アナログ・テック、外観検査や医療機器、半導体製造装置など、高い演算能力が必要なエッジコンピューティングに向けた新製品をリリース

NVIDIA®のTesla®、Quadro®の様々なハイエンドGPUをパッシブサーマルタイプで搭載可能、生産現場にも設置できる小型のエッジ環境向け産業用コンピュータの新製品をリリース

製品の詳しい情報はこちら
https://www.analogtech.co.jp

 


アナログ・テック株式会社(本社:東京都江東区)は、外観検査や医療機器、半導体製造装置など、高解像度での画像処理や、エッジAIでのリアルタイム処理、またクラウドでの処理が望ましくない秘匿性の高いデータでのディープラーニングに向けて、優れた冷却性能により、ハイパフォーマンスコンピューティングを生産現場の環境でも対応可能にした、産業用エッジコンピュータの新機種「AT-IPCWG003」の販売を開始しました。


産業用エッジコンピュータ「AT-IPCWG003」の主な特徴


 1.  NVIDIA® Tesla®/Quadro®のあらゆるGPUカードで、パッシブとアクティブのサーマルに対応
 

 優れた冷却性能によりNVIDIA®の様々なGPUを搭載可能。本機器は、データセンター向けハイエンドGPUであるTesla®シリーズ。画像処理やシミュレーションに向けたQuadro®シリーズにおいて、パッシブサーマルソリューションで搭載することが可能です。また、本機器はクラウドとの連動を行うエッジコンピューティングの中でも、オンプレミスエッジの用途にも最適で、推論だけではなく、クラウドでのデータ分析が懸念される秘匿性の高いデータ分析をエッジで処理する用途にもご利用頂けます。

2.高い拡張性で、画像入力ボードを始めとした様々な機能ボードを拡張可能


 高い拡張性により、カメラリンクやCoaXpressボード等を拡張することが可能で、画像処理向けの性能を強化しています。マシンビジョンによるリアルタイムでの高画像処理や、リアルタイムAIの用途に最適です。
 



3.防塵フィルター付きで現場に設置可能。

 データセンターやクリーンな環境以外では活用が難しいGPUを、AT-IPCWG003は、生産現場といった過酷な環境へも配備可能とすることで、様々な生産現場へのエッジコンピューティングの導入を強力に支援します。耐環境性能に優れ、ラック立架が難しい現場にも導入可能。ファクトリーオートメーションでのマシンビジョン用途だけではなく、医療、店舗、交通といった耐環境性能が要求される用途での画像処理やAI推論、分析にも最適です。

4.産業用途向けカスタム、OEMが可能。

 防塵フィルターを標準装備、オプションにより産業用SSDなど、産業用グレードのパーツに組替えが可能。また、お客様の開発製品への組込み用途にも応じられ、ご要望に応じたカスタムやOEMでの一部提供も可能です。お客様の製造される製品への組み込みなども含め、アナログ・テックのコンサルタントへご相談ください。

製品仕様
プロセッサー Intel Core i7-7700 3.6GHz (up to 4.2GHz)
メモリー 16GB  MAX 64GB
拡張スロット PCIe (x16) x1 , PCIe (x4) x1 ,  PCI (32bit) x1 
PCIe (x1) x1 (ダブルハイトGPU搭載時占有)
Mini-PCIe x1 , M.2 (M-key , Type:2280) 
ドライブ(HDD/SSD) HDD(1TB)x1  (Option:DVD , RAID1)
Option:HDD/SSD (2.5'') Swap-bay x2
ネットワーク 10/100/1000BaseT ×2
グラフィック VGA x1 , DVI-D x1、HDMI x1、DP x1
シリアルポート RS-232/422/485 ×2 (Option RS-232 x4)
USBポート USB3.0 x4 (背面)
OS Windows10 IoT Enterprise 2019 64bit LTSC 日本語
寸法 365 (W) X 461 (D) X 190 (H) mm

製品の詳しい仕様は、アナログ・テックのWEBサイトをご参照ください。

https://www.analogtech.co.jp
 

アナログ・テックでは、様々な市場に向けた産業用コンピュータを製造、販売しています。
ハイエンドGPUを搭載した産業用コンピュータだけではなく、Microsoft®Azure IoT認証済み機器や、一般社団法人Edgecrossコンソーシアム推奨産業用PC、スマートファクトリ、サイネージ、車載、CTやMRI等の医療機器向けと様々な市場に適用する産業グレードのPCやサーバを小ロット、長期安定供給でご提案いたします。

お問合せ先
アナログ・テック株式会社 第二営業技術部
電話:03-3527-6111
https://www.analogtech.co.jp/contact/

アナログ・テック株式会社について

 1994年に設立。長年培ってきたエレクトロニクス技術の知識と海外メーカーとの強い技術インターフェースをベースに、様々な産業用デバイスに組込むコンピュータや周辺機器、半導体部品を手掛けています。
 当社が扱う産業用コンピュータは、医療、放送、工場、防衛システムなど、私たちの暮らしに欠かせないインフラに深く関わっています。
 例えばCTやMRIといった医療画像診断装置をはじめ、医療の現場で活用されている多種多様な機器に当社が提供している製品が採用されています。創業から25年を越える豊富な導入実績、要求の厳しい国内大手メーカーへの納入実績と共に、様々な産業用コンピュータを、小ロットからの受注生産、長期安定供給、要件や課題に応じたカスタム製品の提供やOEMなど、お客様のニーズに、きめ細やかに対応できるのが当社の強みです。
 アナログ・テックは、「人」と「モノ」を繋げる技術を以って、サイバー(デジタル)とフィジカル(アナログ)を高度に融合する領域のプロフェッショナルとして存在し、お客様と共にSociety5.0の実現を通じて経済発展と社会課題の解決に寄与してまいります。

【会社概要】
会社名:アナログ・テック株式会社
所在地:東京都江東区青海一丁目1番20号 ダイバーシティ東京オフィスタワー 12階
設立:1994年6月
事業内容:産業用コンピュータ機器やその周辺機器の製造・販売、ソフトウェアの販売、半導体、電子電気部品の販売並びに輸出入。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アナログ・テック株式会社 >
  3. アナログ・テック、外観検査や医療機器、半導体製造装置など、高い演算能力が必要なエッジコンピューティングに向けた新製品をリリース