Pix4Dがスタンドアロンのフォトグラメトリー(SfM)クラウド処理ソリューションをリリース

フォトグラメトリ―(SfM)の業界をリードするPix4Dは、Pix4Dcloud およびPix4Dcloud Advancedの商用リリースを発表しました。

Pix4Dcloud および Pix4Dcloud Advanced は、オンライン測量業務および建設現場モニタリングのための新しいマッピングプラットフォームです。これらのスタンドアロンクラウド製品はPix4Dのフォトグラメトリーアルゴリズムを使用し、画像から現実をマッピングおよびモデリングします。Pix4Dcloud Advanced は Pix4Dcloud の機能を拡張し、建設業界のユーザーのニーズに対応するために時系列モニタリングおよび精度の向上ツールを含みます。両製品は以前のPix4Dクラウドのプラットフォームを取り替えます。


Pix4Dの創立者でCEOである Christoph Strecha は、「Pix4Dの新たに改善されたクラウドソリューションは既存のデスクトップおよびモバイル製品のラインアップを完全に補完します。Pix4Dの先端的なアルゴリズムとノウハウをオンラインプラットフォームに統合することにより、強力、柔軟で簡単に使用できるアプリケーションを必要としているプロフェッショナルの皆様に高い付加価値をご提供することが出来ます」と語っています。

クラウドで測量レベルの精度

Pix4Dcloud Advanced で、地上標定点(GCP)を含めたプロジェクトをクラウド上で直接処理することが可能となりました。Pix4DはAutoGCPsの機能に機械学習とコンピュータビジョンを組み合わせ、GCPの中心点をピクセルレベルの精度でほぼ瞬時に自動的にピンポイント認識することに成功しました。より詳しい情報は Pix4Dのブログ をご参照ください。(https://www.pix4d.com/jp/blog/new-pix4dcloud-release)

リフレッシュされた、より強力なインタフェース

全てのプロジェクトとデータセットはドライブの一か所で管理できます。プロジェクトと現場が簡単に検索でき、複数のアプリケーションから異なるプロジェクトを開く必要がなくなりました。マップビューではアノテーションとオーバーレイが自動的にグループ化され、作業と共有方法をより簡単にします。グループ化されたレイヤーは1クリックで非表示にでき、複数のアノテーショングループを作成し、シンプルに整理することが可能となりました。

クレーンカメラでの建設現場のモニタリングを正確にジオリファレンス

Pix4Dのクレーンカメラとのバンドル使用により、Pix4Dcloud Advanced は現場の作業を中断することなく自動的に建設現場の画像を取得して処理する、最も明確なソリューションにもなります。アライメント処理の向上から、同じ建設現場で異なる日に撮影されたプロジェクトは以前よりも更に綺麗に重なり合うようになりました。(残念ながら、現在クレーンカメラは日本では販売しておりません。)
 


Pix4Dcloud と Pix4Dcloud Advanced は、2Dマップと3Dモデルをオンラインのみの測量ワークフローのためにPix4Dのデスクトップソフトウェア各種とは独立した形でご購入頂けます。
https://cloud.pix4d.com/demo から、アカウントがなくとも無料でデモプロジェクトをご覧頂けます。

Pix4DcloudとPix4Dcloud Advancedの機能比較表はこちら:https://prtimes.jp/a/?f=d55745-20200612-1030.pdf

Pix4Dについて
Pix4D (pix4d.com/jp) は手持ちカメラ、ドローンや飛行機により撮影された様々な画像を測量レベルの精度で正確にジオリファレンスされた2Dモザイク、3Dモデルおよび点群に変換する最先端のソフトウェアを開発しています。2011年に設立され、スイス・ローザンヌにある本社を始め、ベルリン、マドリード、デンバー、サンフランシスコ、上海および東京にオフィスを急速に展開しております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Pix4D株式会社 >
  3. Pix4Dがスタンドアロンのフォトグラメトリー(SfM)クラウド処理ソリューションをリリース