独立社外取締役/監査役の選任支援サービス「 ExE(エグゼ)」をリリース

株式会社trient(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:横尾謙佑)は、運営する法曹人材採用メディア「弁護士転職NO-LIMIT」の周辺事業として、新たに独立社外取締役/監査役の選任支援サービス「 ExE(エグゼ)」をリリースいたしました。

 
  • 社外役員紹介 ExE(エグゼ)《選任企業様向けURL》

 

 

https://outside.no-limit.careers/corp/

  • リリース背景
CGコード改訂案が4月6日(火)に発表され、上場企業及び上場準備企業についても、これまで以上に社外取締役・監査役の独立性および、多様性が求められるようになりました。他方、独立性を優先するあまり、事業戦略や、業界専門性への親和性に欠け、人材登用に難航するケースも多くございます。

本サービスでは、独立性を担保しながら、専門性を有する人材確保の為、業界に精通した弁護士を起用したい企業様へ迅速な支援が可能と考えております。

表:改訂CGコードの移行スケジュール
21年4月6日 CGコード最終案公開、パブリックコメント
21年6月(予定) 改訂CGコード施行
21年6月末日 新市場区分の移行基準日
21年9月〜12月 移行手続き期間
21年12月末 移行計画書を開示
22年4月1日 一斉移行日

 

  • 提供サービスについて
IT・メーカー・医療など、分野に特化した弁護士を選任
御社の希望するポジション・事業戦略をヒヤリングし、最もマッチした経験をもつ弁護士をアサインします。

弁護士の実務経験を厳正に審査
弁護士であれば誰でも紹介登録ができる体制ではありません。
取締役としての実績や人間性もちろん、厳正な審査基準を設けています。

適正な人材をスピード紹介
社外取締役としての経験者探しが難航し、一向に進まないといった「不要な時間」を短縮。
社内体制の構築にスピーディに対応します。

証券会社、VCがリーチできないエグゼクティブプレイヤーを紹介
上場準備中・ガバナンス体制の構築などに知見のある弁護士を、社外取締役に起用したいという需要が高まる一方で、証券会社、VCでも紹介するのが難しい現状があります。社外役員を1人が兼任できる社数が限られているのも理由のひとつですが、経営幹部候補・上場経験・コーポレートガバナンスに対応できる「弁護士」に人脈が無いのが最も大きな理由です。

ExE(エグゼ)は、ビジネス相談仲介(スポットコンサルサービス)のような一過性のサービスではなく、企業の置かれているステージ・状況・ニーズに応じた人材をご紹介します。
 
  • 会社・サービス概要
株式会社trientは、「関わる人の人生を最高に豊かにする」という行動理念を掲げ、社員・ユーザーが社会人として生きる中で抱える様々な悩みに、真摯に向き合い続ける組織であり続けるため、日々邁進しております。

働くモチベーションは人それぞれですが、きっと誰にだって自分が最高に楽しめる組織・人はいる。HRという土俵の中で、人々に活躍の場を提供しながら笑顔・喜びを1つでも多く作る。

それが私たちのミッションです。

社名   :株式会社trient
本社所在地:東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTH304
設立   :2019年12月16日
代表取締役:横尾 謙佑
URL   :https://trient.co.jp/
事業内容 :弁護士・法律事務所の人材紹介業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社trient >
  3. 独立社外取締役/監査役の選任支援サービス「 ExE(エグゼ)」をリリース