第二回「こどもの本総選挙」がクラウドファンディングをスタート! わたしたちと一緒に、こどもと本が出会うきっかけをつくりませんか?

おとな大応援団、目指せ1000人計画!楽しいリターンもご用意しています

NPO法人こどもの本総選挙事務局は、2020年2月20日(木)から「こどもの本総選挙 おとな大応援団、目指せ1000人計画!」をレディーフォーにて実施します。5月5日(火・祝)開催予定の授賞式の開催や、第三回のイベントの実施を後押しする「おとな大応援団」を募集するクラウドファンディングです。応援してくださった方には「第二回こどもの本総選挙 授賞式にご招待」や「オリジナルグッズ」など、イベントを一緒に楽しんでいただけるリターンをご用意しております。すべてのこどもたちに本をめくる喜びを届けるため、どうぞ応援をよろしくお願いいたします。

「こどもの本総選挙」おとな大応援団、目指せ1000人計画!「こどもの本総選挙」おとな大応援団、目指せ1000人計画!


NPO法人こどもの本総選挙事務局は、クラウドファンディングサービスREADYFORを活用し、5月5日(火・祝)開催予定の「第二回こどもの本 総選挙」授賞式や、来年度の継続開催をあと押しする「おとな大応援団 プロジェクト」を5月20日(水)まで募集しております。

応援してくださった方には「第二回こどもの本総選挙 授賞式にご招待」や「オリジナルグッズ」など、イベントを一緒に楽しんでいただけるリターンをご用意しております。すべてのこどもたちに本をめくる喜びを届けるため、どうぞ応援をよろしくお願いいたします。

- - - - - - - - - 
◾クラウドファンディングプロジェクトについて
・タイトル:「こどもの本総選挙」おとな大応援団、目指せ1000人計画!
・URL:https://readyfor.jp/projects/kodomonohon-sousenkyo
・公開期間:2020年5月20日(水)23時まで
・目標金額:300万円
※本件は目標金額に達した場合のみ、実行者は資金調達が可能なALL-OR-NOTHING形式です。

 
  • プロジェクトへの想い
じぶんで選ぶから、特別な1冊になる。
こどもたちに、「本」と出会うきっかけを。


はじめまして、NPO法人こどもの本総選挙です。わたしたちは出版業界にいる有志が集まり、こどもたちの読書推進のため「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」を運営しています。
「すべてのこどもたちに本をめくる喜びを」
これは、わたしたちが掲げる MISSION です。今、こどもだけでなく、大人も含めて「読書離れ」が進んでいます。街の本屋さんはどんどん閉店し、スマートフォンにはゲームやSNS、動画などたくさんのコンテンツが溢れています。電車でも「読書」をする人をずいぶんとみかけなくなりました。ですが、私たちは「本」がこの世の中に必要だと感じています。出版業界にとって読者が必要だから、ということももちろんあります。「出版不況」にも一役買って、街の本屋さんやこの業界に貢献したいというのも本音です。でも、もっと伝えたいのは「本」って面白いんだよ、ということ。こどもの頃に出会った特別な「本」の思い出はその後の人生を豊かにしてくれる、そのことを私たちは知っているから。大人たちから読むべき本を薦めるのではなく、こどもたち自らが主体となったムーブメントで、素敵な「本」と出会って欲しい。そんな思いで、昨年「こどもの本総選挙」を立ち上げました。第一回開催にも関わらず、12万8055人という本当に多くの小学生に投票してもらい、ベスト10に選ばれた人気の本を表彰。メディアにも数多く紹介いただき、これらの本はこどもたちの間で話題になりました。

第一回の投票結果​​​​​第一回の投票結果​​​​​

 

第一回「こどもの本総選挙」表彰式の様子。第一回「こどもの本総選挙」表彰式の様子。


こどもも大人も一緒に。
みんなでつくり上げる特別なイベントにしたい。

そして現在、第二回「こどもの本総選挙」の表彰式に向けて準備を進めています。今年の投票数は、昨年の2倍以上の25万票を超え、約1,800の小学校が参加してくれました。これは、全小学校の約10%という参加率となります。現在、こどもたちからの1票を大事に、無駄にしないように、たくさんの人の協力を得て、丁寧に集計しております。

第一回「こどもの本総選挙」表彰式の様子。第一回「こどもの本総選挙」表彰式の様子。


しかし、応募が多ければ多いほど、集計費用がかかってしまうことも事実です。結果発表のイベント開催や書店店頭での告知や広告など、続けていくためには多くの費用がかかります。現在、出版業界からの支援やスポンサー企業さまの協賛も受けて運営していますが、まだスタートしたばかりの取り組みということもあり、いろいろなことを手探りで進めている状況です。今回クラウドファンディングを立ち上げたのは、より多くの皆さまに「こどもの本総選挙」を応援していただき、一緒に仲間になっていただきたいと考えたからです。そして、こどもたちが主体的に楽しむ、1年で特別なイベントとして長く続けていきたい、そう思っています。「本の文化を残したい」「自分のこどもにも、本の面白さを伝えたい」、応援するきっかけは、人それぞれかもしれません。けれど日本の豊かな「本」の文化を守るためにも、いま皆さまからのご支援が必要です。どうか応援をよろしくお願いいたします。

今回は、2段階でゴールを設定する予定です。300万達成すれば2020年5月5日の授賞式が豪華に。さらに1000万達成すれば、第三回の実施が決定できます。今回は、2段階でゴールを設定する予定です。300万達成すれば2020年5月5日の授賞式が豪華に。さらに1000万達成すれば、第三回の実施が決定できます。

 
  • リターン例
「おとな大応援団」のみなさまには、楽しいリターンをご用意しております。
 

 

例:5,000円コース「第二回こどもの本総選挙 授賞式にご招待」例:5,000円コース「第二回こどもの本総選挙 授賞式にご招待」

例:5,000円コース「第二回こどもの本総選挙 授賞式にご招待」
※こちらのコースは4月10日に募集を締め切ります

 


●こどもの本総選挙の授賞式にご招待
*大人1名(原則 こども1名まで同伴可)

授賞式について:
開催日:2020年5月5日(祝)
開催場所:川崎市にて
(時間・場所の詳細は後日お知らせいたします)
 

例:20,000円コース「スタンダード+オリジナルグッズ」例:20,000円コース「スタンダード+オリジナルグッズ」

例:20,000円コース「スタンダード+オリジナルグッズ」

●「こどもの本総選挙」オリジナルグッズ
- - - - - - -
●お礼のメール
●総選挙の結果発表の冊子(タブロイド判)
●オリジナルのしおり
●WEBサイトにお名前掲載

 
  • 「こどもの本総選挙」とは?


全国の小学生を対象に「一番好きな本」を投票してもらう企画です。今一番小学生に支持されている本を発表し、日本中のこどもたちに伝えることで、こどもたちの素敵な「本」との出会い、豊かな読書体験を提供します。第一回は、12万人を越える小学生が投票し、『ざんねんないきもの事典』が1位となりました。芸人で芥川賞作家の又吉直樹さんをアンバサダーとして迎えた発表会ではベスト10を発表。選ばれた10位までの本は全国の書店3,000店舗で並べられ、話題になりました。

・HP:https://kodomonohon-sousenkyo.jp/
・FB:https://www.facebook.com/kodomonohonsousenkyo/
・Twitter・Instagram:@kodomonohon_111

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人こどもの本総選挙事務局 >
  3. 第二回「こどもの本総選挙」がクラウドファンディングをスタート! わたしたちと一緒に、こどもと本が出会うきっかけをつくりませんか?