテーション「モーリシャスの未来のために-アフリカ投資の意義と機会」
       EDB会長 チャールズ・カルティエ 氏
・EDBとJOI間のMOU締結
・モーリシャスの投資・ビジネス機会についての紹介動画放映
・質疑応答
・閉会ご挨拶 日本貿易振興機構(JETRO)ヨハネスブルグ事務所 所長 根本 裕之 氏

お申込み方法:下記URLよりご参加お申込書(Reply sheet)をダウンロードしてEDB東京事務所の下記
メールアドレスまでお送りください。

       <セミナーご案内・詳細プログラム・お申込書はこちら↓>
                     http://edbmauritius.org/doing-business-with-africa-business-seminar/


■ご返信先およびお問合わせ先:EDB東京事務所
                            TEL: 03-4360-8303/8304 E-mail: rikako@edbmauritius.org

 

 


 

 

 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. モーリシャス共和国首相府経済開発総局(EDB) >
  3. モーリシャス共和国首相府経済開発総局(EDB)が今年8月に日本に事務所を開設