スマホカメラで同時に3人まで顔認証できる「Name Vision 」が、コワーキングスペース「MIDORI.so NAGATACHO」にて実証実験をスタート!

- 顔認証技術でコミュニティマネージャーをサポート -

顔認証・AI並びAR技術を用いた新規サービスのシステム設計・開発を行うsVision Corporation(本社:米国デラウェア州、代表:菅原 宏明)が、先端顔認識技術に基づいて開発した独自の顔認識システムを用い開発した、同時に3人まで顔認証できる「Name Vision 」を、これからの働き方の可能性を追求すると共に、個が尊重される社会において大切な拠り所となるであろう仲間とともに働くコワーキングスペース「みどり荘」を運営すMIRAI-INSTITUTE株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 黒崎輝男)と連携し、「MIDORI.soNAGATACHO」にて、コミュニティマネージャーのコミュニケーションのサポートを目的に、実証実験をスタートいたします。

 


【実証実験の目的】
NameVisionを開発したsVision Corporationは「顔認証技術で人々の可能性を解き放ち、みんなが笑顔になる未来を創造する。」をビジョンに掲げ、最先端の顔認証・AR・ AI技術を用いて、リアルとネットの融合を様々な形で実現することでもっと人々の可能性を広げ、より笑顔になる未来発展に貢献することを推進しています。
一方、「MIDORI.so NAGATACHO」を運営するMIRAI-INSTITUTE株式会社は、コワーキング事業を通じて、これからの働き方の可能性を追求すると共に、様々な仕事/国籍/趣味/考えを持つメンバーが集まり、その混沌を通して生まれる「何か」をみんなで楽しめる場づくりを目指しています。
このようにお互いの目指す世界観に共鳴し、MIDORI.so NAGATACHOのコミュニティマネージャーがsVisionが提供する顔認証技術を通じて、お互いをより深く理解しあう環境の構築をサポートし、コミュニケーションを深化させることで可能性を広げ、みんなの笑顔が生まれるこれまで以上に楽しい場づくりを目指していきます。
 

          (MIDORI.so NAGATACHO)


【Name Visionとは】
Name Visonは、人間の脳神経系のニューロンを数理モデル化したものの組み合わせた「ディープニューラルネットワーク」による顔の学習と人物の識別を実現しています。パーツ(目鼻口)の位置情報、距離情報による特徴の収集/比較による顔認証がスマホカメラだけで誰でも簡単に利用することができる日本初のアプリです。
本アプリを活用し、教育、マーケティング、医療、セキュリティ、コミュニティ構築等、様々な分野でソリューションを提供いたします。


 

【Name Vision 顔認証プラットフォーム:モニターキャンペーン実施中!】
現在、Name Vision 顔認証プラットフォームモニターキャンペーンを実施しています。

<実施概要>
◆実施内容:
通常2週間のトライアル期間を、今なら先着10社まで、3ヶ月無料となるモニターキャンペーンを実施中。
◆エントリー期間:
2020年3月迄 ※お申し込み日より90日間を対象期間とさせていただきます。
◆エントリー方法:
下記ページに記載のエントリーフォームよりお申し込みください。
https://s-vis.com/service/platform/ 



■会社概要
会社名 :sVision Corporation
設 立 :米国デラウェア州 2018年1月19日
資本金 :$250,090.00
代表名 :菅原 宏明
所在地 :1254 Mission St., Suite 202, San Francisco, CA 94103
事業概要:顔認証・AI並びAR技術を用いた新規サービスのシステム設計・開発並び運営業務
WEBサイト:https://s-vis.com/
ビジョン :顔認証と創造力で人々の可能性を解き放ち、みんなが笑顔になる未来を創造します。
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. sVision Corporation >
  3. スマホカメラで同時に3人まで顔認証できる「Name Vision 」が、コワーキングスペース「MIDORI.so NAGATACHO」にて実証実験をスタート!