三菱地所の有楽町ブランドムービー「新しい有楽町で逢いましょう」を制作/公開

明治から令和へ続く街の営みと、有楽町を形づくる “プレイヤー”の熱量を表現

81plus株式会社(代表取締役:岩本義樹)は、三菱地所株式会社の有楽町ブランドムービー「新しい有楽町で逢いましょう」を制作しました。本映像は、2019年より有楽町で始動した「Micro STARs Dev. - 街の輝きは人が作る」(https://yurakucho-msd.com/)のコンセプトを映像化。有楽町の歴史を紐解き、過去も現在も未来も、この街に訪れる人が街を彩っていくことを伝える “街のプレーヤー"にフォーカスした映像です。

動画URL : https://youtu.be/jQiC727Z8fU
81plus公式サイト:https://81plus.jp

 
  • 有楽町を形作る「プレイヤー」たちの熱量を表現

本映像の制作の過程では、有楽町の歴史を紐解くべく徹底的なリサーチを実施しました。

明治時代以降、有楽町はアミューズメントシティとして、数多くの劇場や映画館が次々とオープンしました。また、新聞社やラジオ局が集まり、様々なムーブメントや文化を作り出し、発信する街でした。過去も現在も有楽町に住んでいる人は少なく、自分を表現するために、集まり、交差し、それによって街は賑わい、磨かれてきた歴史があります。

そんな、ダンサーやアーティスト・アクター・新聞記者などの「プレーヤー」が、この街のバックステージに存在していたことを表現すべく、スタジオ撮影では当時の衣装や小道具を再現。また、当時の文献や2000枚以上の写真を活用し、明治・大正・昭和・平成・令和と続く街の営みを表現するため、コラージュを制作し、街づくりに携わった熱量を表現しました。

 いつの時代も街に集まる人が主役になり輝く有楽町。映像を通して、その歴史や魅力をお楽しみください。

 

  • メッセージ

有楽町で逢いましょう。

この街は昔から、有楽町に訪れる人で彩られてきました。

この街は常に、有楽町に集う人の熱量が混じり合い、感動を作り出し、情報を発信することで、新しい文化を生み出してきました。

この街のバックステージには、表現する人の才能、想像する人の努力、発信する人の情熱が集まり、街の光を作り出しました。

街の輝きは人が作る。

今でもこの街は、アイディアが生まれた瞬間の好奇心に溢れ、チャレンジして、磨かれ、光り輝くステージがあります。

いつの時代も、この街に集まる人が主役になり、次の有楽町を築きます。

新しい有楽町で逢いましょう。

 

  • ​​​有楽町ブランドムービー「新しい有楽町で逢いましょう」

動画URL:https://youtu.be/jQiC727Z8fU

スタッフ クレジット

Creative Director / Copy Writer:岩本 義樹
Director:George Lea
Art Director / Graphic Designer:鈴木 康平
Producer:横山 ふみ/勝村 紀昌
Planner:杉若 國太郎
Production Manager:八木 菜々実/安部 諒
Production Assistant:吉田 幸平/武藤 菜美
Assistant Director:𠮷中 詩織
Director of Photography:丸山 拓之
Camera Assistant:笹川 航
Gaffer:田中 心樹
Editor:伊藤 瑞希
Sound Engineer:堀 修生
Set Designer:橋本 昌和
Stylist:椎名 倉平
Hair / Make Up:平野 真友美/岡本 典子/KABUKI RYOTA/ 田中 貴浩
Stylist / Hair / Make Up:篠原 奈緒子(ロケ)
Mixing Engineer:泉 太朗
Photographer:鈴木 慎之介
Cast:岩城 滉太
Music:Michael Kaneko
A&R:佐野 活人

広告主:三菱地所株式会社
広告会社・企画/製作会社:81plus株式会社(https://81plus.jp/
制作会社:株式会社RECO(https://reco-inc.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 81plus株式会社 >
  3. 三菱地所の有楽町ブランドムービー「新しい有楽町で逢いましょう」を制作/公開