Expedia Group CEOのマーク・オカストロムが750名以上のCEOと連携して職場のダイバーシティおよびインクルージョン推進を決意表明

CEO Action for Diversity & Inclusionの署名に続き、旅行業界のダイバーシティ / インクルージョン推進を目指したTravel Industry Groupを発足

Expedia Groupは本日、自社の年次総会「explore ‘19」 にて、CEO Actionに基づくTravel Industry Groupの策定を発表しました。旅行業界を牽引するリーダーが連携してダイバーシティ / インクルージョンを推進し、業界や組織にプラスの効果をもたらすことを目指します。Expedia GroupのPresident兼CEOであるマーク オカストロムは、2019年10月9日、「CEO Action for Diversity & Inclusion™ (CEO Action)」に署名しました。CEO Actionは、各社のCEOが主導して、職場のダイバーシティとインクルージョンの向上を目指す団体です。
CEO Actionでは、「ダイバーシティおよびインクルージョンに関する戦略や計画を策定し、CEO Actionの役員に公開する」「成功・失敗事例を公開する」「アンコンシャスバイアス (無意識の偏見) に関する研修を実施・拡大する」「複雑かつ困難なダイバーシティおよびインクルージョンの議論に継続して取り組み、信頼できる職場を構築する」の4項目について署名します。

Expedia Groupは、機会均等に重点を置き、インクルージョンおよびダイバーシティの促進に取り組んでいます。世界中に展開するExpedia Groupは、同一の役職における男女同一賃金を達成しており、全従業員の 52% を女性が占めています。また、ダイバーシティおよびジェンダー平等に継続的に取り組んでおり、すべての従業員が企業の一員として最大限に力を発揮できる環境づくりを行っています。

Expedia Groupは、Travel Industry Group発足の第一歩として、成功事例や課題の公開および他企業との共有を行う予定です。Travel Industry Groupは、アメリカの企業や多国籍企業で構成されており、以下に重点的に取り組みます。
  • 差別被害者の支援、インターセクショナリティ (差別の多層性・交差性への理解)、差別や偏見のない表現の使用、インクルーシブな職場環境の促進
  • 障がい者やLGBTQの旅行、ダイバーシティを意識したマーケティング、ジェンダーバランス、カルチュラルコンピテンスなど、旅行業界が重視するトピックに関する調査およびトレーニングの実施
  • 少人数の会議やビデオ討論会の定期開催
  •   旅行業界におけるダイバーシティおよびインクルージョンの現状に関する調査
  • イベントでのダイバーシティおよびインクルージョンの啓発活動

「多様性を認める職場では、創造力や生産性が高まります。また、従業員の不安が減り、より安心して仕事に取り組むことが可能になるため、最終的に企業の発展につながります。」

Expedia Group、マーケティング / インダストリー エンゲージメントのChief Inclusion Officer兼Senior Vice Presidentを務めるメリッサ メイハーはこのように述べています。

「旅行業界を率いる我々リーダーは、人々と世界をつなげ、業界や企業に変化をもたらすことが可能です。より働きやすく、様々な人のいる環境の構築に全力を注ぎます。」

Expedia Groupは、様々な人が共存する職場環境構築のために、さまざまな取り組みを行っています。アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)への取り組みの一環として、求人情報から採用志願者のダイバーシティや属性に影響を与える言い回しを洗い出すために、テクノロジープラットフォームのTextioを導入しました。また、面接選考での偏見を減らすために、ビデオ面接ツールのHireVueを採用しています。  さらに、ジェンダーバランスを考慮した応募者の選定を義務付けているほか、採用プロセスの可視化をジェンダー別に行っています。

Expedia Groupのダイバーシティおよびインクルージョンを向上するにあたり、従業員が主導するBusiness Resource Groupも非常に重要な役割を果たしています。世界各国に 100 以上の拠点を持ち、数千名ものボランティア会員で構成されるこの団体は、ダイバーシティを促進する有益な施策に取り組んでいます。この団体は、Expedia Groupのあらゆる部署や事業において、社内の交流や教育、実体験の共有を推進しています。また、社内にとどまらず、パートナー企業やお客様も含め、ダイバーシティやインクルージョンの向上に関する意見や調査を実施しています。

Expedia Groupについて

Expedia Groupは、世界規模の旅行プラットフォームを提供しています。私たちは旅行予約に関わるさまざまな障壁を取り除き、旅行をより簡単に、より楽しく、より実現しやすくしてい ます。世界中の旅行者と私たちのビジネスパートナーをつなぎ、当社のプラットフォームと技術力 を活用しながら、多種多様なブランドおよびビジネスポートフォリオを展開して、世界中のさまざ まな地域からワールドワイドな移動と旅行体験をお届けします。

Expedia Groupが保有するブランドは、Brand Expedia®、Hotels.com™、Expedia® Partner Solutions、Egencia®、 trivago® 、 HomeAway® 、 VRBO® 、 Orbitz® 、 Travelocity® 、 Wotif® 、 lastminute.com.au®、ebookers®、CheapTickets®、Hotwire®、Classic Vacations®、Expedia Group™ Media Solutions、CarRentals.com™、Expedia Local Expert®、 Expedia® CruiseShipCenters®、SilverRail Technologies, Inc.、ALICE and Traveldoo® が含まれます。

詳細は、https://www.expediagroup.com をご覧ください。
© 2019 Expedia, Inc. All rights reserved.
各商標とロゴは、それぞれの所有者の財産です。CST: 2029030-50

CEO Action for Diversity & Inclusion™ について

CEO Action for Diversity & Inclusion™は、CEO主導で職場のダイバーシティおよびインクルージョンの向上を目指す、世界最大級の団体です。CEO Action for Diversity & Inclusion™には、アメリカを代表する750名以上のCEOが参加しています。多様な考え方や行動を歓迎・尊重し、従業員が安心して働ける職場環境や、ダイバーシティ / インクルージョンに関する議論を推進するための行動指針を定めており、参加企業は実現に努める義務があります。また、取り組み事例を企業間で共有することで、さらなるダイバーシティ / インクルージョンの推進を目指しています。CEO Action for Diversity & Inclusion™ の詳細は  CEOAction.com からご確認いただけます。Twitter : @CEOAction
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エクスペディアホールディングス株式会社 >
  3. Expedia Group CEOのマーク・オカストロムが750名以上のCEOと連携して職場のダイバーシティおよびインクルージョン推進を決意表明