NHK Eテレ『オトッペ』新ED曲「ワオーン!ワオーン!ワオーン!」本日リリース!公式YouTubeチャンネルにてアニメーション動画も公開!

NHK Eテレで好評放送中(※月~金曜 午前6:35~6:40、再放送 午後5:55~6:00)の『オトッペ』。
4月5日(月)に番組で初オンエアされた、メタルク(CV:千葉進歩)が歌う新ED曲「ワオーン!ワオーン!ワオーン!」が本日デジタル配信リリース!公式YouTubeチャンネルにてアニメーション動画も公開しました。
NHK Eテレ『オトッペ』は、放送と連動した番組公式アプリやキャッチーな楽曲群、そして大人も楽しめるちょっぴりシュールなストーリーが話題となり、「オトッペ町役場」の公式YouTubeチャンネルは登録者数14万人、関連動画の累計再生回数は1.4億回を突破。全国の様々な保育園・幼稚園などで楽曲の踊りが実施されるなど幼児を中心に人気を博しています。

そんなオトッペから、金属のオトッペ・メタルク(CV:千葉進歩)が歌う新ED曲「ワオーン!ワオーン!ワオーン!」の楽曲配信が本日スタートいたしました!公式​YouTubeチャンネルではMVを公開。
 

                     (C)NHK/オトッペ町役場

■各種配信サービス一覧   https://linkco.re/p0qp870p
 

 

■公式YouTube https://youtu.be/QZnVvC3jpqU
 
高さが異なる3つの音が、一緒に鳴って響きあう。
そんな「三和音」の面白さを、3匹の犬たちが「ワオーン!」と教えてくれる。
和音と犬の鳴き声のダジャレから生まれた一曲です。

3匹の「ワオーン!」が重なり合うと、特別な響きが生まれます。
長三和音、短三和音、減三和音、増三和音。
かわいい犬たちと一緒に、音楽理論を楽しく感じてみてください。

⾳のふしぎ、⾳のおもしろさをきっかけに、⾃由に想像⼒をふくらませることの⼤切さを伝えたい「オトッペ」が⽣みだす新しいエンディングテーマです。

そして、本楽曲を歌った、千葉進歩さんからのコメントも到着しております!

 

『メタルクらしいとても渋い曲ですね。昭和の懐かしさと哀愁を感じて僕は好きです。収録では、共同作詞・作曲を手掛けた吉田さんから歌詞の深さを聞いてますます力が入りました。犬の遠吠え?がクセになります。ぜひいろいろ堪能してくださいね。千葉進歩』


■「ワオーン!ワオーン!ワオーン!」解説
「ワオーン!ワオーン!ワオーン!」は、三和音の音楽理論を参考に作詞作曲されています。

1番:調和のとれた性格で 団結力を見せてくれ(長三和音)
長三和音は、最も自然な形で、明るい響きの和音です。
協和音で安定感があり、世の中の音楽で最も多用される和音と言っても過言ではありません。
和音と聞けば、パッと思い浮かぶ「ド〜ミ〜ソ〜」は長三和音にあたります。

2番:「アルルの女」か「運命」か 本当の涙を見せてくれ(短三和音)
短三和音は、暗く、かなしく響く協和音です。
長三和音と並んで重要な和音で、「アルルの女/ビゼー」「運命/ベートーベン」は短三和音から始まる名曲です。
明るい幸せな曲というイメージで有名な結婚行進曲のパパパパーンの導入後の最初の和音は意外にも短三和音の響きです。短三和音は、涙を誘う和音なのです。

3番:ここ一番の「革命」で 僕らの未来を見せてくれ(減三和音)
減三和音は、不安定で緊張感のある響きの不協和音です。
あまり長い時間留まることはありませんが、ここ一番の泣かせるポイントの前に現れると、次の和音を大きく引き立てます。
そう。それはまるでスイカに塩をひとつまみ振りかけたように。
ショパンの「革命エチュード」は、冒頭からこの和音で始まり鮮烈な印象を残します。

4番:時々見せる横顔で 華麗な架け橋見せてくれ(増三和音)
増三和音は、不安定な響きの不協和音です。
単体で聴くと心地よい和音ではありませんが、音楽の中で次の和音へとつながる「架け橋」のように使うと、美しい半音階のカウンターラインが生まれます。

「ワオーン!ワオーン!ワオーン!」楽曲情報
■タイトル:「ワオーン!ワオーン!ワオーン!」
■作詞:Teamオトッペ、吉田ゐさお
■作曲:吉田ゐさお
■歌:メタルク(CV:千葉進歩)  コーラス:ワオーン・ドッグス(ベイビー・ブー)
  • 放送概要
放送:NHK Eテレ

放送時間:平日 午前 6:35~6:40 (再放送)午後 5:55~6:00 

  • 番組情報
NHK Eテレにて放送中の『オトッペ』は、“聴察”をテーマに、世界一のDJを目指すシーナと音から生まれたふしぎな生きもの「オトッペ」たちのへんてこな毎日を描く5分番組です。放送と連動した番組公式アプリや、カラフルで魅力的なキャラクターたちが子どもを中心に人気を博しています。
シーナ役の久野美咲さんをはじめ千葉進歩さん、井口裕香さん、小原好美さん、桐井大介さんら人気声優の出演や、シュールなセリフ回しから、大人世代の支持も集めています。また、俳優の西島秀俊さんや、お笑いタレントの福田充徳さんが声優として参加していることも話題となっています。劇中や OP/EDで流れるキャッチーな楽曲とダンスの人気も高く、「オトッペ町役場」の公式YouTubeチャンネルは登録者数14万人、関連動画の累計再生回数は1.4億回を突破。全国の様々な保育園・幼稚園でも番組楽曲が踊られています。
放送開始から5年目を迎える2021年秋に、ミュージカル映画『劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ』の公開が決定しています。

▼オトッペ町役場YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCvZEsL3yzjTXXIOIG4IVt2w
▼オトッペ町役場公式HP「OTOPPE TOWN」
http://otoppetown.com/
▼『劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ』公式サイト
https://otoppe-movie.com/
▼オトッペタウン公式Twitter(@otoppetown)
https://twitter.com/otoppetown
▼オトッペタウン公式Instagram(@otoppetown)
https://www.instagram.com/otoppetown
▼オトッペDVD紹介ページ
https://otoppe-dvd.ponycanyon.co.jp/

<キャスト>
シーナ :久野美咲 / ウィンディ パティシーモフ: 井口裕香 / メタルク グラストン: 千葉進歩 / ウッドウッド フレイミー ブックラーノ :木内秀信 / モータロン マネスキー:渡辺明乃 / ペッペラーノ ポトレイン  ナレーター:桐井大介 / ウォッタ ウミッタ:小原好美 / ドアモリソン ウィンディパパ :大山鎬則 / カットン ヒーヒー ルールー:浅野まゆみ / エレキー :飯島肇 / ウエスティ:西島秀俊 / ハナビート:志田有彩/ ベルベリー:山下誠一郎 / フクビー:福田充徳(チュートリアル) / イシマル:金子彩花

<あらすじ>
世界一のDJを目指すシーナはみのまわりの音をあつめてDJプレイするのが大好き。
ある日、音さがしをしていたシーナは、扉をくぐり別の世界に迷いこんでしまう。そこは、音から生まれたふしぎな生きもの「オトッペ」たちがくらすオトッペタウン。気まぐれな風のオトッペ「ウィンディ」をはじめ、ゆかいなオトッペたちとシーナのへんてこな毎日がはじまる。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オトッペ町役場実行委員会 >
  3. NHK Eテレ『オトッペ』新ED曲「ワオーン!ワオーン!ワオーン!」本日リリース!公式YouTubeチャンネルにてアニメーション動画も公開!