音楽で場所を探せる地図アプリ『Placy』を提供する株式会社Placy、Microsoft for Startupsに採択決定

音楽で場所を探せる地図アプリ『Placy』を提供する株式会社Placy(本社:東京都世田谷区、代表取締役:鈴木綜真、以下 Placy)は、マイクロソフト コーポレーション(本社:米国ワシントン州)が提供する「Microsoft for Startups」に採択されました。


Microsoft for Startupsとは、マイクロソフトが提供するスタートアップ支援プログラムです。独自のイノベーティブなテクニカルソリューションを持つスタートアップ企業の成長促進を目的としており、すでに14を超える国と地域でプログラムが展開されています。
当プログラムに採択されたスタートアップ企業は、テクノロジーのサポートに加え、同社のグローバルな営業部門およびパートナーと連携し、事業拡大に適した専用のリソースが提供されます。
また、無料Microsoft Azureクラウドクレジットや、同社の技術スペシャリストによるテクニカルサポートを受けられるほか、Office 365やMicrosoft Dynamics 365といったビジネスアプリケーションの利用も可能となります。
Microsoft for Startups概要:https://startups.microsoft.com/ja-jp/benefits/


Azureの活用



当社は、感性データを組み込んだ都市空間データベースをMicrosoft Azure上で構築し、都市空間にまつわる全てのデータをデータベース化することを目標としております。

当社は『空間を感取して意味を創る』をビジョンに掲げ、人の感性データを組み込んだ都市開発を目指しています。Azure上に構築したデータベースをもとに、Microsoft社のサービス・支援を活用しながら、経済合理性だけにとらわれない街づくりのためのデータ活用を図っていきます。


『Placy』の仕組み

当社は空間データベースの構築のための、感性データ取得の一環として音楽で場所を探せる地図アプリを開発しています。
 



Spotifyと連携することで、ユーザーの普段の聞いている音楽データを取得し、ユーザーが地図アプリ上でお気に入りの店を登録していくことで、それらの音楽に関する趣味趣向データが場所に紐付けられていきます。
そうすることによって、音楽を軸に「自分と似たような感性を持った人」が訪れた場所を見つけられるため、よりパーソナルな体験を提供しています。
同時に、場所探しの基準に音楽といった「感性」を反映させることで、ポピュラリティを基準に検索すると出てこないようなローカルな店の活性化も狙ってまいります。

※2019年11月現在:iOS版のみ開発
※2019年11月現在:東京都内一部エリアのみ対応

ダウンロードリンク:https://apps.apple.com/us/app/placy/id1474567327 

 お問い合わせ先【会社概要】
会社名 株式会社Placy(プレイシー)
所在地 東京都世田谷区下馬5-27-16
設立 2019年5月
資本金 950万円(資本準備金含む)
事業内容 地図アプリの開発,、及び、空間データベースの構築
代表者 鈴木綜真
コーポレートサイト http://placy.city/
お問い合わせ contact@placy.city

・地図アプリ『Placy』 https://apps.apple.com/us/app/placy/id1474567327 (iOS版のみ提供)
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Placy >
  3. 音楽で場所を探せる地図アプリ『Placy』を提供する株式会社Placy、Microsoft for Startupsに採択決定