株式会社Re-al、東京都主催「都庁で渓流釣り体験」で小型遠隔釣りロボット「TeleAngler(テレアングラー)」を実演

東京都庁から奥多摩の渓流で泳ぐマスを釣る「ニューノーマル時代の観光体験」

株式会社Re-alは小型の遠隔釣りロボット「TeleAngler(テレアングラー)」を東京都主催の「都庁で渓流釣り体験」にて実演いたします。「ニューノーマル時代の観光体験」として東京都庁から奥多摩の渓流で泳ぐマスを釣る体験を提供いたします。東京都庁内で3月10日〜3月16日に開催され、事前申込にて先着150名程が体験可能です。

株式会社Re-al(代表取締役:新明脩平、https://re-al.co.jp/)は、同社が手がけるリアルハプティクス技術を応用した小型遠隔釣りロボット「TeleAngler(テレアングラー)」を東京都主催の「都庁で渓流釣り体験」にて実演いたします。

■都庁で渓流釣り体験とは

5Gの到来は、高速大容量・低遅延通信・同時多発接続が実現され、社会に大きな変革をもたらすと言われています。観光分野においても、日々新しい取り組みが行われており、その取り組みの一つとして同社の手掛ける「遠隔釣り」体験を東京都様主催にて開催する運びとなりました。「ニューノーマル時代の観光体験」として 2021年3月10日〜3月16日まで東京都庁内から遠隔で奥多摩のマスを釣る「都庁で渓流釣り体験」を開催致します。 公式HP(https://kanko5g.metro.tokyo.lg.jp/)より予約可能となっておりますので、是非とも最先端の遠隔釣り体験をお楽しみください。また、製品化手前のものですので、不具合等が発生する場合もございますが、何卒ご容赦ください。

 

​■TeleAngler開発の経緯
「いつでも、どこでも、釣りができるようにする」ことができれば、敷居の高いアクティビティだった釣りを、より身近に感じることができます。また、中国の古諺に「一生幸せでいたかったら釣りを覚えなさい」という一節があるとおり、幸せな時間を過ごすことができます。閉塞感、喧騒の中で生きる現代人にとって必要なデバイスであると考え、開発いたしました。
(TeleAngler紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=sxyCPE6Z5PI&t=6s


■株式会社Re-alについて

同社は2018年2月に創業したスタートアップであり、慶應義塾大学ハプティクス研究センター(http://haptics-c.keio.ac.jp/)との共同研究開発の下、遠隔釣りロボットの開発を行い、釣りの楽しさや行為主体感ある体験から生み出される幸福感を伝えて参りました。TeleAnglerのイベント、常設、トライアルでのご利用や協業などに興味がある場合には、弊社ホームページの問い合わせフォーム(https://re-al.co.jp/contact/)よりご連絡ください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Re-al >
  3. 株式会社Re-al、東京都主催「都庁で渓流釣り体験」で小型遠隔釣りロボット「TeleAngler(テレアングラー)」を実演