人工知能搭載通信型ドライブレコーダー『ナウト』があおり運転警告・運転時の喫煙検出・自動事故レポート作成の新機能を追加し日本国内の法人向けに提供を開始

Nauto Japan合同会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表:井田 哲郎、以下「Nauto」)は現在販売中の人工知能(AI)搭載通信型ドライブレコーダー「ナウト」に新機能として、1. 自社のドライバーによるあおり運転に対する警告する機能、2. 運転時の携帯電話(保持)と喫煙を検出する機能、3. 自動事故レポート作成機能、を追加しましたのでお知らせします。
2017年のローンチ以降(日本国内は2018年8月)、わき見運転の検出・警告を行うNautoのAI搭載通信型ドライブレコーダーは世界で400社、日本国内で100社以上の法人で採用されてきました。ナウトは、今回のリリースのように導入後もインターネット経由で機能追加を行うことにより、顧客への提供価値を高めていきます。今回の新機能の追加により、ナウトは今後より一層社用車・商用車の事故防止と効率的な管理を促進してまいります。

【2019年11月26日訂正】

1. 自社のドライバーによるあおり運転に対するリアルタイム警告

 昨今、あおり運転は日本の社会課題となっています。日本政府もあおり運転に対する規制強化を検討しています。企業の運行管理者・安全運転管理者においては、自社のドライバーによるあおり運転(車間距離不保持)に十分な対策が求められている状況です。ナウトは、この対策に有効なあおり運転時のリアルタイム警告機能を追加します。
  • AIによる検知/自動的な指導:ナウトのリアルタイム警告により車間距離不保持を行ったドライバーに対してその場で注意を促し、運転習慣を向上させることができます。
  • 管理者による指導:車間距離不保持イベントが発生した際に、ナウトのウェブシステム経由でその画像が自動的に運行管理責任者に送付され、効果的な安全運転指導を行うことができます。

2. 運転時の喫煙・携帯電話保持の検出
車内のリアルタイム画像分析による社内規定等の違反検出機能を、ナウトに追加します。ナウトで既に検出できるわき見運転のみならず、携帯電話の保持・通話や、喫煙といった行為も安全運転の阻害要因となります。多くの企業では、運転中の携帯電話使用や喫煙を社内規定にて禁止しています。ナウトはこれらの社内規定違反に対してリアルタイム検出機能を搭載した初めてのドラレコソリューションです。(*1)
  • AIによる検知:ナウトのAIは、喫煙や携帯電話保持といった規定違反をリアルタイムに検出することができるようになりました。わき見を伴わない正面を向いたままの携帯電話使用も検知することができます。
  • 管理者による指導:ナウトはウェブシステムにおいて上記の行為をレポート化し、違反時のスナップショット写真を安全運転管理者に提供します。

3. 自動事故レポート作成機能
ナウトはこれまでも事故の動画を、通信を介して迅速に提供することにより、運行管理者・安全運転管理者の事故時の迅速な対応に貢献してきました。この度、事故の動画に加えて、自動事故レポート作成機能を追加します。これまでに弊社のAI搭載ドライブレコーダーで得られた事故映像とデータ、そして、独自の危険イベント分析ツールによりラベル付けされた各種のコンテキスト情報を元に、ナウトは詳細な事故レポートをお客様に直接提供します。このレポートにより保険の請求手続き等を支援し、結果的に迅速な車両の修理となるよう手助けします。
  • リアルタイム検知:クラウドで学習しエッジ側(ドライブレコーダー本体)に搭載されたAIモデルがあることで、ナウトでは他ソリューションに比べてよりリアルタイムに事故の検出が可能です。
  • レポート作成:ナウトは事故が起きた際、ビデオ、時刻、場所、その他の関連情報を正確に把握し自動的に保存するため、ナウト利用企業の社内書類作成や保険会社への報告に活用することもできます。
  •  事故時の証拠:自社に過失がない不当なクレームを受けるようなケースでは、運行管理者はナウトの事故動画・事故レポートを活用することにより、自社のドライバーの無過失を証明する証拠の一つとなります。

今後もナウトは危険運転の検知力、管理者向けウェブシステムの機能向上を行っていくことで、日本の社用車・商用車における安全性の更なる向上・管理の効率化に貢献してまいります。

*1 Nauto調べ。


 
  • Nauto Inc.概要
設立:2015年3月
株主:SoftBank Vision Fund, Toyota AI Ventures, General Motors Ventures, BMW i Ventures, Allianz X, Greylock Partners, Index Ventures, Playground Global, Draper Nexus
主な事業内容:人工知能を活用した技術により、既存商用車と将来の自動運転車の安全向上に貢献すること
 
  • Nautoについて
Nautoは、AIでリアルタイムにドライバーの行動改善する唯一のプラットフォームです。モビリティのエコシステムの中で、危険なイベントを予期して、予防して、結果として減少させます。600億キロを超えるデータポイントを分析することによって、ナウトのマシーンラーニングアルゴリズムは常に進化します。そして、事故が起きる前に未然に防ぐために、ドライバー行動改善に貢献しています。Nautoは、世界でも有数の商用車保有企業に導入され、多くの事故を回避し、大幅なコスト削減を達成してきました。

※2019年11月26日付け訂正は以下の通りです。
誤)■Nautoについて「600億キロを超えるデータポイントを」
正)■Nautoについて「6億キロを超えるデータポイントを」

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Nauto Japan合同会社 >
  3. 人工知能搭載通信型ドライブレコーダー『ナウト』があおり運転警告・運転時の喫煙検出・自動事故レポート作成の新機能を追加し日本国内の法人向けに提供を開始