テントハウスの「もちひこ」がドライブスルー型PCR検査所向けテント及び防災救護テントの供給をスタート

迅速な態勢強化が求められるPCR検査所向けテントを自治体に提

テントハウスの設計・製造・販売を行う株式会社もちひこ(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:望月伸保)の通販部門会社、インダストリーアンドマネジメント株式会社は4月末より、ドライブスルー型PCR検査所向けテントと、防災救護にも使用できる多目的テントの販売をスタートいたします。

タイプ1:ドライブスルー型PCR検査所向けテント
軽量で施工しやすく短時間で設置可能


PCR検査の迅速な態勢強化が求められる中、テント一筋の「もちひこ」がドライブスルー型PCR検査所に適したテントの供給をスタートいたします。
ドライブスルー型PCR検査所は、検査に要する時間を短縮し、被検者同士の接触も避けることができるため、検査に携わる医療従事者の感染リスクを低減します。
フレキシブルに対応できる「もちひこ」のテントなら急務の設置計画にも最適です。
 

ドライブスルー型PCR検査所(医療機関向けテント活用)ドライブスルー型PCR検査所(医療機関向けテント活用)

<仕 様>
カラー:白
テントサイズ:10.0m × 10.0m
間口×奥行×軒高:10.0m × 10.0m×3.2
全高(m):5.26
㎡/坪/畳数:100㎡ / 30坪 / 60畳
柱本数:4本

■お問い合わせはこちら
http://iam-co.net/contact/
もちひこの通販部門会社インダストリーアンドマネジメントのHPにリンクします。
 


タイプ2:災害時対策仕様多目的テント
ワンタッチで素早く設置できます


補強バーやメッシュ窓/出入り口4方横幕・グランドシートなどを標準装備した災害対策用のワンタッチテントです。テントの特長であるフレームの一体化や設営・撤去のしやすさを活かしながら補強バーなどで強度・安定性を増した大型テントです。窓の位置・サイズはカスタマイズ可能です。

<仕 様>
モデルサイズ:
3.6m×5.4m(2間×3間)
材質:
フレーム
⇒ スチール+アルミ複合フレーム
天 幕
⇒ ターポリンⅡ類 0.35㎜厚
グランドシート
⇒ ターポリンⅡ類 0.35㎜厚

■お問い合わせはこちら
http://iam-co.net/contact/
もちひこの通販部門会社インダストリーアンドマネジメントのHPにリンクします。

タイプ3:救護テント
サイドウォールを設置すれば救護テントに早変わり


<仕 様>
サイズ:
① 3.0m×6.0m(横幕3m×2枚+6m×2枚付き)
② 3.6m×5.4m(横幕3.6m×2枚+5.4m×2枚付き)
材質:
フレーム
⇒ KA/8W :スチール+アルミ複合フレーム
天 幕フレーム
⇒ポリエステル500D

■お問い合わせはこちら
http://iam-co.net/contact/
もちひこの通販部門会社インダストリーアンドマネジメントのHPにリンクします。


テントのことなら「もちひこ」
株式会社もちひこは、ドライブスルー型PCR検査所向けのテントのほか、フェイスシールドなど、膜材を使用した自社製品の提供を通じて、新型コロナウイルス対策に貢献できればと願っております。中古テントやレンタルテントの用意もございます。要望に合せて柔軟に対応いたしますので、自治体、企業様のお問い合わせをお待ちしております。

【会社概要】
会社名:株式会社 もちひこ
代表者:代表取締役社長 望月伸保
本社所在地:静岡県静岡市清水区由比町屋原340
設立日:1987年10月
業務内容:膜構造建築物等の設計・施工、スポーツ用テントハウスの設計・施工、災害支援テント製造販売
URL:http://www.mochihiko.co.jp/
通販部門会社
インダストリーアンドマネジメント株式会社
http://iam-co.net/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社もちひこ >
  3. テントハウスの「もちひこ」がドライブスルー型PCR検査所向けテント及び防災救護テントの供給をスタート