テレワークへの移行でコミュニケーションが取りづらいとお困りの法人・団体様向けに、オンライン特化型コミュニケーショントレーニングを開始。

登壇者とともにスピーチ原稿を作成し、話し方のトレーニングを行う法人向けライティング・トレーニング事業と、個人向けのスピーチスクール事業「goodspeak」を運営する株式会社カエカ(東京都渋谷区、代表取締役社長:千葉 佳織、URL:https://kaeka.jp )は、新型コロナウイルスの影響でテレワークに移行し、オンライン会議やオンラインセミナーを行う法人や団体を対象にしたオンラインコミュニケーショントレーニングのサービスを開始しました。

 政府による緊急事態宣言の発令を受け、外出・営業自粛要請により、日常業務をテレワークに移行する法人や団体が増加しています。

 テレワーク導入には数多くの壁が存在します。オンライン会議を導入したものの、従来の対面会議のように話が円滑に進まない。自社開催したオンラインセミナーの参加者満足度が下がる。プレゼンテーション動画を作成してクライアントに送る必要があるなど、コミュニケーションやメッセージの発信に困難が生じる場合があります。新たな働き方が広がる中でも、こういった課題は未だ解決されていない現状があります。

 オンライン化が進んだ今こそ、非言語情報に頼らずに「話す力を向上させること」や「メッセージの質を担保すること」がより一層重要になります。弊社ではこれまでの蓄積を生かし、オンライン会議やオンラインセミナーを行う法人や団体を対象に、オンラインに特化したコミュニケーショントレーニングのサービスを開始しました。 

【導入イメージ】



※集団講義や個別フィードバック、改善トレーニングなど、課題に合わせてトレーニングをカスタマイズし、目的の達成に向けての全面サポートを行います。

 株式会社カエカは、経営者、政治家、企業の登壇者の原稿を作成し、本番まで話し方のトレーニングを行う、法人向けライティング・トレーニング事業と、個人向けのスクール事業「goodspeak」(すべての人が話す力を本気で身につけるスピーチスクール URL : https://goodspeak.kaeka.jp )の運営しております。
 


 弊社は、様々な職種・業種のお客様との取組を通して、お客様の「伝える技術」に向き合って参りました。サポートさせていただいた多くの方々が、ご自身の話し方を定期的に見返して改善するサイクルを経て、確実なスキルを身につけられ、目標も達成されています。

 今回弊社が提供する新たなトレーニングは、オンラインで発生するお客様の様々な課題を解決し、事業を加速させるお手伝いをいたします。オンラインコミュニケーションにおいて発生する大小様々な課題やトラブルに直面されている皆様の一助となれますと幸いです。

■「オンライン特化型コミュニケーショントレーニング」サービス概要
【対象法人・団体】
テレワークやオンラインセミナーなど、すべてのオンラインコミュニケーションに取り組む法人・団体のみなさま。(それ以外の場合も、話すことに関わるご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。)

【お問い合わせ窓口】
●「株式会社カエカ」新型コロナウイルス対策サポート窓口:
E-mail: info@kaeka.jp
まずはE-mailにてお問い合わせください。

※開催したワークショップの様子

■こんなことでお困りではありませんか?
・ビデオ会議の導入/運用方法/コミュニケーションに不慣れである。
・従来の対面会議のように話が円滑に進まない。
・非言語情報がなくなりオンラインセミナーの参加満足度が下がる。
・プレゼンが対面でできなくなりプレゼン動画を作成する必要があるなど。

■想定されるサポートサービス例(スピーチライティング・メッセージライティングや、コミュニケーションのトレーニングにより解決できるすべての事例)
・テレワークを開始している/これから導入する企業の導入支援
・リーダーのメッセージの明瞭化と発信支援
・テレワークにおける組織マネジメント支援
・テレワークの質の向上トレーニングと設計
・リモートイベント実施のトレーニングと満足度向上
・社員のモチベーション管理
・テレワークにおける組織マネジメント支援
・セミナーや採用説明会など、少人数対多数のオンラインイベント支援
・オンライン面接などの1on1コミュニケーショントレーニング
・企業メッセージのライティング
・オンライン特化プレゼンテーションの作成
・オンラインコミュニケーションの個別フィードバックサポート
・オンラインコミュニケーションスキル改善レクチャーとワークショップ
・オンライン個別スピーチトレーニング
・動画(ライブ・収録)撮影で話す方の育成トレーニング
 

※開催したイベントの様子

●株式会社カエカについて


 株式会社カエカは「すべての人が話し手となりチャンスを掴む社会」の実現に向け、スピーチに関するライティング・トレーニング・スクール・ライブ事業を展開しています。
 かつて日本には、話す力に向き合う機会がほとんどありませんでした。察する文化、教育不足など理由は多岐に渡ります。
 自由な発信ができる新しい時代を迎えた今、話す力への取り組みはこれまで以上に重要になります。「話す力の強化」はAIやテクノロジーでは補えない「人間として発揮できる価値の充実」を目指し、事業を展開して参ります。

● スピーチライティング
 お客様の意志と熱意が伝わる原稿を作成。当日の舞台演出アドバイスなど徹底サポート。伝えたい内容のメッセージライティングの執筆を行う。

● スピーチトレーニング
 話に説得力を増すための声や表情、振る舞い等の強化、コツが定着するまでの徹底的なレッスンを実施。個人練習の方法や原稿暗記方法の管理・サポートも行う。

● セミナー・研修
 企業研修や話し方関連の講義など、お客様の課題に合わせてカスタマイズをしながらスピーチ・プレゼンテーション技術の向上の関わる講座・ワークショップを開催。対面・オンラインともに受講可能。

● MC・司会・ファシリテーション
 弊社の司会者が、イベントのスムーズな運営をサポート。

● スピーチスクール < goodspeak >
 話す技術を本気で身に付けたい方のためのスピーチスクール。ライティングとスピーキングの両観点から話す力を学習する。

【過去取組実績】
大学、自動車販売業、大手飲食グループ、IT、政治家、経営者、カンファレンス登壇者などで育成。
※なお上記は、新型コロナウイルス対策としての一覧ではありません。

□会社概要
会社名 :株式会社カエカ
代表者 :代表取締役社長 千葉 佳織
設 立 :2019年12月03日
所在地 :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6 西田ビル5F
コーポレートサイト:https://kaeka.jp

□代表プロフィール
代表取締役社長 千葉 佳織(ちば かおり)

 15歳から日本語のスピーチ競技、弁論をはじめる。2011年安達峰一郎世界平和弁論大会にて優勝、2012年内閣総理大臣賞椎尾弁匡記念杯全国高等学校弁論大会にて優勝、2014年文部科学大臣杯全国青年弁論大会一般の部にて優勝をする。
 慶應義塾大学卒業後、株式会社ディー・エヌ・エーに入社。小説投稿サイトの企画を経て、人事部で新卒採用を行いながら、同社初のスピーチライターの業務を立ち上げ、イベントや採用の登壇社員育成、代表取締役社長のスピーチ執筆など、部署横断的に課題解決に取り組む。2019年、株式会社カエカを設立。経営者や政治家などを対象とするスピーチライティングやトレーニングのほか、教育機関でも講師や研修を手掛け、スピーチスクール「goodspeak」の運営や、スピーチによるエンターテイメント「SPEECH LIVE」の旗揚げなど行う。

代表挨拶
 私自身、10年前に偶然の巡り合わせで「話す技術」を学びはじめました。訓練をして磨き続けた結果、話す技術は後天的に身につけられると実感しました。話す技術は才能ではなく、「学ぶ機会に恵まれたかどうか」で左右されます。話す力に巡り会う人を増やし、その人の目に映る景色を変えていくことを使命に掲げ、全力を尽くして参ります。

【本プレスリリースに関するお問合せ先】
株式会社カエカ
担当:今井(090-3247-2833)・張(080-6142-9630)
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6 西田ビル5F
E-mail: info@kaeka.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カエカ >
  3. テレワークへの移行でコミュニケーションが取りづらいとお困りの法人・団体様向けに、オンライン特化型コミュニケーショントレーニングを開始。