学校再開した小学生へ最高の「おめでとう給食」を。ローマ教皇へ提供したティラミスを無償寄贈

日本で1番古い町「酒々井町」の小学生全員と教職員約900名へ

2019年ローマ教皇が来日の際、料理提供・プロデュースをした株式会社パシフィックプロジェクト(本社:千葉県佐倉市、代表取締役:萩原勇作)は千葉県酒々井町の小学生全員と教員約900名に「入学・進級おめでとう給食」として、ローマ教皇来日時に提供したティラミスを無償寄贈することをお知らせいたします。
今回の寄贈を含め「おめでとうスイーツプロジェクト」は累計2000名を超える寄贈を達成します。

法王のティラミス法王のティラミス

日本全国の小学校で休校が続いた影響で、入学・進級をお祝いする「おめでとう給食」も残念ながら提供することが出来ない状態になっています。当社ではコロナ禍による状況下の中でも生まれる「おめでとう」の場面に特別なスイーツを無償寄贈する「おめでとうスイーツプロジェクト」を立ち上げました。今回は、その第3弾として千葉県酒々井町の小学生全員に「法王のティラミス」の寄贈を実行いたします。長い休校により大きな負担を強いられた子供たちが、寄贈によって食を通じ小学校へ行く楽しみを持ってもらえる事を期待しており、1日でも早い新型コロナウイルス感染の終息を願うとともに、地元の活性化、食文化の発展、貢献活動に寄与してまいります。

2019年来日したローマ教皇フランシスコ2019年来日したローマ教皇フランシスコ


【トピックス】

  • おめでとう給食寄贈の概要
  • おめでとうSWEETS プロジェクトの紹介
  • おめでとうSWEETS プロジェクトメンバーの紹介
  • 総合プロデューサー 萩原勇作コメント

 


■おめでとう給食寄贈の概要

寄贈イメージ寄贈イメージ

 

「おめでとう給食」は以下の内容で寄贈を実行します。
寄贈時期 2020 年6月中(各小学校による)
寄贈対象 千葉県酒々井町立小学校生徒全員
ならびに教職員の方
寄贈商品 「法王のティラミス」カップ(内容量55g)
製造者 オリベートザベーカリー
【寄贈式】
2020 年6月4日(木)14 時より
酒々井町役場にて(〒285-8510 千葉県印旛郡酒々井町中央台4丁目11番地)

【小学生向けに原材料を調整します】
「おめでとう給食」は2019 年にローマ教皇へ提供した「法王のティラミス」をベースにしながらも、子どもた
ちに安心して美味しく召し上がっていただけるよう調整して製造します。
カフェインやアルコールを使わず、保存料や防腐剤も使用しません。
また糖分の過剰摂取をしないよう、管理栄養士のアドバイスのもと通常よりも甘さを控えてのご提供をします。
【アレルギー対応について】
特定原材料等(28 品目中)
小麦・卵・乳成分・ゼラチン・大豆を使用しています。
アレルギー対象者へはアレルギー対応をした代替スイーツを用意いたします。

■おめでとうSWEETS プロジェクトの紹介

板倉正直印西市長板倉正直印西市長

西田三十五佐倉市長西田三十五佐倉市長

【当プロジェクトの目的と今後の展開】
・暗いニュースが続く中で明るい話題を提供したい
・長い休校による精神的負担を乗り越えた小学生に特別な体験をしてもらいたい
・食を通じて地元へ貢献したい
また今後も色々な「おめでとう」の場面に「おめでとうスイーツ」の寄贈を広げて行く計画です。
今回の「おめでとうスイーツ」寄贈プロジェクトによる特設ページを開設致しました。
プロジェクトの概要やプロジェクトメンバー、プレス向けの画像・映像素材がご覧いただけます。
佐倉市・印西市・酒々井町で寄贈累計2000 名以上
https://omedeto-sweets.com
【寄贈先】
2020年5月より
・千葉県佐倉市 佐倉市の病院で出産を迎える産婦さんと医療関係者約800名
2020年6月より
・千葉県印西市 印西市の病院で出産を迎える産婦さんと医療関係者約600名
・千葉県酒々井町 小学生全員と教職員約900名


■おめでとうスイーツ寄贈プロジェクトメンバーの紹介

 

・株式会社パシフィックプロジェクト
イタリアンレストラン オリベート(総合企画・プロデュース)
オリベート ザ・ベーカリー(製造元)菓子製造業免許 第28-9号
https://oliveto.jp
・株式会社リンクグロース(特設ページ作成)
https://sakurabu.com
・株式会社omegane(画像、映像提供)

https://home.omegane-pr.com
今回のおめでとうスイーツ寄贈に関しまして多くのご協力を頂きましたのでご紹介いたします。
≪協力≫・Luxury Card(プロジェクト協賛)・株式会社 三和(商品運搬協力)・株式会社クリーンファーム(食用花協賛)≪後援≫佐倉市、佐倉青年会議所、印西市(予定)、酒々井町(予定)

■総合プロデューサー 萩原勇作コメント

総合プロデューサー萩原勇作総合プロデューサー萩原勇作

2019年11月25日にローマ教皇フランシスコ公式昼食会のプロデュース・料理提供をさせて頂きました。昨年は台風災害を乗り越えた千葉の復興に少しでも力になれたことが幸いです。
「おめでとうスイーツ」プロジェクトは第1弾として千葉県佐倉市ならびに千葉県印西市の産婦全員並びに医療関係者に寄贈を実行し、新しいママたちに大変喜んで頂くことができました。
そして今回は千葉県酒々井町の小学生全員と教職員へ寄贈が実現することになりました。私たち事業者は明るい話題を提供することが地元地域への恩返しであり、コロナ禍を乗り越え再興を進めるエンジンとなります。
これからも色々な「おめでとう」の場面に寄贈を進め、明るい話題を提供していきたいと思います。
大きな精神的負担を乗り越えた子供たちに多くの笑顔が生まれるよう、感染防止を徹底しながら万全の準備を行い実行してまいります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パシフィックプロジェクト >
  3. 学校再開した小学生へ最高の「おめでとう給食」を。ローマ教皇へ提供したティラミスを無償寄贈