静岡県浜松市の「春野医療MaaSプロジェクト」が始動!Level4環境下での自律飛行実現を見据え、オンライン診療と連動したドローンによる医薬品配送の実証実験に参加

Level 4(有人地帯での目視外飛行)実現による、地域課題の解決を目指す。

ドローンのAI管制プラットフォームを開発する株式会社トラジェクトリー(本社:東京都中央区、代表取締役:小関 賢次、以下「トラジェクトリー」)と、ドローンの社会実装を支援することで産業の更なる発展を推進する株式会社スカイピーク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高野耀、以下「スカイピーク」)は、天竜区春野町で実施する「春野医療MaaSプロジェクト」の実証実験(※1)に参加いたします。本プロジェクトは、オンライン診療・オンライン服薬指導によって処方された医薬品をドローン等で配送することで、中山間地域の課題解決を目的としています。

※1:浜松市が経済産業省の「地域新MaaS創出事業」における先進パイロット地域の一つとして選定され、実施するものです。

  • 「春野医療MaaSプロジェクト」の趣旨
本プロジェクトは、「オンライン診療・服薬指導・ドローン等による医薬品配送」により、地域課題解決を目指しています。浜松市のなかでも高齢化が進行している中山間地域の天竜区(高齢化率約 42%)では、医師不足に加え、高齢者の通院困難等の課題に直面しています。

そこで、浜松市、地域の医師会、私たち民間企業が連携し、オンライン医療サービスと連携した「ドローンによる医薬品配送サービス」の実証実験を行う運びとなりました。

本プロジェクトの全体像として、大きく以下2点について実証実験を実施します。
(1)移動診療車によるオンライン診療
(2)オンライン服薬指導から薬剤の配送
このうち、トラジェクトリーとスカイピークは(2)に相当する「ドローンを用いた医薬品配送」の実証を行っています。

本プロジェクト実装は、首相官邸が発表する「空の産業革命に向けたロードマップ2020」における「Level4」有人地帯での目視外かつ補助者なしの自律飛行(自動運転)実現を目指しています。これにより、高齢者は将来的に自宅にいながら医薬品を手に入れることが可能となります。

ちなみに「Level1」は目視内での操縦、「Level2」は目視内での自動・自律飛行、「Level3」は、山や海水域などの無人地帯における補助者なしでの目視外飛行と定義されています。その上で、本プロジェクトは最先端のドローン利活用を推進することで、浜松市の掲げる持続可能な都市づくりの実現に貢献する社会的意義の高い取り組みであると考えています。

▼「春野医療MAASプロジェクト」デモムービー

 

 

  • 実施概要

■期間:2020年10月19日~2020年12月下旬
■実施エリア:静岡県浜松市天竜区春野町(ドローン医薬品配送候補エリアは下図参照)
■実験内容:
・離発着地点に関する検証
安全を担保した上で実際にドローンによる医薬品配送が必要な患者宅を着陸地点として、各ドローン物流にとって必要な離発着条件(地形や広さなど)を検証します。

・飛行経路に関する検証
ドローンごとに機体スペック等が異なるため、安全かつ最適な飛行経路は異なります。そのため、近隣の高圧鉄塔や高圧線の配置を踏まえた上で実際に飛行実験を行い、各ドローン機体にとって最適な飛行経路(障害物との距離や高度など)を検証します。

 ・医薬品受け渡しに関する検証
医薬品の種類、離発着地点及び飛行経路を考慮した輸送サービス範囲、病院側のドローンへの荷物積み込み作業負担及び安全性、患者側のドローンからの荷物取り外し作業負担及び安全性、患者様側作業の代替手段、全体的な経済性などを検証します。

▼ドローン医薬品配送候補エリア


▼生成した3D地図の一部

■プロジェクト全体の実施体制
<代表団体>
・浜松市
<参加団体>
・株式会社トラジェクトリー
(協力企業:株式会社スカイピーク(3D地図作成・ドローンによる薬剤配送))
・一般社団法人磐周医師会(医療関係者などとの調整)
・仁成堂小澤医院(オンライン診療、オンライン服薬指導)
・MONET Technologies株式会社(企画・運営、移動診療車及び運行システム提供)
・株式会社杏林堂薬局(オンライン服薬指導、薬剤配送)
・株式会社博報堂(全体報告書作成)
・浜松市モビリティサービス推進コンソーシアム(社会実装に向けたコンソーシアムでの情報共有)

  • 本プロジェクトの背景
浜松市は人口減少・超高齢化社会に向けて、昨年10月に「デジタルファースト宣言」を実施し、デジタル・スマートシティ推進により、持続可能な都市づくりを目指しています。今年4月には、分野間連携及びデータ利活用を促進するため「浜松市デジタル・スマートシティ官民連携プラットフォーム」を設立しました。

モビリティ分野では、昨年度「スマートモビリティチャレンジ推進協議会」に加盟し、全国他都市との知見の共有を進めるとともにモビリティプラットフォームを構築しているMONET Technologies株式会社と連携協定を締結し、本市のモビリティ推進の体制を強化。さらに今年4月には「浜松市モビリティサービス推進コンソーシアム」を設立し、官民連携及び異業種連携による 地域の移動手段の確立や移動とサービスの連携を推進しています。

今年度中に今後の本市のMaaS政策推進の方向性や、ロードマップを示す浜松市MaaS構想の策定を予定しており、本プロジェクトは今年4月に発足した「浜松市モビリティサービス推進コンソーシアム」と連携して進めています。
 
  • 今後の展開
私たちは航空管制プラットフォーム開発で培った経験やドローン運用における実務経験やノウハウを体系化しドローン4DトラジェクトリーシミュレーターやAI管制プラットフォームを用いることで、誰もが空の恩恵を享受できる社会を実現し、お客様や地域課題の解決を目指しております。

本プロジェクトは、ドローンの社会実装に向けた1つのユースケースであり、「春野医療MaaSプロジェクト」の実装はもちろん、今後デジタル・スマートシティ推進を目指す浜松市や、各協力企業と連携し、 「Level 4」有人地帯での目視外飛行の実現を見据え、本市におけるさらなるドローンの利活用を推進いたします。

この「Level4」の実現により、民生用途の拡大に加え、気候変動、大規模災害、各分野での人手不足、インフラの老朽化等、より多くの社会問題解決に向けた公益性の高い事業展開が可能になります。私たちは、人とドローンの共存によって「住み続けられるまちづくり」の実現に取り組んでまいります。


■株式会社トラジェクトリーについて
トラジェクトリーは、ドローンのAI管制プラットフォーム、AI監視クラウドサービス、4Dトラジェクトリーシミュレーターなどドローンやエアモビリティなどの無人航空機に関する管制プラットフォームを提供しており、誰もが簡単かつ安全にUAV(無人航空機)の恩恵を享受できる社会を実現し、人々のQoL(Quality of Life)向上に貢献していきます。独自のAI管制システムをはじめとしたソフトウェアの開発実績を重ね、さまざま社会課題の解決を目指し、ドローンが当たり前のように空を飛び、誰もがドローンの恩恵を享受できる社会の実現に取り組んでいます。

<会社概要>
(1) 社  名 :株式会社トラジェクトリー(Trajectory, Ltd.)
(2) U R L :https://trajectory.jp/
(3) 代表取締役:小関 賢次
(4) 本社所在地:東京都中央区銀座2-4-1 銀楽ビルディング 5F
(5) 設  立 :2018年3月

■株式会社スカイピークについて
スカイピークは、国土交通省登録管理団体として、産業分野における人材育成、環境整備、普及活動を行っています。活かせるスキルを学ぶドローンスクールをコンセプトに「仕事で活かせる知識とスキル」と「講師の質」を重要視し、実践的なスキルを習得できる環境を提供しています。実務経験豊富な専門家の協力による質の高い実践的なノウハウを提供することで、適切な管理と指示ができる操縦・管理責任者の人材育成を行い、ドローン業界の健全な発展に貢献していきます。2020年より「Level4」(有人地帯での目視外飛行)運用を想定した適切な空域管理と指示ができるオペレーターの育成及び、新産業創出へも取り組みます。

<会社概要>
(1) 社  名 :株式会社スカイピーク
(2) U R L :https://japandronelicense.com
(3) 代表取締役:高野 耀
(4) 本社所在地:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア41F
(5) 設  立 :2017年5月

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トラジェクトリー >
  3. 静岡県浜松市の「春野医療MaaSプロジェクト」が始動!Level4環境下での自律飛行実現を見据え、オンライン診療と連動したドローンによる医薬品配送の実証実験に参加