ファッションブランド初の取り組み「Allbirds」全製品にカーボンフットプリントの表示を決定

オールバーズ合同会社(本社:東京都中央区日本橋室町4丁目3番9号、代表:竹鼻圭一)は、シューズブランド「Allbirds(オールバーズ)」の全製品において、カーボンフットプリント(CO2e・温室効果ガス)の排出量を2020年4月15日より順次表示。カーボンフットプリント排出量ゼロを目指し、サステイナブルな取り組みをさらに加速します。


■サステイナブルなモノづくりへの共感で成長してきた「Allbirds」

いま地球は大きな気候変動にみまわれ、かつてないほどの危機にさらされています。
2016年にサンフランシスコで誕生した「Allbirds」は、製造メーカーの責任としてこの問題に対して何ができるかを常に考え、根幹にサステイナビリティ(持続可能性)を据えてモノづくりをおこなってきました。現在までに6か国で店舗展開し多くのカスタマーの支持を獲得していますが、その理由は履きごこちの快適さと、そして何よりサステイナビリティへの共感にあると考えています。しかし一般的にはどうでしょうか。レジ袋の有料化などでエコ意識は徐々に高まりつつありますが、さまざまな製品の製造過程で排出されるカーボンフットプリント(CO2e・温室効果ガス)に気を配る人は、ほとんどいないはずです。

■カロリー表示のように「地球のためにCO2e排出量を知る」を当たり前の世の中に

食品に表示されたカロリーをチェックすることは、多くの人々にとって日常となっていますが、行動を喚起した背景には、各国での栄養表示の義務化があります。それまで知ることがなかった情報が可視化されたことで、目にすることが増え、世の中の健康意識は格段に向上しました。私たちが起こそうとしているのは、まさにそんな行動改革です。
「Allbirds」では業界に先駆け、ファッションアイテムのカロリーとも言えるカーボンフットプリント(CO2e・温室効果ガス)排出量を、すべての製品において表示することを決定。2020年4月15日(木)より、ECサイトで順次開示をスタートしました。


■専門家と共同でライフサイクルアセスメントツールを独自開発

この取り組みのために、「Allbirds」では専門家と共同でライフサイクルアセスメント*ツールを独自で開発し、カーボンフットプリントを綿密に測定しました。なぜなら、素材調達、製造、洗濯、廃棄に至るまでの各プロセスごとにどれだけのカーボンフットプリントが大気中に排出されるのかわからなければ、減らす方法を見出すことはできないからです。また、生活の中でカーボンフットプリントへの興味関心をさらに高めていただくため、
他の日用品の平均的なカーボンフットプリント排出量と比較できる表も公開しています。
例えば「Allbirds」のシューズの平均値である7.6kgの排出量は、スマホ充電の967回分、ガソリン車で30km 走行分、洗濯乾燥機5回分に相当します。

*ライフサイクルアセスメント(LCA):製品やサービスに対する環境影響の評価方法


■サステイナブルな暮らしをライフスタイルに、カーボンフットプリント削減意識を日常に

雪の降らない冬も、熱帯地域のような異常な暑さの夏も。カーボンフットプリント排出は、いま私たちの周りで起こっている気候変動の大きな原因のひとつです。カロリーと同じように、近い将来、ショッピングモールでファッションアイテムのカーボンフットプリント表示を比較できるようになる世の中に。私たちは、「Allbirds」らしいサステイナブルなスタイルで目指します。

*カーボンフットプリントとは

カーボンフットプリントとは、製品を作るために排出されたkg CO2e のこと。あらゆる温室効果ガスの排出量を、CO2の排出量に換算したものです。
今後私たちは、製品の環境への影響を調べるためにすべての温室効果ガス排出量を集計し、CO2排出量に換算することで、二酸化炭素よりもさらに強力な温室効果ガスであるメタンの排出量も把握します。
 


カーボンフットプリント排出量削減を目指す背景をまとめたムービーなど、公式サイトでは「Allbirds」が取り組んでいるサステイナビリティについて詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください!
▼Allbirdsが取り組むサステイナビリティとは?
https://allbirds.jp/pages/sustainability
 
  • Online Store


URL  :allbirds.jp
アイテム :メンズ、ウィメンズ各14シリーズ
サイズ展開:22~32cmまで
送 料  :無料(日本国内のみ)
返品交換 :30日以内であれば無料
 
  • Harajuku Store


ストア名:Allbirds 原宿(オールバーズ原宿)
住 所 :東京都渋谷区神宮前1-14-34 原宿神宮の森ビル1階
JR原宿駅竹下口より徒歩1分
営業時間:11:00 ~ 20:00 不定休
お問い合わせ先:0800 080 4054

※現在臨時休業中
 
  • Our Story


サッカーの元ニュージーランド代表のティム・ブラウンとバイオテクノロジーの専門家であるジョーイ・ズウィリンジャー。2人の異色のチームにより、2016年にサンフランシスコで誕生したのが「Allbirds(オールバーズ)」です。
長年スニーカーを愛用してきたティムが、大きなロゴや目立つ色、そしてケミカルな素材といった従来のスニーカーのあり方に疑問を持ち、着目したのが、生まれ育ったニュージーランドのメリノウールでした。
ティムはその優れた特性の可能性を信じてジョーイとタッグを組み、快適性とサステイナビリティ、そしてデザイン性を兼ね備えた「Allbirds」が誕生しました。
最初に発売され、今やシグニチャーとなっている「Wool Runners(ウールランナー)」。最高級のメリノウールを使用したまったく新しい快適性はもちろん、シューレースに再生ポリエステル使用、インソールには石油ではなくヒマシ油を用いカーボンフットプリント排出量を抑えるといった環境に配慮したモノ作りが共感を呼びました。日々最新のテクノロジーを生み出しているシリコンバレーで支持を集め、アカデミー賞の受賞経験もあり環境活動家でもあるレオナルド・ディカプリオ氏が投資をし、その評価は世界中に広まっていきました。
その後も、ユーカリの木の繊維で快適さをそなえたメッシュ構造の「Tree(ツリー)」シリーズや、サトウキビ由来でカーボンネガティブなGreen EVA素材を靴底に採用したエコフレンドリーな素材の開発を続け、現在は14シリーズにまでラインナップが広がっています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Allbirds合同会社 >
  3. ファッションブランド初の取り組み「Allbirds」全製品にカーボンフットプリントの表示を決定