【新サービス】店舗で使用されていた家具や備品を、誰でも直接購入できる新たなプラットフォームづくりの為クラウドファンディングを開始

閉店する店舗の家具を繋ぐ店舗向けガレージセールサイト

店舗の企画・設計・施工を行う株式会社モデレージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:橋本 洋二)は、閉店店舗で使用されていた家具・備品・建材等あらゆるモノを購入できるようにするBtoCマッチングプラットフォーム「Re.Store(リストア)」のサイト製作に向けクラウドファンディングをCAMPFIREにて開始する。

■実施背景

店舗ビジネスでは事業がうまくいかない時、閉店や改装の度に解体工事で多くの家具や建材が捨てられています。
まだ全然使えるけど、倉庫に保管するにしても維持費も輸送費もかかるので、僕自身もやむ無く捨てていました…
今新型コロナウィルスの影響で、閉店に伴う多くの解体依頼が僕の元にも届いています。
少しでも多くの家具や建材を欲しい人に譲れることが出来ればみんな助かるのに…
そんな世の中のムダを少しでも解消するために、店舗向けガレージセールサイト「ReStore」を始めます。
それが広まることで地球環境、ビジネス環境、デザイン環境においてもより良い未来に向かうと思います。
 



■本プロジェクトの社会への影響

1.閉店時の原状回復費用の負担軽減
新型コロナウィルスや不況の影響で止む無く閉店するお店が続出しています。そんなオーナーさん達の閉店の際
に重くのしかかってくるのがお店の原状回復工事の問題です。内部留保がなくなり続ける毎日の中で、解体工事
をして家具も処分してスケルトン状態に戻してビルオーナーに返却するのです。
使用していた家具や建材など全ての物を販売できるようにすることで、テナント返却時の原状回復費用の負担軽
減ができ、多くのオーナーさんを少しでも救うことができます。

2.新規出店者の初期投資の軽減
閉店するお店から家具や備品を引き継ぐことで、新規出店時の初期投資費用の軽減になります。
新型コロナウィルスの影響で店舗ビジネスは以前70%以下まで売上が落ち込んでいます。その中でもお店を持つ
ことを長年夢描いてきた方たちが多数いらっしゃいます。そんな方達がこのサービスを利用して家具や備品を揃 えることで、なるべく初期投資を抑えた上で自分好みのお店が持てるようになります。

3.サーキュラーエコノミー (循環型経済)への第一歩
店舗ビジネスの「施工〜開店〜営業〜改装〜閉店〜解体」というビジネスサイクルの中では数多くの家具や建材
がただ焼却処分され、二酸化炭素(CO2)となり大気中に排出されることで地球温暖化の増長及び枯渇化の原因を
生んでしまっています。
家具や備品を捨てずに必要な人へ繋ぐことで、地球環境の改善へも繋がる一歩になると思っています。


■プロジェクトページ
https://camp-fire.jp/projects/view/280146?list=search_result_projects_populer

リターンは2000〜10000円でオリジナルアイテムをご用意しています。


■MODERAGE INC.について

飲食店出身者からなる店舗の企画・設計・施工を一貫して行うインテリアデザイン会社。
独自のマーケットリサーチに基づく、戦略的ストアインテリアデザインの基、年間30〜40軒ほどの店舗をプロデュースしています。また自らも飲食店運営を行うことで、現場の意見を設計にフィードバックし店づくりに反映させています。

【会社概要】
社名:株式会社モデレージ
代表者:代表取締役 橋本 洋二
住所:東京都渋谷区渋谷2-4-6 野村ビル202
問合せ先:03-6427-3997 / info@moderage.co.jp
設   立:2011年5月
事業内容:店舗の企画及び設計施工 / 飲食店の運営 / 飲食店の出店推進サポート
URL:https://moderage.jimdo.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社モデレージ >
  3. 【新サービス】店舗で使用されていた家具や備品を、誰でも直接購入できる新たなプラットフォームづくりの為クラウドファンディングを開始