地元愛を隠せない!WEB動画「はつかいち物語 愛の取調べ室」が第9回観光映像大賞 観光庁長官賞を受賞!!

広島県廿日市市(はつかいちし)では、2019年度、シティプロモーションの一環として市の魅力を発信するPR動画を制作。そして、この度本作が第9回観光映像大賞 観光庁長官賞を受賞いたしました!
観光映像大賞(観光庁長官賞)とは、47都道府県で制作された観光プロモーション映像・映画・ビデオの中から、“観光振興”という観点で最も創造性、振興性、話題性に優れた作品に贈られます。第9回目となる今回は、全国60本の観光プロモーション映像の中から選考が行われ、ファイナリストの5作品の中から大賞となる観光映像大賞 観光庁長官賞を本作品が受賞しました。表彰式では、オンラインで廿日市市長 松本太郎が出席し、受賞のよろこびを語りました。

受賞理由
「廿日市市の観光エッセンスが、取り調べ室という限られたシチュエーションで展開される2分に満たないドラマの中に凝縮され、最後のオチへ見事に結実していることから、受賞作品として決定いたしました。」

廿日市市は、世界遺産「宮島」を身近に感じられる魅力的な暮らしに加えて、北は中国山地、南は瀬戸内海に囲まれた子育てに最適な自然環境、そして、広島市と隣接し都市部へのアクセスも良好という、暮らしに「ちょうどいい」場所であることを市内外に広くPRするために本作品を企画しました。現在は2020年度中の公開に向けて続編を制作中です。

〈第9回観光映像大賞 観光庁長官賞 『はつかいち物語 愛の取調べ室』〉

 

ストーリー
舞台は、とある「取調室」。そこには向かい合い座っている、はつかいち応援大使の香川裕光と和泉崇司の姿があった。架空の刑事役に扮した香川の尋問に、沈黙を貫く和泉。自白を促す香川に対して、ついに和泉は隠しきれない廿日市への愛を叫ぶ。そして和泉が着ているTシャツには「愛している、廿日市」の文字が・・。

・監督  宮川博至(株式会社バズクロウ)
・出演者 香川裕光(シンガーソングライター) 和泉崇司(俳優)


表彰式の模様などは、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2020(https://www.shortshorts.org/2020/ja/brandedceremony/)をご覧ください。
※表彰式は、1時間26分51秒以降です。

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 廿日市市 >
  3. 地元愛を隠せない!WEB動画「はつかいち物語 愛の取調べ室」が第9回観光映像大賞 観光庁長官賞を受賞!!